ちょっとすてきなフランスの香水CM10選

3
13966

日本では全く目にしないのに、フランスではしょっちゅうテレビでやってるコマーシャルといえば、香水。「香り」という実態のつかめない、それでいて宝石のような秘めた魅力をもつ存在は、クレオパトラの生きた時代から人々を魅了し続けてきました。そんな形のない商品を短い映像の中で表現する、香水のCM。今回はそんなフランスの香水のCMのなかで、「これはステキ!」と思うものを10チョイスしてみました。あなたはどのCMの香水をつけ試してみたいですか?

あのマリリン・モンローが流行の火付け役となった、今も昔も世界中の女性たちに愛され続ける香水、シャネルの5番。これは90年代にフランスで放送されたもの。音楽や色使い、全体的なストーリーのまとめ方がいい。何となく覚えてしまうCM。

よくぞここまで、スーパーモデルたちを集めました!ドルチェ&ガッパーナのAnthology(アンソロジー)。ムードに合わせて色を選らぶ…がコンセプト。

Givenchy(ジバンシー)のVery Irresistible(ベリー イレシスティブル)。モノクロ映像が独特の世界観を作り出している、何ともヨーロッパらしいリヴ・テイラーによるCM。

 

ニナ・リッチのリッチ・リッチ。女の子の表情や衣装が小悪魔っぽくてかわいい。

ランコムのトレゾー。重厚感のある音楽がいい。映画の一幕のようなCM。最後の女性の笑顔もステキだ。

2000年に放送された、ジャン=ポール・ゴルティエのコンセプトがおもしろいCM。題して、ランデヴ・サプライズ!

最後のかっこつけたセリフに、思わず吹きだしてまったシャネルの男性用香水CM。短い映像でのストーリー展開がよくできている。

セクシーすぎるぜ!ケイト・モス姉さん!官能的なイヴ・サン・ローランのパリジャンCM。

これぞ香水のCM!テレビのブラウン管からお花の香りが漂ってきそうです。Diorのフローラ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. ケイト・モスのはチョコレートのCMでも良さそう。

    下水道の発達が遅れたフランスで必要に迫られて発明された香水とも言えますね。イギリス人は風呂に入ってましたし、アメリカには密集型の住居はまだなかったし。日本人は臭いの元が元から少ない上に清潔だったし。

    江戸の女性は毎日どころか、一日に2回も入浴したと文献に残ってました。

  2. 初めまして、マダムリリコ様
    フランス好きなのですが、なぜか、アメリカ人と結婚して、アメリカで暮らして1年ですが、やっぱり、フランスの香水のCMはいいですね。
    何度も、ヨーロッパ旅行してますが、最後はやはりいつもParisです。
    恋しいフランス病に主人は??ですけど。
    リリコさんのお陰で、いつもParisを思い出せるので、嬉しいかぎりです。
    フランス情報いつも楽しみに拝見しています。