話し合うカップル

日本語の勉強を4年間&日本への留学経験があるフランス人の旦那と、現在フランスに住みフランス語の勉強をする私

。そんな私たち夫婦は日ごろから日本&フランスについてあれこれ議論しあうのだが、「これはしゃべっちゃまずい!」というトピックがある。これを語りだしたら止まらない!日仏カップル特有の危険度大な3つの議論をフランス人側の意見と日本人側の意見としてまとめてみました。

危険度ナンバー1 「よりアメリカナイズされているのは日本かフランスか?」という議論

フランス人の意見: 戦後の日本は、アメリカの言いなりになっている。何よりそのことに日本人自身が気がついていない。日本人は日本語があるにも関わらず日常的に英語&カタカナ語を使うし、こういった国は他にはないんじゃないか。日本語の洋画&洋楽といえばアメリカのものだらけ。彼が日本人に会って最初に聞かれることは「アメリカ人ですか?」である。外国=アメリカと連想する日本はやっぱりアメリカナイズされている!

私の意見: 日本がアメリカナイズされているという点は認める。ただフランスだってテレビで放送されているドラマのほとんどがフランスのものではなくアメリカのドラマだし、フランス人だって英語を混ぜている(まぁ、似ているから)。

それに日本がアメリカを追いかける理由の1つは、日本の経済レベルの上にある国がアメリカしかないからだと思う。ただ単にかっこいい&おしゃれだから、という理由ではない。国が経済成長しようとする限り、自分たちの上にいるアメリカを手本にしようとするのは当然のことじゃないか。

危険度ナンバー2 「日本人、中国人、韓国人・・・一番綺麗な人が多い国はどこか?」という議論

フランス人の意見: どこが一番綺麗か何て決められない。美をDNAで判断すること事態おかしい。日本が一番豊かな国だから、国民全体がおしゃれにお金をかけることができるので日本人が一番おしゃれだということは認める。だが、おしゃれ=綺麗という方程式は成り立たない。彼の友人の中国人は「中国人が一番綺麗」だというし、結局自分の国が一番綺麗だと思いたいだけじゃないか。

私の意見: 日本人が綺麗なはず!アジアの中で戦争から一番早く抜け出した日本は、それだけ美容&ファッション産業が成長・発展してきたはず。おしゃれ=綺麗という方程式は成り立つ。美容&ファッションに興味があり、おしゃれにお金をかける人っていうのは「他人から見る自分」というのを常に気にかけている人だ。自分の身なりにまったく関心のない人に比べたら、少々不細工でもそれなりにかわいく見れる。

危険度ナンバー3: 「日本語とフランス語、難しいのはどっち?」という議論

フランス人の意見: 日本語はまず読み&書きが難しい。小さい頃から漢字を勉強してきているわけではないので、漢字を見ても「絵」のような気がして覚えられない。日本語で周りの人とコミュニケーションがとれても、日本で日本語で書かれてあるものが読めないのでものすごく不便。それに、なかなか日本語のニュアンスをつかむのは難しい。日本人が話しているのを聞いてても「で、結局何が言いたいの?」と思ってしまう。日本人とのコミュニケーションは「言わんとすることを掴む」ことが要求され、曖昧な言葉の多い日本語は外国人にとっては難しい。

私の意見: 発音が超簡単な日本語に比べ、フランス語の発音はなかなか難しい。のどの奥でうがいをするような音のR(エール)とか、「é」と「è」と「ê」は日本人の私にしたらどれも「エ」という音であり、違いをなかなか聞き取れない。聞き取れないから発音できない。それにフランス語は時制が難しい。日本語は基本的に「現在形」「過去形」「未来形」の3つしかないが、フランス語は「一過性のアクションをあらわす複合過去形」、「過去の描写を表す半過去形」、「現在形」、「単純未来形」、「未来完了を表す未来完了形」など時制の種類が多い。これを普段話す時に使い分けるとなると、頭が混乱してしまう。

お互い「これだけはゆずれない!」とばかりに繰り広げる議論。結局はいつも私の方が先に疲れてしまって、「まぁどっちでもよくねーか?」となり議論終了!やっぱり、議論好きなフランス人には敵わない。いずれにせよフランス人と会話する限り、自分の考えをしっかり持っておくことは大切だと思う。フランス人が言うことをただただ「あぁーそうね!」と聞くのでは面白くないし、会話が盛り上がらない。

写真:uditha wickramanayaka

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

8 コメント

  1. いやー、楽しそう!
    私はそうやってとことん話すの好きだから、いいなーって思うわ。

    ところでリリーとM.Sushiの議論は
    何に重きを置くかが(その人その人で)違う場合「どっちもアリ」にはならないわけ?

    • 「どっちでもアリ」にはならないねー。あくまで、私と旦那の意見だから他の人がどー考えようが関係ないっていうか・・・。

  2. 外見の良し悪しは分かりませんが
    日本、中国、韓国 化粧や服のセンスが上手なのはダントツで日本。別に豊かだから金をかけることができるという理由ではなく何でも極めようとする民族性です。
    ってか現在、中国韓国はすでに経済大国なのでスタート地点は変わらないはず。にもかかわらず、韓国、中国は日本の真似ばっか。オリジナリティをだそうという試みはあるみたいだけどはっきり言ってダサい。
    あと中国、韓国の人間性の美点も他国から評判を聞いたことがない。批評はあるが・・・。

  3. はじめまして。仏人と付き合って数年になります。言語学やってましたけど、どの言語が簡単とか難しいってないですよ。母語と似てるかどうか程度でしょう。まず日仏では体系・語族が違いすぎるので比較する意味すらないです。
    あと日本人がおしゃれ=綺麗はおかしくないですか。着飾りすぎてたりいい年した少女趣味な人が多すぎますし、化粧も濃すぎる人も多いです。アジアのファッションってそれこそアジアでだけ完結してしまってますし、国際的に評価されないですよね。中国韓国をバカにする人もいますが、日本も似たりよったりでどんぐりの背比べです。そもそも住んだことがあって、あらゆる地域を見てきたわけでもないのによく物知り顔で話しますよね。
    アジアのどこも顔等それぞれ少しずつ違うのでどこが綺麗とかではなく好みの問題ですよ。日本人って目が大きくて二重で顔小さくてが理想とかありますけど、あれも国内で通じる基準ですしね。日本人が美人だとか一番綺麗だとか自分で言うのは傲慢。こういうのは他人が判断することです。
    個人的には顔の作り自体や身体の線が綺麗な人は中国や韓国の方が多いように思います。(日本は胴長短足・童顔デカ目からどうも抜けませんね)いじればそこそこになるだなんて、そんなのどこの国の女性も一緒。ビフォーアフターみたいなことやれば誰でも見違えますよ。ただ努力してても笑っちゃうような人だって街中によくいるでしょう。日本人は一歩国外に出れば童顔なだけだと思われるであろう人も多いですよ。海外の街中で日本人とすぐ分かるのって、色々悪目立ちしていてみっともないですよね。汚く染めた茶髪、濃すぎるファンデにアイメークやチーク、ミニスカ・ショートパンツ、ふわふわした服やブランドバッグに安物の靴。一目瞭然です。

    >かおりさん
    横ですが何でも極める民族性なら、日本人女性は好きこのんで専業主婦になったりと楽な人生歩もうとする向きがまだまだありますが、何を極めてるんでしょうか…。怠惰な人だってごまんといるでしょうに、日本人万歳は見苦しいです。日本人も陰ではボロクソに言われてるのご存知なんですか?旅行に来た外国人が日本人優しかったとか言うのは当然でしょう。まともな脳みそがあり日本に暮らしてる外国人は批評すごいですよ。日本のイメージが良いだなんて思わないことです。

    正直国際的に日本は大して注目もされてもいませんし、先進国だと思い込んだ中途半端な国という認識が知識人の間では普通ですよ。哀しいことですが。

  4. なぜそこまでして日本人の良いところを否定したがる?
    極めたがる民族性=全ての日本人がそう だとは一言も言ってないじゃん
    ステレオタイプなだけでしょ
    日本人万歳とか、誰もそんな意味のこと言ってないし

    >日本人がおしゃれ=綺麗はおかしくないですか
    >顔の作り自体や身体の線が綺麗な人は中国や韓国の方が多い
    要はこの2つが言いたいだけ?

    批評されてる=イメージが良いだなんて思わないことです?
    逆に批評や批判を全くされていない国なんてあるのかと問いたい

  5. 街中でアジア人の女性を見かけますよね。
    電車内やカフェで自然に目が合ってにっこりしてくれるのが中国人と韓国人。
    強烈にこちらを意識しているみたいなのに、ツーンとした表情で絶対目をあわそうとしないように頑張っているのは日本人女性。故郷の国を悪く言いたくないけど、これだけは100%はずれなし、です。日本人の自意識過剰、疲れます。
    ファッションも妙にひらひらしていて奇妙なので一発で他のアジア人と区別がつきます。
    あと、流行なのですか、ポカーンとした独特の「あどけない」表情、いつもグループ行動、立った時の姿勢の悪さ、内股で足を引きづったベタベタ歩き(後ろになった足の膝の裏が伸びきらない)も日本人女性を見分ける簡単な方法です。後姿が醜いです。同国人としてとても残念。そろそろ井の中の蛙はやめましょう。他人と比べるのではなく、表だけ塗りたくるのではない、女性ならではの柔らかさ、あたたかさ、凛とした美しさを身につけていきたいものです。私も含めて。

    • satoeさんの話を聞いておどろいたのですが、みなさま小学校で頭に本を乗せて線の上を歩かされる、フレンチレストランや懐石での楽しみかたなど、マナーの授業は無かったのですか?