流行に敏感な日本人女性と世界のファッションリーダーなフランス人女性。どちらもおしゃれが好き、つまりショッピングが大好きな女性が多い。

同じくショッピング好きな私だが、ここフランスで洋服を買うときにいつも困ってしまうことがある。

それはトップス選び。

フランスで売ってあるトップスは日本のものに比べて、どれもデコルテが大きく開いたものが多い。「これじゃ、屈んだときにブラ見えちゃうじゃん!」と思い、私は店内で1番首が詰まったものを探すのだが、これがなかなか見つからないのだ。着たときに安心できる胸の切り込みラインというものが頭のなかにあって、それを捜し求めるのだが手に取るもの、手に取るものが全て最低ラインをオーバーしている。色や柄が気に入ったものが見つけることができても、デコルテラインが広すぎて却下パターンが非常に多い。

それでも胸の開きが大きくても、強烈に気に入ってしまった服に出会ったときにはとりあえず試着してみる。

試着してみて、「いや、これやっぱり下にキャミソール着ないとな・・・」などと考えていると、横でフランス人の店員さんが言う。

「もうちょっと切り込みの深いブラジャーにすれば、全然大丈夫ですよー」

オイオイ、そういう問題か?と心の中で突っ込むのだが、なるほど街ゆくフランス人女性を見ていて納得する。

日本の既製服よりも、胸の開いた洋服着ているフランス人女性は本当に多い。

デコルテラインの開きは本当にわずかな差だが、この少しの差が女性たちをぐっとセクシーにする。フランス人女性のイメージで、「自然なセクシーさ」が挙げられるのは、ひょっとしたらこんなところにも起因しているのかもしれない。

それでは、日本人女性は体のどの部分をアピールしているか。

それは脚ではないか、と私は思う。レギンスの流行により生脚を見せる女性はかなり少なくなったが、それでもやはり日本人女性はフランス人女性に比べて「脚を出す」ファッションが多いように思う。事実、日本で友達になったフランス人たちはみな、娼婦でもないのに堂々とミニスカートを履く女性に驚いていた。フランスの街中でミニスカートを履いて歩いたら、50メートル歩くたびにナンパされるよ!と。

少し前になるが、在日中国人の日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は、自身のブログに「日本の若い女性は冬でもナマ脚丸出しで本当に寒くないのだろうか?」と題した文章を掲載したことが話題になったが、これからもわかるようにやはり日本の一般女性は脚の露出が多いということになる。

フランス人女性は脚ではなく、デコルテを。日本では胸ではなく、脚を魅せることでセクシーさを誇示しているのではないか。

共に、美しくセクシーな女性が多いとされる国トップ15に選ばれたフランスと、日本。

アピールポイントの違いはあれど、どちらも女らしくセクシーな女性たちだと、私は思う。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし