びっくりしちゃうじゃない!

最初の頃はわくわくや驚きでいっぱいだった海外生活も、月日が経つとどれもが当たり前の光景となっていきます。環境に慣れてしまうと、その分海外の新鮮味が薄れてしまうのはしょうがないことなのかもしれません。しかしそんな海外生活に慣れきってしまっても、『やっぱりここは日本じゃないなぁ』と改めて思ってしまう瞬間があります。

今回はそんな日常の一風変わった瞬間を5つチョイスしました。少々グチっぽくて恐縮ですが、日本がどれだけ素晴らしい環境なのかがわかりますね。

 

1信号待ちをしてたら、突然車のフロントガラスを磨かれたとき

ニースのpromenade des anglais通りで信号待ちをすると、ジプシーの子どもたちに窓を拭いてもらえます。もちろん、タダではありません。車のなかの人に了解を得ることなく、急に窓ガラスを磨き始めるので、これはこれは本当に驚きました。そんなアルバイト(?)をする子どもを日本では目にしたことがないですよね。

2一日中家にいたのに、郵便局からの不在配達通知書が郵便受けに入れられていたとき

これは本当に結構な頻度であります。留守してないのに不在者扱いwww。フランス人の話では、アパートやマンションに住んでいる場合は郵便局員が部屋まで小包を運ぶのをめんどくさがって、管理人に預けたり、郵便局まで戻したりするそうです。もちろん、郵便局で再度お預かりになった荷物をもう一度届けてくれるなんていうサービスをしてくれるほど甘くないのがフランスの郵便局。自分で取りに行かなくてはなりません。

3団体で予約したレストランで、さばけない店員に「もう大人数の相手はしない」とブチ切れられたとき

団体25人で予約して行った小さなレストラン。いつも以上にお客さんが多くて、パニックになった店員がどんどん不機嫌になっていきました。「そんなに注文しないでくれ」と言われたり、料理をのせた皿を乱暴に投げてきたり。会計時に一言、「もう少しプロフェッショナルな対応をしてほしい」と伝えると、「さっさと帰れ!」と言われました。日本ではありえない対応の仕方にあきれるばかり…。

4「今年はバカンスなし!」と言うと、「なんで?どうして?」と問い詰められ、「それは残念ね」と同情され、「でも来年があるわよ」と慰められるとき

フランス人はヴァカンスをとても大切にする人たち。年間5週間の有給休暇をどう使うかというヴァカンス計画がフランス人の生活の中心にあると言っても過言ではありません。そんなフランス人にとってヴァカンスのない1年なんて、まさに悲劇!心から同情されます。そんな時、1年で1週間程度のGWを心待ちにする日本人とはバカンスの感覚が違うなぁと改めて思います。

5これに乗ってるポリスを見かけた時

体の重心を調節することで運転できるスクーターのようなものに乗ってるポリス(警察官)たち。ニースではよく見かけます。セグウェイというものらしい。有料で試乗できるところもあります。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

10 コメント

  1. 3.団体で予約したレストランで、さばけない店員に「もう大人数の相手はしない」とブチ切れられたとき

    客「もう少しプロフェッショナルな対応をしてほしい」
    店「さっさと帰れ!」

    客「二度と来るか、こんな店!」
    店「こっちこそ願い下げだ!」

    数週間後・・・

    客「やぁ・・・もう一度アレを作ってくれないか?」
    店「・・・(無言のまま)」

    客「なぁ、頼むよ。アンタの店のアレが食べたいんだよ」
    店「(渋々・・・)わかったよ・・・」

    客「いや・・・コイツは最高だなぁ」
    店「(憮然と)そりゃどうも・・・」

    客「アンタの客さばきは最悪だが、コイツだけは別格だ」
    店「フンッ!良く言うぜw(実は満更でもない)」

    フランス映画だと、こんなシーンありそうなんですが・・・
    ある程度は言い合って、そこから絆みたいなものが生まれる事は無いのかな?
    僕はそっちの方がスッキリするので、結構突っ込んで言ってしまう方ですね。

    • この団体が中国人だったり日本人だったりすると、こういうフランス映画的なオチにはならず、「もう、腹立つな、あの○○人」で終わります。

      結局白人社会では見た目で分かる異人種は(アフリカ・アジア・ラテン)は外人ですね。

    • パリ在住さん、こんにちは。

      私も一度パリのリヨン駅で憲兵隊がカービン銃を持っているのを見たことがあります。確かにあれも、ドキッとしますね。

  2. タクシーのドア、日本でもついつい手で開けようとしてしまう。
    コンビニやタクシーで安心して小銭が受取れるのが日本、ついつい収支を計算するのが海外
    そもそも乗るまでに一苦労。。。交渉しないと乗れない

    つり銭が多くならないように端数を出しても、イラナイト言われ
    結局、一杯の小銭が帰ってくる。そしてその小銭が重いので、チップボックスに入れる羽目になる。
    だからカードでの購入が基本になる。

    空港で、貧富の差、人種差別、自国民優先という世界標準を思い知る。
    日本では在日のほうが優遇されている成田空港。。。世界の非常識