アーティスト名: Dolly Patron (ドリー・パートン)

曲名: Jolene (ジョリーヌ)

リリース年: 1974年

[audio:http://www.madameriri.com/wp-content/uploads/2010/05/Dolly-Parton-Jolene11.mp3|titles=Dolly Parton – Jolene(1)]

(ABOUT アーティスト)

豊満なバストとお化けのような?顔のドリーは、アメリカを代表する歌手、カントリーミュージックの第一人者である。現在64歳の彼女は、何度も豊胸手術と若返り整形を繰り返した。おもしろいのはそれをまるっきり認め、ジョークにしているところである。「これ以上フェイスリフトしたら、あごひげができちゃうわ!」、「もし私がだらしなくたるんでるものを見たら、つまんで、しまい込んで、吸い上げるわ!この私がどうして、そこらへんの庭にいる老いぼれた犬みたいにならなきゃいけないわけ?そうならなくてもいい方法があるのに。」・・・これらは彼女が言ったジョークである。ここまで声を大にして「整形して何が悪い?」と言い張る彼女には、何となく応援したくなってしまう。

何はともあれ、グラミー賞には42回ノミネートされた彼女の音楽はやっぱりイイ!

Jolene/日本語訳マダム・リリー

 

Jolene, Jolene, Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ
I’m begging of you please don’t take my manお願いだから私の男をとらないで
Jolene, Jolene, Jolene, Jolene

 

ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ

 

Please don’t take him just because you canお願いだから彼をとらないで 彼を落とせるからってだけで
Your beauty is beyond compareあんたの美しさは比較にならないわ
With flaming locks of auburn hair燃えるようなそのブロンドと
With ivory skin and eyes of emerald green

 

アイボリーの肌とエメラルドグリーンの瞳とでは

 

Your smile is like a breath of springあんたの微笑みは春のひと呼吸みたい
Your voice is soft like summer rainあんたの声は夏の雨みたいに柔らかく
And I cannot compete with you, Jolene

 

私はあんたとは比べものにならないよ、ジョリーヌ

 

He talks about you in his sleep彼は眠っているときにあんたのことを話してた
There’s nothing I can do to keep私にできることは何もないわ
From crying when he calls your name, Jolene

 

あんたの名前を彼が呼んだときに、ただ泣くだけなのよ、ジョリーヌ

 

And I can easily understandわたしには簡単に理解できた
How you could easily take my manあんたがどれだけ易々と私の男を奪えたか
But you don’t know what he means to me, Jolene

 

でもあんたは知らないようね、私にとって彼が何なのか、ジョリーヌ

 

Jolene, Jolene, Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ
I’m begging of you please don’t take my manお願いだから私の男をとらないで
Jolene, Jolene, Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ
Please don’t take him just because you can

 

お願いだから彼をとらないで 彼を落とせるからってだけで

 

You could have your choice of menあんたならどんな男も選べたでしょ
But I could never love againでもわたしは、もう一生愛することはできないわ
He’s the only one for me, Jolene

 

私には彼だけなのよ、ジョリーヌ

 

I had to have this talk with youあんたとこれを話さなきゃいけなかった
My happiness depends on you私の幸せはあんたしだいなのよ
And whatever you decide to do, Jolene

 

あんたが決めること次第なのよ、ジョリーヌ

 

Jolene, Jolene, Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ
I’m begging of you please don’t take my manお願いだから私の男をとらないで
Jolene, Jolene, Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ、ジョリーヌ
Please don’t take him even though you canお願いだから彼をとらないで あんたができるとしても
Jolene, Joleneジョリーヌ、ジョリーヌ

 

↓これが当時のドリー・パートマン。若い!そして、顔違う!

 

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. ドリー・パートンを知っているいうことは、・・・。アラフォー以上の世代の方でしょうか?私は、イギリスの女の子二人組みがジョリーンを歌っていたので、もしかしたら、同じ曲かなとおもって聞かせていただきました。オリジナルは、ドリー・パートンさんだったのですね。彼女は、映画マグノリアの花たちに出ていたので、知っています。すごい胸でしたが、豊胸していたとは知りませんでした。

    • いや、私23歳です(笑)。
      どの年代の歌でも、いいものはイイ。
      今聴いてもいいなぁ~と思える歌ってのは、それだけ長く残れる要素があるはず…。
      逆に今流行っている歌の中でいいものを探す方が難しいです。

      ホントにダイナマイトバストですよね。あそこまで大きくしなくても…と、個人的には思うのですが。

  2. いいもん見せてもらいました。司会はジョニー・キャッシュですかね?
    ドリー・パートンというと自分にとっては「モーニング・トレイン」でシーナ・イーストンにとってかわられた人というイメージでした。ちがってたかな?

    あと、ジョリーンというと自分にとってはオリビア・ニュートンジョンですね。ドリー・パートンがオリジナルだったんですね。そういえばオリビアもデビューはカントリーでしたね。オーストラリア人なのに・・。