『ゼロから始める書き込み式フランス語BOOK (大型本)』

著者名; 中田俊介/川口裕司

価格; 1,050円

出版社名; 成美堂出版

発行年月日; 2009年1月

ページ数/版型;  111ページ/26cm

おすすめ度; ★★☆☆☆

この本を一言で言うと・・・とっかかりやすさナンバーワン

 

まさに「ゼロから」フランス語を始める人のための本である。内容はフランス語の基本というより、うわべを紹介している程度なので趣味でフランス語を勉強している人やフランス語に苦手意識のある人向けである。イラストがあり字も大きいため、読みやすく難しそうな印象を与えないようにできている。今からフランス語をやってみようという人にぴったりである。価格も安い。この本の一番いいところは、そういったとっかかりやすさである。ただ入門編なので、文法の説明は不十分。この本を1冊全て丸暗記できたところで、実際にフランスに行って使えるか?となると、別問題である。

(私とこの本との出会い)

私は大学時代の第二外国語はフランス語を選択した。大学でのフランス語の勉強はただ単位を取るために勉強していたので、授業では全く講師の話を聞かず、友達としゃべりまくり試験前にちょっと勉強する程度だった(その頃は自分が将来フランス語を真剣に勉強するなんて考えてもいなかった)。だからフランス行くことが決まり、いざフランス語を勉強しようと思ったときのフランス語に対するイメージは、「よくわからんが、なんとなく難しそう」であった。学生時代のフランス語に対するイメージを変えよう、苦手意識をなくそう、と思い本屋で一番簡単そうな本を選んだ。

(今、思うこと)

この本で収穫したことはそんなにないような気がする。現に、買った後すぐに古本屋に売ってしまった。というか、そもそも大学時代もっと真面目にフランス語を勉強していればよかったと思う。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし