フェイスブック画面

 Product Reviewのニュース記事によると、フェイスブック等々のソーシャルネットワーキングなどによりアメリカでの離婚率が上昇傾向になっていることが判明しました。

これは、自分の伴侶に隠れてソーシャルネットワーキングで親しくなった相手と関係を持ったり、性的な会話をネットを通して行ったりして、伴侶に見つかり離婚を突きつけられている夫婦が増えてきているということなのだそうです。

もちろん、フェイスブックなどのソーシャルネットワーキングが一般的になる前からアメリカでは離婚率は毎年上昇傾向になっていたので、すべての離婚上昇率が、ソーシャルネットワーキングが原因であるとすることも出来ないのも事実です。

オンラインで離婚の手続きを行う弁護士のデータによると、離婚申請をした夫婦のうちの20%以上は、フェイスブックで知り合った相手との情事や会話がその発端となり離婚に至ったことを明らかにしています。

いくらフェイスブック上で知っている友達とはいえ、情事などは許せないのは当然ですが、伴侶がある身でありながら第三者と性的会話を交わすのは明らかに夫婦関係を破滅に導き、性的な関係がなくても許されるものではありません。

こんな単純な原則でさえもアメリカの夫婦の仲で守られていないのは、非常に寂しい現実といえるかもしれません。本来ならば、友達同士で楽しく情報を分かち合い、人間関係をより強くするためにあるべきシステムですが、犯罪者の手にかかると家庭破壊に至ってしまいます。

最新の技術や情報でも、使う側に高い道徳観念がないと犯罪の道具に成り下がってしまう良い例かもしれません。子供達に、新しいものを学ばせるのは必要不可欠なことですが、それ以上に高い道徳観念を植え付ける努力を行わないと犯罪がハイテク技術により、巧妙になるだけかもしれません。

皆さんは、この記事をどのように捕らえますか?

フェイスブックでアメリカ離婚率上昇か?―アメリカ社会の内側を切る、写真:Franco Bouly

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. こんにちは。
    結婚はしてないけど俺も彼女もフェイスブックで繋がってますが、お互い異性の友達が多いです。しかも遠距離だから(俺は日本、彼女はアメリカ在住のアメリカ人)なかなか会う事もありません。
    浮気が心配になる事もありますが、体の関係を持たれても別に別れようとは思わないし、むしろ怖いのは心の浮気。セックスは(女性は性に精神性を求めやすいけど)刺激の為でしかないかもしれないけど心が他の男に流れるのはやっぱり心配。

    でも気長にまた会う日を待ってます。

    だからフェイスブックで彼女が書いた事を一字一句読んでストーカーしてる(笑)
    だから倫理観は性よりも心。チャラい事は悪くない。ある程度の寛大さが無いと呼吸が出来ずかえって相手を浮気に導く可能性もあるし。

    フェイスブックが離婚率に直接的な原因をもたらすかは分かんないけど、俺みたいな緩い(遠距離だから我慢してるだけw)パートナーばっかじゃないし、いくらかはあるだろうさ。

    でも性的な会話ぐらいストレス発散でしょ。何もかも「犯罪」って言うあんたの存在が犯罪だよ

  2. Facebookをしなければ夫婦は幸せだったのかというと逆で、満たされないから外にお友達を求めるのでしょう。発端は友人とおしゃべりしたい、異性の友人なら楽しいかもって。

    それがお届けの配達員か、学校の先生か、テニスのコーチか、つまり現実かサイバー世界かの違いだけで。

    性的会話・行動はともかく外部の人間と触れて始めて自分の幸せを再確認する、不幸に気がついていなかった人が目覚めて離婚の元になった、とポジティブに解釈します。

    また結婚したからには異性と口を聞いてはいけない宗教もありますが、それって単に人間の自由束縛。愛情ではありません。女性がきゅうりを買ってはいけない法律があり、理由は性的に興奮させるから。バカか?