どうも~、みなさん。おひさしぶりです。

グルノーブルからペルヌ=レ=フォンテーヌへの引越しもようやくひと段落し、やっとネットが繋がってハッピーなマダム・リリーです。

ここペルヌ=レ=フォンテーヌで、彼の両親と同居しながら、彼の両親の経営するキャンプ場のお手伝いを毎日してます(フランス流ヴァカンスの過ごし方参照)。と言っても、私はもっぱら掃除ばかりしていますが。そんなこんなで、あっという間に1週間が経ちました。

毎日たくさんのお客さんが来て、満員御礼、商売繁盛繁盛!これは本当にありがたいことなのですが、経営者の彼の父親は毎日頭を悩ませています。悩みの種は、従業員教育。これがなかなか思うようにいかないらしい。

もともと雇用条件改善のストライキが多いフランス。日本と違って、フランスでは雇用者に従って黙って働くというような風潮はあまりないようです。

ここのキャンプ場にはレストランがあって、キッチン1名、ピザ担当1名、ウェイトレス1名の合計3名の従業員を雇っています。ピザ作りの男の人とウェイトレスはカップル。カップルを雇ってしまったことが問題の始まりでした。

キッチン担当がカップル2人の従業員のために、まかないサラダを作ったある日の出来事。

このサラダに対して、カップル2人が文句をつける。「お前のサラダはまずい」「こんなの喰えねぇよ」「犬のえさみたい」

当然、こんなこと言われたキッチン担当も黙っていられません。怒りのあまり、彼はウェイトレスの女の人を突き飛ばしました。

これが発端となり、サービス中にも関わらず、殴り合いの喧嘩になりそうな剣幕での口論がスタート。彼の父親が間に入って喧嘩を止めたけれど、その後もレストランに嫌な雰囲気が流れる。

要するに、カップルVSキッチンといった様相を見せているのです。従業員同士のコミュニケーションがうまくとれていないことを原因としたトラブルが毎日のように発生。経営者としては本当に頭が痛いわけです。

そもそも、忙しいなかサラダを作ってくれたキッチン担当に対してあんなことを言うのはおかしいし、仮にまかないに文句をつけられても突き飛ばすこたぁないだろう…と、私は思うのですが。どっちもどっちだなぁ。

こういったトラブルが日に日に大きくなり、カップル2人は経営者に申し出ました。「あのキッチン担当をクビにしないなら、辞める」と。

このカップルは以前、従業員が今いなくなったら困るという経営者側の事情をわかった上で、「給料を上げてくれ」と申し出たり、お客さんが少ない暇な時に掃除をするように命じたら、「これは私たちの仕事ではないのでやらない」と言ったり、コンプレインの多い困った人たちである。

対するキッチン担当も、時折手が震えるようなアル中で、シーズンオフまで持ちこたえられるのか疑ってしまうほど。

3人とも仕事自体はみんなできるのに。キッチン担当も経験豊富で、ウェイトレスもテキパキ笑顔でミスなく働き、ピザ担当も手際よくピザを作る。みんなよくできるのに、もったいないなぁと私は思う。

そんななか、とうとう彼の父親は、従業員3人ともクビにすると決断。話をしに行くと、「契約書があるからクビにできない」「週に35時間以上は残業代がついても働かない」「契約にある週1休暇を週2休暇にしてくれ」と言われて、またもや頭を悩ます羽目に・・・。

大変だなぁ~、お父さん。こういった季節労働者は身軽な分、会社の事情お構いなしに雇用主に対して好きなことを並べるようだ。これからどうなるんだろうか?とにかく、フランスで誰かの上に立つってのは大変なんだなぁと思った。そう考えると、フランスのトップに立つ大統領はすごい!個人的にはサルコジ反対派だが、政府が何か新しいことをするたびに街頭ストのある「黙っちゃいない」国民の上に立つってのは、そりゃ相当の仕事だな、こりゃ。

フランスで人を雇うのは大変だなぁ・・・その2に続く・・・

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. 本当にフランスの経営者の方は大変そうですね。
    日本でそのような喧嘩や主張をしたらば、簡単にクビにされそう・・・

    経営者>雇用者の日本の関係とは大違いだ。

    キャンプ場でのお仕事楽しそう!!
    色んな方が来るから、いっぱい気を遣うでしょうが・・・
    沢山の方と接することの出来る機会って
    そうないと思いますから楽しくお仕事して下さいね。
    応援しています!!

    • 確かにこっちの被雇用者たちは元気がいいですね。
      日本の方が労働者の権利が弱いような気がします。

      キャンプ場では、仕事というよりも私の場合「お手伝い」ですよ。
      私はお客さんより、義母に気をつかってしまって・・・。でも、フランス語力を伸ばすには最適の環境です!
      お互い、フランス語頑張りましょうね♪

  2. リリーからフランス人はすぐスト起こすって聞いてから
    「雇用する側の人間はどう思ってるんだろう?」って気になっとったけん
    興味深く読ませてもらいました♪