日本にいた頃は、アメリカ人には「リリー、アメリカ人みたい」と言われ、韓国人には「韓国人みたいだね」と言われ、日本人には「日本人っぽくない」と言われた私だが、ここフランスでフランス人に囲まれながら生活していると、つくづく私は日本人だなぁ~と思う。海外在住者なら共感できる点もあるのでは?日常生活の中で「やっぱり私は日本人だ」と再確認してしまう瞬間が今回のテーマ。

 

1遠くにいる誰かと目が合い、思わず軽く会釈してしまうとき


これは自分でも毎回ビックリする。反射神経としか言いようがない。遠くに自分の知っている人がいたら、ちょっとだけ会釈。会釈した後になって初めて自分が会釈したことに気がつく。後になり、「あれ?おかしかったかな?」と思う、そんな時。「あぁ~あたしやっぱり日本人だわ。」

2「おはよう(Bonjour!)」と「おやすみ(bonne nuit!)」のキスが、ぎこちないなぁと自分で思うとき

最初は少しドギマギしたものの、最近ではあいさつのキスも慣れてきた。それでもやっぱり、ぎこちない。初対面の人(旦那の友達とか)といきなり頬を寄せ合うのは、未だに身構えてしまう。何事もなく挨拶のキスを交わすフランス人の隣で、1人ぎこちない私を感じる時。「あぁ~あたしやっぱり日本人だわ。」

3何が面白いのかよくわからないジョークにも、とりあえず合わせて笑っておく自分に気づいたとき

いわゆる空気を読むってやつかな。みんなが笑ってるから、とりあえず笑っておけぇ~的な。フランス人は人に合わせて笑うようなことはあんまりしない。だから、ジョークを言った本人だけが爆笑することもある。日本で「親父ギャグ」が嫌がられるのも、きっと笑ってあげなくちゃいけないからだと私は思う。フランスではきっと嫌がられない。笑いたい人が笑えばいいから。

4人前でも堂々とイチャつくカップルに、思わず目がいってしまうとき

え?あたし、オヤジですかね?でも、何となく目がいってしまう私。人前でイチャつくカップルにとっては、「世界には2人だけ」という感じなんだろう。見ていて、「オイオイ、そんなことまで…」と思うこともたまにある。日本では珍しい、街中で堂々とイチャつくカップルから目が離せなくなっているオヤジっぽい自分に気がついたとき。「あぁ~あたしやっぱり日本人だわ。」

5日本食が無性に食べたくなるとき

これはもう、しょうがない。たまに日本のドラマを見るけど、そのドラマに出てくる何でもない日本食がとても恋しくなる。何でもない、本当に普通の日本食が食べたい。どこにでもありそうなうどんとか、旅館の朝ごはんみたいなものとか、コンビニのおにぎりとか、スーパーの惣菜コーナーにありそうな赤飯とか。そういった普通の日本食が食べたい。特に私は福岡出身なので、とんこつラーメンが非常に恋しい。

 

他にも、「とりあえず笑顔をつくってしまうとき」や「レストランの料理で胃がもたれたとき」など、やっぱり私は日本人だなぁと思う瞬間はいくつもある。国民性ってやつは、なかなか抜けない。まぁ、その必要もないと思うが。それはそうとして、日本社会で生きてきたから「日本人の国民性」を持っているのだと仮定すると、このままフランスで生活すると私も「フランス人化」していくのだろうか。うーん、それはないかな。

あなたはどんな時、「日本人だなぁ」と思いますか?

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. 日本人と感じる時を意識したことはなかったけど、最近美術館でお仕事するようになってありました!
    英語で話し掛けられたときに、異様にドギマギしてしまう・・・
    しかも単語で答えてみるも、通じずにあたふたしてしまうとき、日本人らしさを感じます。
    英語に対しての苦手意識・・・直したいです。

    • あぁ、それは確かにありますねぇ。
      でもその場合は、「日本にいながらあなたたちのためにわざわざ英語を使ってやってるんだ」って、堂々としていてイイですよ。基本的に日本では日本語を使い、アメリカでは英語、フランスではフランス語っていう具合に、その国の言葉を使うっていうのがルールじゃないか?と私は思います。英語の間違えなど気にせず、胸をはってどんどん英語を話せばいい。そうやって英語力はついていくものだと思いますよ。

  2. 素敵なアドバイスありがとうございます☆

    私は旅行で海外に行く際、行き先の言語を少しでも
    話せるように覚えて行くので、内心は
    「日本語覚えて来てよ・・・」
    と思うのですが、
    実際はそうも行かないんですよね(笑)
    けど、はい!!
    ちょうど良い機会が環境としてあるので間違え気にせず、
    話していきます!

    • そうはいかないんですよねー、うん。

      でも本当にいい環境ですね♪後になって、Emiさんにとってきっと何かが変わっていると思いますよ。
      頑張って下さい!
      応援してます♪