日本でも100年に一度の大地震で大変ですが、アメリカでも異常気象がひんぱつしていて、オハイオでも3月というのに雹がふったり不安定な気候になっています。

USA Todayの記事に、竜巻などの自然災害の時に、一番危険な場所はどこか?アンケートの結果がありましたので掲載します。アメリカの住宅やビルは地震がほとんどないので比較的安く、簡単に作られています。そのため空港などが一番危ない場所と思われているようです。

もちろん飛行機などはダーンバーストという自然現象で、墜落することもあり空港が危険なのかもしれません。また鉄道やバスなど一度の大量の人を運べる交通機関が2位になっています。

一番安全とアメリカが考えている場所は、病院と自分の仕事場であるビルと答えています。オハイオの住宅は、全米の中では比較的丈夫に作られています。それは、冬が厳しいのでしっかり作りこんで行いと寒くてたいへんだからのです。それに引き換え四季を通して暖かいカリフォルニアの住宅は多少の抜け落ちがあっても、暖かいのでそれほど購入者の目に留まることはありません。

さて日本で自然災害が発生したとき、皆さんはどこに逃げますか?

自然災害~安全な避難場所は?―アメリカ社会の内側を切る

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. 僕は都民〔文京区在住〕で周りに、学校が多いので、、、学校、又は病院ですね。。。高層マンションは揺れが収まっても揺れているので、やはり!地に足が付いているのが、安心します〔汗〕