机の上のかわいいペット、ロコボ

日本といえば、かゆいところに手の届くような画期的な発明で海外でも有名です。しかし、そんな日本の発明も外国人から見るとWeird(奇妙)に思えたり…。そこで今回は、英語サイトblindloopに寄せられた、日本の奇妙なおもちゃトップ5をお送りします。

 

1動きはまるで本物の昆虫!『ヘクス バグ ナノ』

タカラトミーグループの玩具メーカー、タカラトミーアーツから去年7月より発売されている昆虫や甲殻類のように動き回る不思議な生命体(見た目はICチップ)を模したロボットおもちゃHEX BUG nano(ヘクスバグナノ)。この商品は、その形状と動きから昆虫や甲殻類などと錯覚してしまうほどのクオリティを持っている。超小型モーターとボタン電池を搭載し、携帯電話機のバイブレーション機能と同じ仕組みで本体を振動させ、その振動を本体左右にある12本の足に伝達させることで、前方、左右に不規則に動き回るようになっている。まるで意思を持つ本物の生き物のようだ。アメリカで最初に発売されて以来、現在までに全世界で累計約1000万個を売り上げている商品である。価格も924円(税込)とお手頃だ。

2机の上のかわいいペット、『ロコボ』

こちらもタカラトミーの商品。デスクの上で「飼える」手のひらサイズの気まぐれペットロボットが、ロコボだ。デジタル系電子ペットというと「たまごっち」が世間に広く知られているが、それと似たように顔の部分が液晶画面になっている。そしてその画面(顔)からさまざまな表情を映し出していく。さらに、ロコボ内には音センサーが内蔵されており、ユーザーが声をかけたり手を叩くと、その時のロコボの機嫌次第で喜んだり怒ったりもするという。機嫌が良くなる。機嫌が良くなれば目がハート型になったり投げキッスをしてきたり鼻歌を歌うが、機嫌が悪くなるとサングラスをかけてグレるらしい。

3“H”に反応する、『H坊や』

メールやインターネットをしている最中に「H」キーが押されると顔を赤くしたりまばたきをする、ちょっとおませな坊やです。文章作成などキーボードを使用する作業をしている際に「H」キーを押すと何だかムラムラっと来るものがあるのか、顔を赤らめたりまばたきをしたり、、、誰から聞いたのか?どこで覚えてきたのか?また、どこまで知ってるのかは謎のままに、、、エッチと聞くと大興奮の困った男の子”H坊や。パソコンにちょこっと乗る坊やの姿もなんだかかわいいですね。

4君は何個持ってる?『ご当地解剖図巻』

奇妙だけど何かかわいい?株式会はっぴいえんどから発売されている『ご当地解剖図巻』ストラップがこちら。ご当地名産物を会社独自の視点で解剖した根付フィギュアだ。パッケージの内側に詳細説明(ご当地言葉や豆知識)もあって、なかなか手が込んでいる。全国エリアで80種類以上の展開を予定だ。日本好きな外国人へのお土産に喜ばれること間違いなしだ。
ご当地解剖図巻

ご当地解剖図巻

5恋人にあげよう 『自分そっくり人形』

自分にそっくりの人形を、恋人にプレゼントしよう!少し気持ち悪いが、「ちょっと欲しい」「買いたい」といった声も多く寄せられているのがこの商品だ。人形は注文から約6か月間で完成し、自分と同じ声で喋らせることも可能だそう。内蔵マイク、Windows XPがインストールされたパソコン、そして音声認識ソフトがあれば誰でも、『しゃべる自分人形』が作れるそうだ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし