食わず嫌い・えり好みする人を英語では“picky(ピキー)”、フランス語では“difficile(デフィシィール)”と言う。日本にいた頃、メキシコ生まれアメリカ育ちの女友達がよく言ってた。「アメリカ人はpickyだから嫌よね」と。本当にアメリカ人にpickyが多いのかどうかは知らないが、確かに長崎に行ったのにちゃんぽん食べない、広島行ってお好み焼きを食べないっていうのはちょっともったいないと思う。食べる前に「おいしくない」と決めてしまうのでは、おいしいものが食べれずに人生損する。

そう思い、去年のクリスマスに生まれて初めてエスカルゴを食べてみた。カタツムリ、でんでん虫だってことは忘れて。

う、うまいっ!!

こんなにおいしいのに、何で日本人はカタツムリ食べないの?

やっぱりカタツムリだからと毛嫌いしないで良かった!おいしいじゃん。

そんなエスカルゴを旦那の祖父母に120個ほどもらった!エスカルゴはフランスでもそこそこの値段するし、エスカルゴ大好きだから超うれしい!

さっそく彼とおうちでエスカルゴん♪エスカルゴちゃん♪♪ものすごい勢いで食べに食べた。1人につき60個。

そもそもエスカルゴは前菜として頂くもの。60個はさすがにキツイ。

翌日、朝起きて・・・

彼&私「腹いてぇーーーー!」

この腹痛と胃のむかつき、下痢、消化不良、吐き気が1週間ほど続いた。何も食べれない、吐きそう・・・。もう、最悪。

彼の話ではエスカルゴを食べ過ぎるとこうなってしまうらしい。くそぉ~。

みなさんも、エスカルゴの食べすぎには注意しましょう。1週間、大変なことになりますよ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. こんにちは!!
    私も昔家族でとある田舎のホテルに泊まった際、毎晩エスカルゴを食べ過ぎて、ついには食べつくした事があります。おなかこそ壊しませんでしたが、、、。大人になった今では自力では稀にしか口にできず残念です。

  2. エスカルゴ!おいしいよね!
    僕が初めてエスカルゴを食べたのはイタリア料理店。
    エスカルゴはフランス料理と思っていたから、ちょっと意外だったな。
    バターとガーリック、ハーブで味付けしてあって、残ったソースをパンにつけて食べると、口の中が幸せでいっぱいになりました!
    お腹を壊すのは知らなかったから、これから注意して食べたいと思います!

  3. 大きく入っているカタツムリの画像が、私にはかなりショッキングでした。フランス料理のエスカルゴは、本来はescargot de Bourgogne(学名はHelix pomatia)を使います:

    使われた画像は、トルコが輸出しているHelix lucorumではないでしょうか? エスカルゴが好きな私には美味しそうには見えません。というか、気持ち悪い…。これをエスカルゴだと言って出されたら食べません!

    Helix pomatiaは捕まえて売ることが禁止されているので、とったものを自分で食べるか(産卵が終わった後に捕獲が解禁される)、東欧から輸入したものしかフランスで食べることはできません。いただいた120個は、捕まえて下ごしらえした本物ではないですよね?

    オーソドックスにパセリ・バターで調理したとしたら、食あたりになったのは調理法のせいではないでしょうか? あの調理法は胃にもたれますから、一人1ダース程度しか食べられないと思います。あくまでも前菜ですから。あるいは、エスカルゴがおかしかった?

    田舎のカフェ・レストランで、ご主人が捕まえたブルゴーニュのエスカルゴ品種のカタツムリを奥さんが生クリームとアニス酒で調理したものが出たことがありました。この調理法だと消化がよくていくらでも食べられるので、小食の私も30個くらい食べ、普通の食欲のフランス人たちはその倍はを食べていましたが、誰も翌日に体調がおかしくなるということはなかったです。