地下鉄のホームに並ぶ人たち

悪夢のような大震災から4か月が経過した。

これまで、世界中の新聞やテレビが大々的な報道をしてきたが、日本国民のお互いを助け合う精神を褒め称える海外のメディアが多かった。これほどの被害に遭いながらも、日本人はパニックには陥らず、秩序と礼儀を保つ国民として礼賛された。

ヨーロッパや米国などの欧米諸国から見ると、“信じがたい”日本の現象だ。震災後、知り合いのフランス人たちにはこう言われることが多かった。

日本はスゴイね。フランスでもし同じことが起こったら、各地で暴動がおきたり、暴力行為に走る人が増えたり、日本よりももっと大変な被害になってたと思うよ。

日本好きの外国人が挙げる日本のいいところで一番多い回答にも「治安の良さ」があるが(日本のいいところランキング)、それではなぜ日本はこんなにも治安のいい国なのか?この質問への答えの一つに犯罪環境学の理論が成り立つのではないかと思う。

『ブロークン・ウィンドウ理論』という言葉をご存じだろうか。

これはアメリカの犯罪学者が考案した理論で、「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」という意味だ。

イギリスでの実験では、落書きされたポストとキレイなポストを放置して経過を比較すると、落書きされたポストの方が中の手紙を盗まれる可能性が高くなったそうだ。

ガラスの割れた車を放置しておくと、その街は荒廃し、犯罪が増える。つまり、『よからぬこと』を見て見ぬふりしていると、やがてそれが大きなトラブルを招くという意味だ。 フランスではよく目にする落書き

これは本当に良く当たっていると思う。

私はフランスに来て、毎年最低2回の引っ越しと部屋探しをして各地を転々としてきたが、『ここは危ないから気をつけて』と主人に注意される界隈は決まって壁への落書きやストリートのごみが多く、街全体が灰色に荒んだ印象だった。反対に、道路にお花がきれいに飾ってあったり、小さな子どもが多く街全体が小奇麗、かつ活気のある所では窃盗や暴力事件などの話をあまり耳にしなかった。

一般に、日本は欧米諸国と比べて街全体が美しい。先ほどの外国人が選ぶ日本のいいところランキングでも『街のキレイさ』は2位に挙げられており、建物の落書きも少なく、また吸い殻などのごみも少ない美しい国だ。

日本と同じく街のキレイさで有名な国といえば、シンガポール。クリーン&グリーンをスローガンにしているこの国では、煙草やゴミのポイ捨て、つば吐きにも厳しい罰金が科せられる。シンガポールは日本よりも治安の良い国だと評価されることも多く、やはり街のキレイさと犯罪件数には関連性があるのだ。

日本よりも落書きの多いフランスを転々とし、暮らしてみて感じるのは、『日本人は公共の場をきれいに使おう』という意識が高いということ。これは親や学校教育によって、「他人に迷惑をかけてはならない」と、幼い時からきちんとしつけられている日本人が多いからだと思う。『常に他人を思いやることができる』というのが日本人の特徴であり、国民性ではないか。今回の震災によって、多くのモノが壊れたり失ったりしたが、日本人に『他人を思いやる精神』が根付いているおかげで、欧米のメディアが予測するような混乱が日本では起らずに済んだのだと思う。

その点、フランス人やアメリカ人などは「他人の迷惑」よりも「自分の都合」を優先する節があり、それがよからぬことも『ま、いっか』で済ますようになるのだ。

ごみのポイ捨てや落書きなど、一見ちょっとしたことのように思えても、「よからぬこと」を『ま、いっか』で流す国とそうでない国とではのちのち大きな違いがでてくる。

それが大震災後も治安の揺るがない国ニッポンの秘密であり、日本人が何よりも誇りにすべき点だと私は思う。

写真:William Anderson

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

25 コメント

  1. 他人の迷惑より自分の都合で感じること。
     ・電車で携帯電話での会話。
     ・出入り口や出店のカウンター等に自転車を平気で置く。
     ・道を譲っても礼を言わない。
     ・人通りの多い道でも日傘をさす。
    こういったことはしょっちゅう目に付きます。特に女性に。
    私だけかなと思ったら話した人から同意もしくはそれ以上に女性への不満というか怖いって言うことを言ってました。電車内での注意にしても痴漢にされたらって本気で言ってました。

  2. こういった話を震災後に多く聞くけど、単に日本が経済的に恵まれた国ってのが理由じゃないかな。インドネシアではスマトラ沖地震の時に窃盗などが横行したけど、そうしないと生きていけないからだと思う。日本では避難所に居れば、2~3日で自衛隊が充分な支援物資を持ってきてくれる。インドネシアでは支援物資が届くのに時間がかかり、届いても人数分ある保障がない。こんな状態だったら窃盗が起きてもおかしくないよ。それにこの記事の言いたいことって、日本は相互監視社会だってことだろ。褒められてないじゃん。

    • ハリケーンで暴動がおこるアメリカは経済的にも警察軍事も大したことのない国?
      それは違う。

      先進国で一番貧富の差が少ないからであり、移民による日本経済体へのダメージが少ないからできたことだ。もし移民が集団で略奪をしていたら警察も自衛隊も被災者もこんなに冷静ではいられない。
      フランスの首都戒厳令やイギリスの同時多発テロを見ればわかるように
      そしてノルウェーの福祉と公共への移民のただ乗りがキリスト原理とナショナリズムを刺激したように

  3. ・出入り口や出店のカウンター等に自転車を平気で置く。

    ↑少なくともこれはイラってきますね。

  4. >>日本は相互監視社会だってことだろ。  

    こういうこというやつってさ、そんなに人の目に気にしていきてるの?

    理解できない。自分は自分でいいじゃん。未熟なのは社会じゃなくてお前だよ。

    日本人は諸外国人にくらべて他者、人に限らず動物や野菜とかの心を感じ取ろうとするのが特徴。

    実際親のしかり方や学校教育を比べてもそういう結果が出てる。

  5. 日本人は「恥の文化」、欧米人は「罪の文化」といわれ、
    恥の文化は人に迷惑をかけるような恥ずかしいことをしない、
    ということを道徳基準とします。
    一方、「罪の文化」では神と人間との関係を重視し、
    宗教的戒律とか良心といったものを道徳基準とします。

  6. 海外に長く住んでいると、自分の国がとてもよく見えてくるものです。人は往々にして欠点に目がいくので、フランスに住んでいるとフランス人やフランスの悪いところが目につき、日本を美化しがちです。でも日本に戻ってみると、さまざまな現象はその歴史や文化に根ざしたもので、特に日本人が優れているわけでも礼賛されるところがあるわけでもないことがわかる。日本人の場合は、判断の基準が自分自身にあるのではなく他人の目なので、礼儀正しく秩序を守ると見られるだけで、他人の目がないところでは、他国と同じだと思います。自分自身の中に価値基準をもたないため、うつや対人恐怖症、引きこもり、自殺が多いということでしょう。日本人が、自分自身に還る日がくることを願っています。

    • こんにちは。
      AKさんの意見に『なるほど!』と思い、納得しました。確かに海外に住んでいると、日本を美化しがちになりますね。

      それと、こちらに住む日本人に「日本とフランスだったら、子どもを育てるのにどちらがいいか?」と質問すると、たいていフランスがいいという答えが返ってきます。

      理由は、日本の教育では自分自身の中に価値基準をもちにくいから。
      その点、フランスは“自分は何か?”を学ばなくてはならないと。

      良い点もあれば悪い点もある、ということでしょうか。

  7. 私もフランスに住んでいますが、日本人が自国を褒められた時の「でも日本はここが問題だ」
    「あそこが問題だ」という反応も、かなり特殊だと思います。
    その意味で、このコメントの数々は、非常に日本的だと感じました。

    フランス人なんて、掃除をしたことがない、そんな人、ゴロゴロしていますよね。
    掃除は「お金を払って他人にさせるもの」だと思っている。そして掃除をするような地位の人を
    思い切り見下している。
    私は今でも「あなた、勉強さえできればいいんじゃないのよ」と掃除をサボっていた時に
    先生に怒られたことを、懐かしく思い出します。ああ、いい国に育ててもらったな、と。

    キレイであること、治安がいいこと、ほかのすべてのシステムが機能していること、
    それは日本人一人一人の、小さい積み重ねによって成り立っています。
    震災で傷だらけなのに、何とか機能しているのは、日本人一人一人の努力の賜ですよね。

    「母国」と言うくらいですから、親と同じく、離れてみないと有り難さは分かりません。
    当たり前のことが、当たり前ではないと気付くこと、それは単なる「美化」ではない気がします。

  8. どこの国も一長一短で、良いところもあれば悪いところもあるでしょう。

    今回、あれほどの大きな災害があった日本が秩序を保てているということは多くの国で驚きをもって報道されたのは事実です。

    上の方も書いていらっしゃるように、そういうことを言われると「だけど火事場泥棒が」的発言が多く聞かれるのも、本当に日本的だと思います。

    「つまらない物ですが」と贈り物を渡す日本人に「つまらない物をあげるなんて変」と外国人に言われ、困ったというのは笑い話でよく聞きますね。

    引きの文化というか、自分たちのことをよく言われるとこそばゆく感じるのも日本人のDNAにはあるような気がします。

    でも、「こんなことをしている人がいる」とういのを恥ずかしいと思う人がいるから、日本の治安が他国より悪くならないような気もします。

    人の目を気にするあまり、個を尊重しないように言われる日本人。
    今後、世界の中の日本という意味では、色々と変わらなければいけないこともたくさんあると思います。

    ただ、今まではそうやって、ともすれば馬鹿にされていた「人のことを考えすぎる」日本だからこそ、災害時に海外でよく見られるような暴力的な略奪が起こらず、集団的パニックなどにも陥らなかったのではないでしょうか。

    良いところは良いと誇っても良いと思いますし、反省すべきところは今後に活かせば良いと思います。

  9. 日本人は日本のことを卑下する人は後を絶ちまえんが
    海外の人(韓,中除く)で日本のことを悪く言う人はあまり居ませんよね
    日本はまだまだ捨てたものではありません
    日本という国はやはり洗練された特別な国であってほしいと願っております

  10. 東南アジア在住ですけど、「日本って本当に世界一治安がいいのか?」は正直疑問です。

    私の住んでいるところでは、「オヤジ狩り」だの「ホームレス狩り」だのはありません。
    外国は人を襲うには目的があってほとんどは金です。または怨恨など。
    しかし、会社帰りのサラリーマンや家も金もないかわいそうなホームレスが一体何をしたのでしょう?
    そんな人たちを襲う理由が、この富裕な国のどこにあるのでしょう。
    日本は自分で「治安がいいから」と言って市民に武器は持たせませんが、悪い人は意味もなく複数で武器を持って人を襲います。そして被害者になっても加害者の人権ばかりを保護して、善良な市民はほとんど無防備です。
    何の目的もなく襲われる人がいる国の治安が、果たして世界一なのでしょうか。
    本当に治安世界一を誇りたいなら、無目的に無関係の人を襲う犯罪を根絶するべきです。

    • >しかし、会社帰りのサラリーマンや家も金もないかわいそうなホームレスが一体何をしたのでしょう?そんな人たちを襲う理由が、この富裕な国のどこにあるのでしょう。

      えっと・・・裕福なイギリス、ドイツでもありましたよ・・・。無差別に快楽的に弱者を襲う若者。
      youtubeに動画もいっぱいありました。一時期問題にもなってたようです。
      世界は似たり寄ったりなんだと思いますよ。

  11. どうしても日本をこき下ろしたい人って論点ずらして難癖つけてるレベルだね。

    経済が豊かだからと言ってる勘違いさんもいるけど、日本の治安、態度が賞賛されてるのは、
    何も東日本大震災が始めてではない。
    関東大震災後も諸外国の新聞は一様に日本の治安、態度は賞賛されている。

    そして※1
    流言蜚語を飛ばすクズそのものだな。
    ボランティアに参加した場所、窃盗された日付、物資。
    具体的にあげてみな?

    • ※1
      Discount Japan (日本をおとしめる事)を国是としている半島国家が祖国、の不法入国者(密入国者)の子孫、大半の在日朝鮮人がよく流す戦時強制連行のデマ。そっくりそのまんまですよね。

      実際は今日でも日本国内の凶悪犯罪のトップ1と2が朝鮮人と中国人という事実。

      日本の評判を落としてる犯罪者・その張本人は実は在日なのではありませんか?。

      政治屋・マスゴミ・日教組・在日構成員のニセ右翼・在日プロ市民団体のプロパガンダに、日本社会はかなり以前から汚染され続けていますよ。

  12. A「○○の△△な部分に限っては賞賛されるべきだと思う」
    B「いや、でも☓☓な点は悪いし、□□もあるよね・・・」

    会話が成立してない。馬鹿かと

    • 日本人は褒められることに慣れていなくて、着ている物を褒められても「安かったんですよ」って聞かれない事言っちゃうし、態度を褒められたら「言い訳」ができなくてエヘヘと頭をかくだけ。

  13. 窓割れ理論と震災は関係ないだろ、何考えてんだ・・・・・。

    なぜ日本は犯罪が少ないのか?震災が起きても治安が良いのか?町が常に清潔に保たれてるのか?

    私も経済とかいろんな側面から長年考えてみたが、結局これはもう「日本人だから」としか言いようがない。

    1865年の江戸時代の日本にシュリーマンが来日し、その旅行記が残されているのだが読んでみてわかるのは当時から「日本人は日本人である」という事。興味のある人は読んでみるといい。

  14. 魏志倭人伝でも日本は治安のいい国だったし、災害が多く自然が豊かな島国の国民性かな?と思ったり。

    人口流入が少ないから、助け合った方が生存競争に勝てる特殊な場所。災害は、権力者も貧民も同じように死んだり生き残ったりする人間だと分からせてくれるし、いざというときに頼りになるのが権力者や金持ちといった肩書きでなく、人間性そのものに寄るというのも、分からせてくれる、それが災害だと思う。

    大陸は奪い支配するのが得意な遺伝子が生き残り、日本など島国では、協力し合い尊重し譲り合うのが得意な遺伝子が生き残ってきた、そんな結果に見える。

  15. 放っておくと悪化・・・深い言葉ですね
    外国人(中国・朝鮮人)がどんどん入り込んでいるのを
    見てみぬフリしていたらこんな状況になったりしますし

    【インタビュー】中国残留孤児と留学生はこうして日本を喰い荒らす、政治家も文科省も無責任だ!-元警視庁通訳捜査官・坂東忠信[01/03]
    ttp://blog.livedoor.jp/dazai3/archives/51973192.html?1325736380#comment-form

  16. 震災があった直後は色々窃盗があったってニュースでやってたよ。
    関係ない人も水買い占めたり…

    それに日本人はみんながやってれば赤信号でも渡るし、やってなければ青信号でも渡らない。

    表面的な美しさは意識してるけど、中身はなにも意識してないよ。
    歌舞伎町を綺麗と呼べる外国人はほんとすごい!さぞ街が大変なことになってるんだろうね。

    安全な国なんてどこにもない。とくに女性はね。
    日本でも犯罪は多いよ。ただ、外国と検挙の仕方が違うからいい結果になってる。
    外国と同じやり方なら犯罪件数はすごい増える。

  17. 日本よりも落書きの多いフランスを転々とし、暮らしてみて感じるのは、『日本人は公共の場をきれいに使おう』という意識が高いということ。これは良い事。
    これは親や学校教育によって、「他人に迷惑をかけてはならない」と、幼い時からきちんとしつけられている日本人が多いからだと思う。『常に他人を思いやることができる』というのが日本人の特徴であり、国民性ではないか。
    他人を思いやるのは大切だが迷惑をかけてない人などいないから。日本人は自分に貯め込んで壊れわれる前に人に助けを頼めよと言われる。礼儀正しいが冷たいと言われる点であり他人に迷惑をかけてはならないなんてやめるべきで困ったら助けを求めようそして他人の迷惑を受け入れよう改善すべきと思う。
    今回の震災によって、多くのモノが壊れたり失ったりしたが、日本人に『他人を思いやる精神』が根付いているおかげで、欧米のメディアが予測するような混乱が日本では起らずに済んだのだと思う。
    思いやりの精神は大事

    その点、フランス人やアメリカ人などは「他人の迷惑」よりも「自分の都合」を優先する節があり、それがよからぬことも『ま、いっか』で済ますようになるのだ。