びっくり!

以前の1年ぶりに日本に帰って、逆カルチャーショック?では、海外生活を送る日本人からの反響が大きかったので、今回はその第2弾。1年ぶりに日本に帰って驚いた、どーでもいいこと。たった1年の間に、日本は動いている。変わってしまって驚いたこと、変わらないので驚いたこと…etc.

すげぇ人気だった、AKB48・・・・AKB48の人気っぷり
毎日テレビに出ていたような…。いつからこんなに人気になったんだ。昔のモーニング娘。を思い出す。フランスじゃ絶対流行んない、日本のアイドルたち。

・ノンシリコンシャンプー
いつから“シリコン”に目をつけだしたのか?これまで気にしていなかっただろうに。

・日本人女性の美意識の高さ
たっぷりの泡で洗顔しましょう。化粧水、乳液、クリームまで。部分的に美白のクリームも。

渡部 陽一さん・戦場カメラマンがどことなくエスパー伊藤に似ている件
…と思うのは私だけ?存在もしゃべり方も、一度見たら忘れない!

・不幸な子どもの事件の多さ
何とも悲しいことだと思う。NHK年末ニュースで「2010年は子どもの悲しい事件の年でしたね」と言っていたキャスターがとても印象的だった。

・賞味期限が、年/月/日の順
11/02/10って、これ賞味期限1年過ぎてるじゃん!

生めんブームもあったらしいですが・パスタの麺の細さ
日本のスパゲッティは正確に言うと、スパゲッティーニです。おしゃれなカフェとかのパスタはどれも細麺。

・“女子会”ってやつ。
よくわかんない。何でも名前を付ければいいのか?

 ・油ギトギト、食べるラー油
あたたかい白いご飯が主食の日本だからこそ、ブームになった一品ですね。

ミッツマングローブという方らしい・・・・マツコデラックスと、あともう一人の人
だれだっけ?

・上京した大学の友人がお正月なのに帰ってこない
みんなもうバリバリの社会人。学生だったころとはもう変わってしまったんだなぁ

・家のドアの取っ手、流し、洗面所の低さ
低い!低い!異様に低い!

ギャルのカリスマはコロコロ変わる・ギャルのカリスマが西野カナ
だれだ?

・プリクラ機の進化
目がちょー大きく映る!らくがきで、自分の顔につけまつげを付けることもできるようになったぜ。

あるじゃないですか!ボン・ママン・フランス食品、製品の多さ
フランスの市場にあるものを把握していると、「あ!これも日本で売ってるんだー」という発見が意外と結構ある。

草彅 剛が未だにテレビでお酒を飲まないこと
もういいんじゃないでしょうか?その姿勢は素晴らしいですが。

・“地デジ化”を呼びかける、テレビのテロップ
何というか、やっぱり日本って“みんな一緒に、一斉に変わる国”なのかなぁ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

9 コメント

  1. なるほど。私が日本に帰るたびに改めて驚くのは、特に日本のお店や役所・銀行の方が親切・丁寧なことや、電車が時間に正確だったり、公共トイレが清潔だったりすることなのですが(これは今暮らしているのがイタリアだからかもしれません。)、人によって、驚くことというのも、いろいろ違うものですね。芸能人の名前は、日本にいた頃からあまり知らず、同僚から、「教えている生徒たちの口にする芸能人の名前と顔が一致しなくなったら、年を取った証拠なのよ。」などと言われていました。

    高さ、低さというと、私はポルトガルで、座る椅子がどれもこれも高くて、足がまったく地面に届かなかったことを覚えています。イタリアではまだましですが、それでも背の低いわたしは、我が家の食卓の椅子も、座ると足裏の前面は床に届きません。小さい私には日本の小さいサイズが本当にうれしいのですが、それを小さすぎると感じられるのはきっと、背の高い方でいらっしゃるからなのでしょうね。

  2. 先月11年ぶりにアメリカから帰国しました。PasmoとかSuicaとかの交通系のカードにびっくり。コンビニやでも自販機でも使えるなんて。オレンジカードやバスカードはどこへ? 帰国直後は携帯電話ないから公衆電話使おうと思っていたのに全然見当たらない。不便すぎ。デジタルツーカーもなくなってソフトバングが携帯事業やってるし。電車に乗ればみんな下向いて携帯いじっている奇妙な光景が。吸収されればただのアミノ酸のコラーゲンも流行っていたみたいだけど。テレビはまだ見てないけどずいぶん変わったんだろうなぁ。銀行もずいぶん変わったのね。三菱銀行がUFJとかついてるし、りそなっ何?新東京銀行って昔の東京銀行と違うみたいだし。副都心線とか知らない地下鉄が増えてるし。もう浦島太郎状態ですぅ。

    • でも、アメリカでもここ数年はiPhoneや、ブラックベリーの影響で、みんな下向いて一生懸命画面見入ってますよねぇ。

  3. 自分は米国シアトル在住で、在米7年目になります。先月2年半ぶりに日本に一時帰国しました。
    フランス在住の方と驚くポイントが似通ってて、記事をおもしろく拝読させていただきました。
    私も日本のテレビにすごく違和感を感じましたよ。
    AKBとか知らなかったし(米国でもまず流行らないと思います)、
    おかまタレントがご意見番になってるし、
    にしのかなも知らなかったし(浜崎あゆみみたいなポジションなのかしら?)
    なんか韓国のタレントやらドラマやらがテレビの中だけでは流行ってるみたいだし
    (でも私の家族・友人達は韓流というのにウンザリしてた。しつこすぎて、みんな韓国嫌いになったんだって。。。)。
    あと、米国の食材も日本の普通のスーパー・デパートに普及してるんですよね。それも驚いた。

  4. 私はロシア在住で、1年ぶりに日本に一時帰国したときは4月。震災のあとだったので、CMや番組、雑誌の特集などメディアへの違和感に一番びっくりしました。
    番組でもCMでも震災被害者への罪悪感で「楽しい・おもしろい」が抑え気味。前はくだらない内容ばかりだったはずの女性週刊誌とかも特集記事のベスト3が地震や原発関連だったり。GWに遊園地に行ってもがらがらで、日本全体に漂ってるもの悲しさにすごくさびしく感じました。

    その一方で辟易したのは韓国の大ブーム。
    日本にいた状態で韓国ブームへの移行を体感してたらどうだったかな。ロシア出発前も少しは韓国のアイドルが人気が出始めてたときだったし、今ほど長時間ではないにしろ韓流ドラマもやってはいたし、韓国料理特集の番組とかみてもなんとも思わなかった。
    今は職場に韓国人がいて、「K-POPは今世界中でブームだ」「SUMSUNGは世界ナンバーワンシェアだ」「日本はもうダメだ」などなど直で韓国カルチャーの押し売りにあっていてまったく偏見がなかった私が見事にアンチ韓国派になってしまった。
    そしたらそれに反比例して日本が韓国ブームなんだもん!その様子のテレビの動画とか鼻高々で見せに来るんだもん!信じたくないのに実際そうなんだもん!今まで英語と中国語でしか表記がなかったもの全てにハングル表記もプラスされてるんだもん!!
    帰国して、「気持ちわるぅう~」と思いました。

    他には、
    水道水が飲める。トイレにティッシュが流せる。そこら中にトイレが、しかも無料である。ふつうのお菓子のクオリティが高すぎる。やっぱ米がうまい。などなど。

    でも不思議なのが、「日本帰りたい~~」って思うのに、いざ帰ると帰ったばっかのときは「アジア人ばっかりでなんか気持ち悪い」って思う(笑)お菓子もそんなに食べなかったり。謎・・・笑

  5. はじめまして。おもしろく読ませていただきました。
    フランスのお隣に住んでいるものです。
    洗面所や流しが低いことには久々に帰ると驚きますよね!
    20数年何も感じず使っていて、自分の身長が高いわけではないのに毎度ガリバーのような気分になります!

    女子会…というか学生時代からの親しい友達とおしゃべりしまくる会は帰国時何よりの楽しみですが、”女子”という言葉には30目前の今さすがに抵抗を感じます。

    これからも日欧の良いところどりで生きていけたらと思います。

  6. 日本のレストランの子供メニューのソーセージはなんでそんなカチカチなんだ!すぐ潰れるおもちゃ付きだし。
    お財布携帯まである国なのに、まだ現金国家、郵便局も電車も現金、
    TV番組がつまらない、全然かわいらしくないおバカな女の子に可愛いなんてあほか、
    それと昭和のアイドルのような服を着ているAKB,
    相変わらずの無表情。に変な日本語(1000円からお預かりします、など)
    語尾になぜか、ハイ、とつけるあれは聞くのも嫌だ!
    とにかくせこい、空港で機内持ち込みの液体物を入れる袋を自分で用意しろと言われた時は驚きました。
    公衆トイレが相変わらず汚い、