ガイドブックには載っていないニースの楽しみ方

世界的に有名なフランスのリゾート地、ニース。視界いっぱいに広がる地中海岸がバカンスの雰囲気を醸し出し、毎年夏になるとフランス国内はもちろん世界中からたくさんの観光客が押し寄せます。今年の夏、ニースへ旅行する方も多いのでは?今回は私が1年間住んでいた大好きな街ニースの“旅行ガイドブックには載っていない”魅力をみなさんにお伝えします。

 

1.まずは海岸で寝っころがる

ニース海岸でのひなたぼっこ

ニースを訪れる日本人以外の観光客(ヨーロッパ人)がニースで必ずすること。それは海水浴だ。実際には海のなかに入ることはあまりなく、海岸でのひなたぼっこと日光浴が主流の楽しみ方のようである。友人や家族と海岸で過ごすゆったりとした時間はとっても贅沢。そして、ニースのビーチの特徴は砂浜ではなく玉砂利であるということ。海に入っても、その後シャワーを浴びることなくそのままレストランやショッピングが楽しめるのも、ニースでの海水浴の魅力だ。

 

2.海岸沿いのレストランに入る

ニース海岸沿いのレストラン

ニース海岸沿いのレストラン

ニースに来た以上、海岸沿いは100%制覇すべし。高級ホテルやカジノが軒を連ねる華やかな海岸通り「プロムナード・デ・ザングレ」にあるレストランに入ってみよう。夏の風を肌に感じ、波の音を聞きながらの食事は他では味わえないリゾート感があり、何ともリッチな気分にしてくれる。数あるレストランのなかでも私が勧めるのは、ネグレスコホテルの正面にある「BLUE BEACH」。ニースの魚介類を使った料理が絶品!である。「ありがとう」と「すみません」が言えるスタッフとの会話もおもしろい。

3.あっという間に別世界!旧市街地

別世界!ニースの旧市街地

ニース旧市街地でショッピング

ニースの中心街からちょっと入り込んで、あっという間に別世界!旧市街地だ。高級リゾート地とは全く別の顔をもつ旧市街地は、そこに住む人のあたたかさと庶民感が魅力。迷路のような街並みのなかに、南仏の魅力がぎゅっと詰まった穴場スポット。毎日やってるサレヤ広場でのマルシェも必見!フランスのなかでもここでしか手に入らない、超貴重なあなただけのモノに出会えるかも。

4.ニースならではのイベントに行ってみる!

ニースには面白いイベントがいっぱい!毎年3月ごろにあるカーニバルや、7月のジャズフェスティバル、9月の港祭りなど。nicetourisme.comから最新情報をチェック!ニースのイベントと旅行日を合わせるのもいい。

 

5.ニースを一望できる公園で旅のしめくくり

これがル・シャトーの入り口

一生の思い出の場所、ニースのルシャトー

ニース旅行の締めくくりに、ニースの絶景を堪能してみては?絶好の場所がかつての城跡で高台が公園になっているル・シャトー。丘の上の展望台にエレベーターで登ると、弧を描いて伸びるニースのビーチと市街のパノラマが広がる。ニースに住む人たちのオアシスでもあるこの場所は、休日には子どもを連れた親子連れでにぎわうピースフルなスポット。「今まで見た中で一番きれいな景色だ」という観光客の声も多いこの高台からの絶景をみれば、「ニースに来てよかったな」と絶対に思うはず!ここで結婚式の写真を撮るカップルも多い、一生の思い出に残る素敵な場所だ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし