学校に妹のスカートをはいていった少年

 先日、ある方と話をしていて、イギリス人と日本人の考え方の違いの話になった。

例えばイギリスの中学で、各科目の先生が生徒に沢山の宿題を出したとする。とてもではないが、期限までに出来そうにないくらいの量だ。さて、そんなときどうするか?

日本人の生徒は、必死で徹夜してでも期限までにやり遂げようと努力する(もしくは、できないと開き直る)。一方、イギリス人の生徒は先生と交渉して、期限の延長を勝ち取るというのだ。しかも、ここでいう交渉は、決して全員に対する期限の延期ではなく、あくまでも個人のための交渉であり、先生も生徒の言い分を聞いてそれぞれに期限を再設定することを厭わない。

日本人は言われたことをきちんとやることが美徳だと思う節があり、実際それが得意でもある。イギリス人は人はそれぞれ違うのだから、同じでなければいけないと思っている方がおかしいと考えている節がある。親も「先生の言うことなんだからちゃんと聞きなさい」と言うよりは、「不合理だと思うなら、自分で説明して相手(先生)を納得させてきなさい」と教えるそうだ。

そこで、くだんの”スカートをはいた少年”、ある中学校で、夏に女子は(涼しい)スカート着用が認められるのに、男子に短パンが認められないのはおかしいと主張し、却下されるや、ならばと、校則の抜け穴を利用して?スカート通学を開始し、議論を喚起し世論を味方につけて再チャレンジしようとしている。彼の行為を、両親は、「誇りに思う」とコメントしており、世間からも高い評価を得ている。

スカート少年1スカート少年2

 学校の校則も、日本のように「規則なんだから、守りなさい」とは言わず、「おかしいと思うなら、問題提起して、先生を説得しなさい」となるわけだ。というわけで、今、”スカートをはいた少年”は、とても立派で将来は政治家に!と言われているのです。

そう言えば、小学校の学年にしてもそうだった。日本であれば、〇年4月~〇年3月生まれの人は、〇年生と決まっているが、イギリスでは、それは自由。5歳から小学校に行く子もいれば、6歳や7歳から行く子もいる。私も前回、家族帯同でロンドンに住んでいたが、娘を現地の学校に入れるときに、「何年生に編入しますか?」と聞かれて、一瞬戸惑った。とにかく早く目的に到達することを目指すのか、じっくりスタートして追い上げていくことを目指すのか、各自が選択できるわけだ。もちろん、飛び級も出来るし、学年を落とす事だって出来る。

最近、日本では非難するのも生肉を食べるのも、挙句は原発を止めるのも、何かと”自己責任”。何か、言葉の使い方が正しくない。本当の”自己責任”というのは、こういうことを指すんだと思う。

“スカートをはく少年”が褒められるワケと“本当の自己責任”―ロンドン新(米)所長日記

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. このスカートの男の子にお兄さん胸キュンしてしまいましたよ。

    日本人には不合理なルールに直談判出来るほど、強くもなければ勇気もないと思います。
    人に従って生きているほうが無難で楽と言う感じでしょう。
    だから向こうの人の方が、何事も一枚上手。

    • ああ、性格の悪さなら、イギリスは世界一だもんね。
      汚い言葉使いにレイシスト、新聞やTVでさえ暴言を吐いちゃう下品な国。
      原爆被害者を馬鹿にして開き直るような国の人間には、誰もなりたくないね。

      それに、日時を守らないって最悪だよ。
      高額商品頼んで、料金支払って、10~12日で届くつってたのに、
      結局1カ月かかった。
      何度メールしても無視、電話も留守電、警察沙汰にするぞ!でやっとつながるようになった。
      そして絶対謝らない。時間守らない。
      うんざり。
      学生の頃から、ゴネりゃ許される習慣があるんだね。
      GDPも日本の三分の一くらいだし。商才無いよ。

      欧州はいいにしても、イギリスはないわ。

  2. 実は私は大のスカーと好きでおかしいんじゃないかと医者へメールをうち その後医者へ行き見事に自分のうったメールが書類になっていました お医者さんいわく<別にいいんじゃないでしょうか>の言葉でした つまり違反行為には最低でもならないということです 自分なりにほっとしました

  3. >例えばイギリスの中学で、各科目の先生が生徒に沢山の宿題を出したとする。とてもではないが、期限までに出来そうにないくらいの量だ。さて、そんなときどうするか?

    答えを適当に書いて出す。
    ・正答を書けとは言われていない。
    ・そもそもそんな膨大な宿題をいちいちチェックできるわけがない。