「フランス語の勉強は何から始めればいいですか?」この質問をよく受けるので、ここでまとめておこうと思う。まずフランス語の場合は英語に比べ、中学&高校で全く勉強していない点が大きく異なる。英語を勉強するには、中学・高校である程度の基礎ができあがっているが、フランス語の場合はまさに「ゼロから」スタートさせなければならない。それに加えて日本にある英語教材に比べ、フランス語教材は少ない。そんなフランス語は何から始めればいいのか?

 

1.目標を立てる

まず、目標をどこに設定するべきか?それは教材に頼らなくて良いレベルである。これは英語にも言えることだが、ある程度の英語力がつくとわざわざ英語教材を買わなくても勉強できるようになる。具体的に言えば、洋楽を聴いて訳したり、Youtubeでニュースやコントを見てみたり、ドラマや映画を英語音声で観たり…。英語の基礎が出来上がり、リスニング力がついていればお金をかけずに勉強する方法が広がる。しかしこの勉強法は、あるレベルに達しないと勉強にならない。言ってることがさっぱりわからない状態では何も習得できないで時間だけが過ぎるようになるのだ。だから、世の中にあふれているフランス語音声のもの全てを勉強材料にできるまでを目標にするのだ。これならお金もかからないし、何より生きたフランス語を習得できる。さらに言えば、日本で販売されているフランス語のテキストにはレベルの偏りがある。ほとんどのテキストが「初級者」のためのもので、中級以上のフランス語教材(仏検対策問題集を除く)はなかなか見つからない。そんな日本のフランス語教材市場を逆手にとって勉強計画を立てる。

 

2.教材をそろえる

そろえる教材は全部で3種類。

(1)中学生の英語のリーダーのような教科書
(2)文法を鍛える問題集
(3)仏検3級問題集

まず、(1)のテキストだが、これは本屋で一番見つけやすい(売ってある)ものである。このテキストの狙いはフランス語を「理解すること」。何も知らない中学生が英語を勉強し始める時に使うテキストに似たものを選ぶ。何の脈絡もなくフランス語の1文をただ並べただけのテキストに比べ、パッセージで覚えた方が脳の定着が良い。文法説明や解説も自分にとって一番わかりやすいものを選んでほしい。そしてこのテキストを一通り全部終わらせたら、今度は最初から音声をディクテーションし、リスニング力を鍛える。ちなみに私がやったテキストは、「ニューエキスプレス」(フランス語教材レビュー~その3)や、「月刊ふらんす」(フランス語教材レビュー~その2)である。

そして(2)は、できるだけ問題数の多いものを選んでほしい。(1)の本で、フランス語文法の基礎を理解した上で、(2)の本を使って文法を徹底的に脳にインプットさせるのだ。最初にざっと全ての問題を解いてフランス語文法の全体像を掴む。そしてその後、何度も何度も解いてみる(最低でも3回)。このテキストの狙いはフランス語の文法を頭の中にすり込むこと。文法を理屈で覚えるのではなく、丸暗記するイメージ。ちなみに私は「3段階チェック式 フランス語トレーニング・コース」(フランス語教材レビュー~その4)をした。

フランス語がある程度わかってきたなぁと思ったら、(3)を買ってレベルチェック。たった一人の勉強で仏検3級合格のレベルに達したら大した者だ。

 

3.ネイティブフレンチスピーカーと仲良くなる

仏検3級のレベルに達したら、今度はそれまで勉強したことをアウトプットすることが大切である。理解から創出へ。この時どうしても必要になるのがネイティブスピーカーである。自分が書くこと、言うことを正しいかどうかジャッジしてくれる人が必要になるのだ。これには2つの方法がある。1つはフランス語の先生に教えてもらうこと。もう1つはフランス人の友達をつくることである。

まずは、フランス語の先生を探す方法だがこれは山ほどある。ちなみに私の旦那が日本にいた時は、このサイト→www.nativesensei.comで生徒を探していたが、ここではフランス語のレッスンを受ける際に大切なことを伝える。それは先生を利用して利用して、利用しまくることだ。利用するというと、聞こえが悪いかも知れないが、要はあなたのフランス語をできるだけ多くジャッジしてもらうことが重要になる。だから先生のレッスンの合間を利用してフランス語日記を添削してもらったり、フランス語の歌を和訳したものを先生に見てもらったりといった、プラスアルファの行動が重要になる。実は私は、某大手英会話学校の元社員なのだが、そこに通っていた生徒さんのなかで抜群に英語力が伸びるタイプは、こうやって先生を最大限に利用するタイプなのである。良い先生ならレッスン以外でもきっと快く教えてくれるはずだ。

そして、フランス人の友達をつくる方法だが、これは「ネイティブスピーカーと手っとり早く友達になる5つの方法」を参考にしてほしい。フランス人と出会ったら、あなたはもうこの時点で他の日本人よりも特別な存在になっているはずだ。あなたがすでに仏検3級レベルのフランス語力があるという時点で、他の日本人よりもアドバンテージがあるのだ。というのも、大半の日本人はフランス語が全くわからない。だから日本にいるフランス人というのは、英語で話すことを余儀なくされるのだ(事実、在日仏人の大半は英語がうまい)。つまり、日本にいるフランス人はフランス語が話せる人とめったに出会わないのだ。そうなると、フランス語がカタコトでも話せる(話そうと努力する)仏検3級レベルで日本人のあなたは、きっと在日フランス人にとって心強い味方となる。彼らも日本での生活で、日本人に聞きたいことや相談したいことが山ほどある。それをフランス語で説明できる日本人というのは、フランス人にとっても友達になりたい特別な存在なのだ。

学生のうちにフランス人と国際結婚した私が、できるだけお金をかけずに効率よくフランス語を身に着けるためにはどうしたらいいか?を考えに考えあれこれ実践した結果、この「フランス語勉強法」にたどり着いた。もちろん、語学の勉強法はたくさんあるし、どれが正しくて間違っているというものでもない。ただ、もしあなたが今、「フランス語勉強したいけど何から始めればいいかわからない!」というのなら、このサイトに行き着いたのも何かの縁。まずはこの方法から始めてみてはどうか?

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. とても参考になりました!!まだまだ解からないことが多い状態でAsseuxというフランス語を学べるサイトに行きましたが、トライするのが早すぎました・・・きちんと基礎と単語を勉強してからではないと、と反省しました。

    リリーさんのブログで、注意すべき点等、重要なことが学べるので勉強になります。油断大敵でフランス語を勉強していきます!

    • 参考になったなら嬉しいです。

      私もAsseuxはやってみました。でもあれって、音声はゆっくりで聞き取りやすいけど、ニュースで出てくる単語って結構難しい。
      できることからコツコツと頑張りましょう!
      “コツコツ努力は必ず実る!”
      これ、どこかの予備校のスローガンなんですけど、本当にその通りだと思います。
      やるっきゃない!です。

  2. […] フランス語の勉強は何から始めればいいのか?「フランス語の勉強は何から始めればいいですか?」この質問をよく受けるので、ここでまとめておこうと思う。まずフランス語の場合は英語に比べ、中学&高校で全く勉強していない点が大きく異なる。英語を勉強するには、中学高校である程度の基礎ができあがって…はてなブックマークより […]