焼き魚の食品サンプル

日本は“かゆいところに手が届く”ような便利な商品が多いことで有名です。海外でも「日本の○○があればヒットしそうなのに…」という商品はたくさんあります。

そこで今回は、外国人に思わず自慢したくなる日本の便利な商品を10コ紹介します。

 

1アイボン

“あったらいいな”をカタチにする小林製薬は外国人に自慢したいメーカー第1位です。小林製薬からは色んなアイデア商品が開発されていますが、なかでも外国人にお勧めしたい商品は『アイボン』。ここフランスで花粉やホコリが目に入って洗いたいときは、目を洗うための『目薬』をしています。目を直接液体のなかに入れ、瞬きすることで洗浄するアイボンのような商品は海外では見かけません。「目にゴミが入った」と目をこする外国人にそっと渡してみたい!ウケること間違いなしです。

2ホッカイロ

寒い寒い冬が毎年やってくるパリ。厳しい冬を越すパリジャンたちに是非紹介したいのが、ホッカイロです。これは日本に留学に来たフランス人がいつも大量に買って、持ち歩いていました。パリジャンにぬくもりを。ロンドンやパリ、シカゴ、ニューヨークなど寒い地域でヒットしそうな商品だと思うのですが…。逆にナゼないのか?が気になることろです。

3泡髪染め

数年前に日本で登場したアワ髪染め。これって海外でも流行りそうな予感がします。海外のスーパーや薬局でも、自分で染めるへアカラーが販売されていますが、そのほとんどが1剤と2剤をヘラで混ぜるタイプのモノです。人によっては常にキレイなブロンドを保つために2週間おきに自分染めをしている人もいます。こなれた手つきでカラー剤を混ぜているマダムに教えたい!とっても簡単にムラなく染められる日本の泡髪染め。

4カバー付綿棒

ただの綿棒ではなくて、ひとつひとつにカバーが付いているタイプの綿棒です。女性なら誰しもが知っていることですが、アイラインをぼかしたり、メイクを直す時にとっても重宝するのが綿棒です。これは日本だけではなく、欧米人女性もメイクの時に綿棒を使っています。カバー付の綿棒は化粧ポーチに入れても綿棒自体は汚れないという点がステキなのです!1つ1つにカバーをつけるなんていう丁寧な包装は日本ならでは!化粧ポーチのなかに綿棒を裸で入れている欧米人女性にぜひおすすめしたいです。

5ヒートテック

さすがはユニクロのジャパンテクノロジー。寒い地方に住む外国人に是非ともおススメしたい日本の商品第2弾です。すでに海外に進出しているユニクロのヒートテックは海外でも好評のようです。ただ、まだまだ日本のようにヒートテック商品が浸透しているわけではありません。あんなに薄くて、あったかい下着は他にはありません。寒い地方に住む外国人へのおみやげにも喜んでもらえる商品だと思います。

6汗脇パッド

 

貼ってはがせるタイプの汗ワキパッドは外国でもヒットすること間違いなしです。夏場になると、脇の汗ジミが目立つ人をよく見かけるので…。1回使い切りなら面倒くさりの人でもOKだと思います。

7蚊取り線香

フランスの蚊取り製品は、コンセントに差し込むタイプのものが主流です。コンセント式蚊取り器も効果はありますが、より風情のある蚊取り線香を外国人にも教えたいです。左の写真のような蚊取り線香専用の豚の入れ物なんかも、海外ではあまり目にしないデザインです。日本の伝統的なお香(incense)で、かつ蚊取りもしてくれるとなると、試してみたいという外国人も多いのではないでしょうか。特に、日本に興味・関心の高い外国人には喜ばれる商品だと思います。

8ウォシュレット

外国人にすすめたい商品といえば、やっぱりウォシュレット。もう、日本人のトイレにかける情熱は一体何なんでしょうか。特に、フランスではトイレの隣りに『おしりや足を洗うための洗面所(写真の中央)』みたいなものが設置されている家庭があります。フランス人の主人の実家に初めて行った時に「ここでお尻が洗えるのよ!」とさも得意げに説明されて、反応に困りました。

9食品サンプル

レストランを経営する外国人におすすめしたいのが、食品サンプルです。本物と区別がつかないほどクウォリティーの高い食品サンプルは海外でも話題を集める予感大です。実際に、日本を訪れた外国人も「日本にはレストランの前に本物そっくりのサンプルがある」という話で盛り上がっていました。

10クレラップ

 

海外のラップはもう、ホンットに使いにくい!引き出しにくい、くっつきにくい、切りにくいの三拍子が揃っています。とっても使いにくいラップを「これはこういうものだ」としてあきらめてしまっているフランス人たちに見せたい!クル・クル・クレラップ~♪のCMを。

写真:Danny Choo

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

8 コメント

  1. え?
    クレラップってもともとサランラップのパクリだったような・・・。
    サランラップは今でこそ日本では旭化成が作ってるけど、もともとというか現在もオリジナルはアメリカ製。
    これは個人的感想ですが、泡髪染めは染まりが悪いし使いにくいですよ。付属ブラシに一剤二剤が
    同時に出てくるタイプが一番使いやすいと思いますが。
    8はビデですね。本来女性器を洗う場所です。誤解なきように。
    ウォシュレットはTOTOの登録商標で、このビデをヒントに作り出されたものですね。一般名は洗浄便座です。

    • >クレラップってもともとサランラップのパクリだったような・・・。
      >サランラップは今でこそ日本では旭化成が作ってるけど、もともとというか現在もオリジナルはアメリカ製。
      この話のポイントは発祥がどうこうではなくて、「使いやすさ」の部分ではないでしょうか?

  2. 泡髪染めはアメリカでも売ってるよ。日本とアメリカのどっちが先きに売り出したたはわからんけど、ロレアルからも売ってるしCMでもバンバンしてるから泡染めはかなりポピュラーになってきてる。
    あとサランラップはアメリカの方が使いやすいのがあるし、日本には無い仕様だからむしろ逆に日本のメーカーが取り入れてほしいくらい。

    外国人に自慢したいというか、フランス人に自慢したいって内容な気がするんだが。
    アメリカとフランスじゃかなり違うし、商品のチョイスがなんか微妙。。。全然共感出来なかった。

  3. 1-中近東で類似品(アメリカ製)が売っていたので探せばあると思う。
    2-デカトロンに売っている
    3-ロレアルの製品でフランスの普通のスーパーで手に入る
    5-フランスにもユニクロがあり買うことができる、デカトロンでも類似品手に入る
    7-渦巻き型の蚊取り線香は手に入る、雑貨屋を探せば中国製などで手に入る
    8-TOTOはヨーロッパにショウルームある
    10-賛成

  4. アイボンはgoogle検索すると関連に「危険」や「目に悪い」
    とあがる位なので、おすすめはやめたほうがいいと思います。

    アイボンなどのカップ型の目に当てる洗眼は目に良い? 目に悪い? 
    頻繁にしているとドライアイがひどくなったり、角膜に傷を作ることも

  5. ホッカイロはアメリカのスポーツ用品店に並んでる(特にスキーとか登山グッズが充実してる店)。DC付近でも見かける。ここ何年かで普及率上がったけど、一応10年以上前から売ってた。その前はスポーツ店なんて見向きもしなかったから知らないが。

    >逆にナゼないのか?
    薬局で探してたんじゃないのかな。薬局ではあまり見かけない。期待とかけ離れてると探しものって見つけにくいし。仮にスポーツ店行った事あっても、意識してなきゃカイロなんて普通に見逃すと思う。

  6. 蚊取り線香は、アース製薬や金鳥が東南アジアへ売り込みに行った時に、日本の蚊と現地の蚊が除虫成分への耐性に違いがあって、日本製のものでは効果がなかったという話です。それで現地の蚊に効く除虫成分を改めて見つけて、現地用線香に使った経緯があります。
    実用性に関しては、日本の蚊取り線香を海外にそのまま持っていっても、あまり蚊取り効果はないと思っておいた方がいいようです。
    日本の風情を楽しみたいだけなら構いませんが。

    それならむしろ「蚊帳」を輸出した方がいいかもしれません。子供はあれに異常に反応しますので。