旦那がまだ日本にいた頃。彼が一番恋しく思っていたフランスの食べ物、それはフランスパンだ。

彼;「あぁ~、フランスのバケットが食べたいなぁ。」

私;「フランスパンなら日本にもあるわけだし、それ食べれば?」

彼;「あれはバケットじゃないよ、クオリティーが違う。」

日本で“フランスパン”と呼ばれている長いパンは、フランスでは“バケット”と呼ばれている。

実際にフランスに来て食べてみた。

何これ!激ウマじゃん!!

外はカリカリ、中はふわふわ、ちょうどいい塩加減と小麦のほのかないい香り・・・

日本のパン屋に売ってある、フランスパンとは全然違う!

フランス人はこれを毎日毎食食べてるらしい。一本90サンチーム(110円位)。

特別なものではなくて、子供のころから毎日食べてきたものって、やっぱり無性に食べたくなるんだよね。

今の私の場合、それは日本米。白くてふっくらしてて温かい白ご飯が食べたい!ものすごく食べたい。

何かを得たら何かを失うってこのことか?等価交換ってやつ?

ということは、日本に帰ったらフランスのパンが恋しくなるってことかなぁ?たぶん・・・

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし