ファッションショーの女性

女性をより綺麗に、そしてスタイリッシュに見せるために、ハイヒールはなくてはならないものです。しかし、年々その高さが高くなり、ファッションモデルでさえも、キャットウォークで何度も転んでしまう場面が見られるようになっています。

「ナオミ・キャンベルが開催した『ファッション・フォー・リリーフ』という東日本大震災支援イベントで、アメリカのモデルのリンジー・ウィックソンはキャットウォークで3回つまずいて転んでしまいました。

しかし、転ぶだけならばよいのですが、医者によると高いハイヒールを履き続けると、足が変形になってしまうというのです。下の図にあるように靴の中で、足の一部に異常な体重がかかり、その結果2枚目の図のように変形してしまうのです。

 

ハイヒールの危険一番の対策は、通勤途中やオフタイムなどでは、ハイヒールを履かないようにして、ハイヒールを履いている時間をできるだけ短くすることだと専門家はアドバイスしています。

また、ハイヒールを購入するときは、足先に十分なスペースがあるか確認して、少なくとも15分履いてみて足に痛みや負担がないか?を見極めるようにすることも大切だとコメントしています。

糖尿の人やリュウマチにかかっている場合は、変形が靴の問題だけではなく、感染症でも起こりうるので特に注意する必要があり、人によっては、おしゃれな靴を履きたいがために、足の骨を削る人もいると言われていますが、金額的に高いのと術後自身の体重を支えられなくなる危険性があると警告されています。

昔からオシャレは足元からと言われていますが、あまり高いハイヒールはかわいくても、自分の足になじまない靴は買わないほうが良いかもしれません。

ハイヒールは、どこまで高くなるのか?― アメリカ社会の内側を切る、写真:Henry Jose

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし