着物を着た外国人女性

1年間日本で勉強し、母国へ帰っていく外国人留学生。年間200人の外国人留学生が卒業の記念に残す「卒業作文」のなかから、特に印象的なものをピックアップしました。

アメリカ人 男性
日本に来て、僕は激ヤセしました。みなさん知っているようにアメリカは太っている人がとても多い国です。ダイエットに苦しんでいるアメリカ人はみんな日本に来ればいいと思いました。日本人がいかに健康的な食事をしているかは、僕の体が物語っていると思います。

中国人 女性
私が日本に来て間もない頃、初めて行った市街地で道に迷ってしまい、近くにいた日本人のおばさんに道を尋ねました。その方は親切に目的地まで一緒について来て案内してくれました。その後、お礼のメールをしたら「勉強がんばってください」と返信があり、とても嬉しかったです。日本人は親切だなぁと改めて思いました。

アメリカ人 女性
私は「カタカナ英語」はクソだと思います。レンジ(電子レンジの意)、バイク(オートバイの意)、ラブホテルなど、英語だと思って使っている人も多いですが、私にとっては「やっかいな語」でしかありませんでした。日本人はもっと日本語を使えばいいのにと思いました。

フランス人 男性
日本に来たばかりのころは、みんなが笑顔で、平和で幸せな国だと思いました。でもこの1年間で、日本人が”笑わなくてはならない”こと、サラリーマンの仕事の大変さや集団社会に生きることのストレスなどを知りました。それでも笑う日本人はやっぱりすごいと思いました。

フランス人 女性
「アメリカ人ですか?」とこんなにたくさん聞かれるとは思ってもいませんでした。

韓国人 女性
私は日本人女性は上品な人が多いと思います。韓国にもきれいな人はたくさんいますが、日本人の女性は韓国人女性よりもエレガントで女っぽいです。言葉でうまく表現できませんが、私は日本人から学んだ上品さを韓国にも持って帰りたいと思います。

アメリカ人 女性
一番印象的だったのは「温泉」に行った時のことです。私はそれまで日本人はシャイな人たちだと思っていましたが、温泉で素っ裸になる日本人を見て驚きました。オープンだと言われるアメリカ人の私のほうが恥ずかしい思いをして、日本人は一言にできないと思いました。

フランス人 女性
落としてしまった財布が戻ってきたときはびっくりしました。フランスでは絶対に財布は戻ってこないと思います。でも自転車は1年で3回盗まれました。日本では財布は返ってくるのに、自転車は絶対に返ってこない。不思議な国です。

アメリカ人 男性
飲み放題、食べ放題、歌い放題。僕はこの「放題」という言葉が大好きになりました。特に飲み放題は最高です。

写真:taymtaym

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

7 コメント

  1. はじめましてこんにちは。
    いつも楽しくブログ拝見しています。

    現在フランスにいらっしゃってアニメ好きになったということでちょっと質問いいですか?

    この前フェイスブック上でフランスの友達と話してたんですけど「サムライチャンピオン」っていう日本のマンガがおもしろいって聞いたんですけどご存知ですか?

    色々聞いたんですけどなかなか彼と話があわなくて…

    • Sherpaさん、はじめまして♪

      サムライチャンピオンはうちの旦那もおもしろいって言ってました。私はまだ見ていないですけど、見てみようと思っています。私は以前漫画に偏見をもっていましたが、見てみるとおもしろいもんですよ!
      はまります!日本が世界に誇るものの1つが漫画だし、良かったら見てみてください。
      その理由がわかるはずです。

  2. サムライチャンプルーではなくサムライチャンピオンですか?
    チャンプルーは日本に住んでいた頃から見ていましたがチャンピオンは知らないです。
    新しいアニメなんでしょうか?

  3. アメリカ女性のオープンという部分の話が
    “素っ裸”ということについて言われていたことが面白かったです(笑)

    あと
    中国や韓国と日本のいざかいがやたらと目に付く中、日本に対する肯定の感想があったのが少しほっとしました。

  4. >アメリカ人 女性
    > 私は「カタカナ英語」はクソだと思います。レンジ(電子レンジの意)、バイク(オートバイの意)、ラブホテルなど、英>語だと思って使っている人も多いですが、私にとっては「やっかいな語」でしかありませんでした。日本人はもっと日本語>を使えばいいのにと思いました。

    なるほど外国人の目からみてもやはり和製英語は「やっかい語」だというのは私も分かっておりましたが、
    何かと言うと色んな言葉を無差別にカタカナにしたがる傾向が極めて強い現代の日本人にとって
    ちゃんと自国語を大事にしたらどうなのかと言う警鐘を鳴らしてくれているような気がして、
    私個人としてはこのアメリカ人女性には敬意を払いたいと思います。