ジプシーと呼ばれてきたロマ人

フランス政府が治安の強化を理由に、ロマ人たちの違法キャンプ撤去や不法滞在者の強制送還、さらには違法者の国籍はく奪していることに対して、内外から厳しい批判が相次いでいる。

しかしロマ人の強制送還は何も今になって始まったわけではない。2008年には8200人、昨年は1万人以上が、300ユーロ付きの送還を受けている。

ではなぜこの時期にフランス政府は強行手段に出たのか?

その理由としてまず、移民や少数民族が絡んだ暴動が立て続けにおき、社会不安が高まっていることが背景にある。さらに、3年前にロマ人が多く住むルーマニアとブルガリアのEU加盟が実現した(つまりEU加盟国内での移動が自由となる)ことを受け、EU加盟移行期間内(2014年まで)に道筋をつけて、移民政策を明確にしておく必要があるのだ。

フランス国内では、違法な政治献金疑惑や失業の深刻化で不人気のサルコジ大統領が、再来年の大統領選挙を睨んで、人気回復に利用しようとしているのではないバローゾ欧州委員長(左)に背を向けるサルコジ大統領か?という非難を強めている。また16日にブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)の特別首脳会議では、サルコジ仏大統領とバローゾ欧州委員長はこの問題をめぐって激しい言い争いになった。

フランスのサルコジ政権による「追放」政策で行き場を失ったロマの人々は今、パリ近郊で「避難」生活を続けている。

「故郷のルーマニアには職がなく、仏で働きたい」というロマ人。しかし、フランス人のロマ人に対する反応は微妙である。ただでさえ失業率が約10%と高く、さらには世界不況の波もありフランス人にとっても職を探すのは一苦労であるからだ。私の義姉もフランスのロースクールを卒業し、放送メディアのインターンシップとして2年働いていたが、未だに正規社員として雇ってもらえる働き口は見つかっていない。

経済危機に悩むフランス社会では、「(ロマの故国)ルーマニアが責任を取るべきだ」という声も多くある。

移民国家フランス。2004年の調査によると、フランス国内には約493万人の移民(うち197万人はフランス国籍)をがおり、フランスの人口のうち少なくとも4人に1人は、移民か移民の子孫であるという計算になる。

フランス移民局ロゴ

かく言う私も、2009年からフランスに移民してきた人である。

滞在許可書を手に入れるため、フランス政府が定める強制参加の会合で多くの移民に出会った。そこで出会った移民の大半は上記のロマ人同様、「職を求めて」フランスにやってきた人たちであった。

ある男性は母国でスペイン語を一生懸命勉強し、スペイン語の教師となった。フランスではもっと裕福な暮らしができると信じ、スペイン語教師の職を求めてフランスに移民することを決意した。しかし、フランスに来てみてもなかなか職が見つからない。フランスのスペイン語教師は、当然ではあるが、ほとんどがスペイン人かフランス人。それ以外の国籍の人を雇う枠もなければ必要もない。「フランスでは一生懸命勉強したその功績も認めてくれないのか?」と、彼は非常に憤慨していた。

また、ある男性は、フランス語での会話は完璧にこなせるが、読み書きができなかった。母国ではエンジニアとして働いていたのでフランスの企業で同じくエンジニアとして働きたいと望んでいたが、読み書きができないため、やはり仕事が見つからない。妻子もちの彼は、このままでは家族を養えないとかなり切羽詰った様子であった。

私が出会った移民たちは全て正規の手続きを踏んで滞在許可書を手に入れようとしていた人たちであるし、フランス全体の移民からすると氷山の一角なのであるが、私主要国における失業率比較が実際にフランスの移民たちの話を聞いて、彼らはフランスに幻想を抱いているような印象を受けた。

母国では食べ物も職もない、でもフランスに行けばきっとお金持ちになれる・・・・

そう信じてフランスに来たという人が非常に多かった。

この現象が世界中で起こったらどうなるだろう?世界中の発展途上国に住む人たちが、次々と先進国へ移民してきたらどうなるか?

日本国内にアジア各国から、「日本に行けば裕福になれる」と信じ、職を求めて次から次へと移民がやってきたら、日本はどうなってしまうだろう。

まず、働き口が減る。すると、働き口が見つからない人たちの暴動がおき、治安が悪くなる。窃盗や恐喝の犯罪発生率が高まり、街を歩けば「お金を恵んでください」とせがむホームレスに出くわす。

これらから生じる国民の社会不安を取り除くため、政府は国を守る策にでる。すると、国内外から「人種差別だ」という批判を受ける。

これが現在のフランスだろう。

国内外から「人権大国フランスの崩壊」だと批判され、ロマ人送還は「人種差別だ」と反感を持たれたサルコジ大統領。それら批判の声からすると、かなり冷たく聞こえるかも知れないが、「(ロマの故国)ルーマニアが責任を取るべきだ」という考えもあながち間違えではないと私は思う。

 ロマ人送還問題のニュース

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

5 コメント

  1. どこの国でもロマは疎まれる存在であるでしょう。どこの国も受け入れたくないはず。しかしこの考えを受け入れれば、EUの人の移動の政策の根本を変更しなければならない。そこは日本の状況とは異なるので、同じにして論じるのは間違いでは?この方は「フランス人」と言う事だけで、他のEUの国に自由に移動でき、住む事ができ、失業保険さえもらうこともできる権利があるのをご存じないわけではなかろう。自分たちの権利さえ保障されればそれでいいのか?ロマはEUで二級市民なのか?もし「フランス人」ということで、EUの他の国からフランス人が排斥されても、文句は言わないのだろうか。一般に言われている、非常に身勝手なフランス人の考えをあらわしていると思える。

    • 確かに、ブルガリアやルーマニアがEU加盟を果たした時点で、この2国が欧州連合にプラスになると判断されているという事実は見逃してはなりません。決してマイナスだけを運んでくる存在ではないと、思います。

      ただ、世の中の報道を見ていて、あまりにも一方的というか「聞こえのいいことばかり」を言っているようにも思えます。フランス政府を批判する要因ももちろんありますが、「では解決策は?」という点はどの記事も触れていない。
      他の国のことだからと批判するのは自由ですが、自分のこととして考えてみたらどうなるか?・・・その点をこの記事を通して伝えたかったです。

      確かにヨーロッパ連合のなかのフランスの状況を、日本に置き換えるというのは少し無理がありますが、現在のフランスの状況を報道とは違った視点で日本に住む日本人にわかりやすく説明しようとしました。

  2. 日本は98%が日本人なんで移民を意識することは少ないと思う。
    それでも年々在日中国、韓国が増えて、犯罪が増加。さらに彼らは溶け込まずコミュニティを形成してかってにシャイナ、コリアンタウンを作るから厄介。最近になって日本人の人権を考える機会が増えました。

    人権団体に「ロマ人によってフランス人が窃盗や暴動を受けた被害者の人権についてどう思いますか?また、どんな対策をしていますか?」
    と聞くと何も返事がかえってきません。 ロマ人に同じ質問しても「金持ってる人からもらうのは当然」と返事されるだけでしょうね。
    努力して財を築いた彼らのことなど、どうでもいいんです。
     昔から【自由、平等、人権】軽々しく言う方々は一方の人間を粛清して弾圧する。今も同じでね。

    ルーマニアではなくフランスで職をみつけたいといい団体でおしよせるなんて勝手すぎませんか?
    故郷のルーマニアがあってもロマ人の放浪癖は治らないことも原因では?(教育を施しても治らない?)
    彼ら自身受け入れてくれた国ではちゃんと貢献してるんですか?
    フランスにお金を与えられ送還されたことに旨みを感じてなんども来るようになったんですよね?感謝どころか権利まで要求して暴徒を働く彼らを追い出してなにが悪いのでしょうか。今の現状は怠惰な民族性によるものでしょう。
    こういう人の家に土足であがりこんで勝手に住み着く移民は最低です。
    嫌われてもしょうがないし、差別でもなんでもない!

    どこでも移民、よそ者というのは自国の人間から歓迎されないされません。なかには仲良くしてくれる人もいます。そういう人たちを大切にして少しずつとけこんでいくんです。アイデンティティを大事にするのは勝手ですが自国の人間に不快を与えないことは当然です! 

    私はサルコジさんの政策を大いに支持しています。まず国が守らなければならないのはフランス人です。移民というのは土地に住まわせてもらっていると常に自覚しなければいけません。そして与えられるものは権利ではなく恩恵です。人権を守るのは祖国だし、選挙も当然祖国へ参加するのが当たり前。祖国で参政権をもってる彼らに外国人参政権なんて当然与えるわけないでしょう。

    「犯罪者の国籍剥奪」 画期的な政策ですね。ぜひ日本にもあってほしいです。日本を守るためにも日本人に扮装し破壊行為を行う彼らを追い出さないと国が沈んでしまいます。

  3. 私はフランスに住む者ですが、この国に恩恵を受けていると同時に、この国の社会に参加して国を支えているのだと自覚しています。

    サルコジが代表する新自由経済主義の問題点は、この国が必要としている移民労働者を、安い賃金で働かせることのできる労働力としてしか評価せず、彼らがフランスにもたらしている実際の価値を認めない点です。

    その価値とは、時としてお金には換算できないものですが、結果的にフランスの、特に地域社会での暮らしを豊かにしているものです。彼らがいなければ、フランスの生活はまったく無味乾燥なものになるでしょう。

    経済の不況は世界的な現象ですが、国が不景気になると上記のコメントの方のような意見が現れるのは、これまでの世界の歴史の中で繰り返されてきたことです。

    「この国がうまくいかないのはXX人のせいだ」という短絡的な意見は、そのわかりやすさのために多くの支持を集めます。ですが、その根っこは「経済効率をなによりも優先する」という考えに基づいているため、結果的に、実際に生活者が求めている「生活の質」が低下するという結果に終わるのです。90年代に不況を脱するために新自由主義の経済システムを採用した南米の国々の例が、そう教えてくれます。

    最後に、政治・経済の話とは別ですが、上記の方のコメントは明らかに人種によって人間を判断するという内容です。私はどのような理由・状況であっても、人種差別には断固反対です。

  4. 優秀な人間すら全く受け入れないことと精査して問題ない人間だけ受け入れることは別でしょう。
    差別だから選別せずに犯罪者まで受け入れろなんてふざけている。