日本人と結婚すべき論は間違いだ!

日本人は日本人と結婚するのが一番いい。

そう信じている人は意外と多い。しかし、私はこういった意見を聞くと、徳川幕府の鎖国政策のようなとても閉鎖的な印象を受ける。ヒト・モノ・サービスがめまぐるしく、世界中を行き来する現代で、「日本人と結婚すべき論」はとても時代遅れのような気がする。

とはいっても、日本人と結婚するのが一番いいと唱える人の言い分もわからなくもない。私自身、フランス人と結婚し、こうしてフランスで生活しているが、国際結婚は日本人同士の結婚に比べて“苦労が多い”というのも事実である。フランス語はまだまだ勉強中の身であり、一生フランスでやっていけるだろうか?という不安もある。他にも、彼の家族とはうまく打ち解けられているだろうか?とか、彼に頼りすぎてはいないだろうか?とか、子どもの教育はどうなるのだろか?とか…。不安要素を挙げれば切りがない。

今は私が彼の母国で暮らしているが、2人で日本で暮らしていたころは「彼は日本人の友達とうまくいっているだろうか」、「家族に会えないで寂しくないだろうか」、「外国人という“無力感”を感じてはいないだろうか」と、あれこれ思いを巡らせていたものだ。国際結婚で、2つの国の両方に住むというのは難しい。どちらかは“外国人”として生きなければならない。夫婦2人の母国が違うというのは、それ相応の壁となる。

しかしそれでも、日本人と結婚するのが一番だとは言い切れないのではないというのが私の考えだ。そもそも、「日本人は日本人と結婚するのが一番いい」という、その発想自体がナンセンスだと思う。

私の知る限り、「日本人は日本人と結婚すべきだ」と唱える人は、以下4つの根拠を元にしている場合が多い。

1. 文化、結婚観、家族観などの異なる外国人とはわかりあえないと思うから
2. 言葉の壁があるから
3. 国際結婚は離婚が多いから
4. 自身が国際恋愛or結婚で失敗したから→ 省略

まず、1の「文化、結婚観、家族観などの異なる外国人とはわかりあえない」と考える人だが、この考えの究極は「“異”は理解できない」ということになる。確かに、日本人同士なら文化、家庭、仕事などあらゆる面で似ている。似ているから理解しやすいというのもわかる話だ。だが、本当にそうだろうか?似た者同士だとうまくいくというなら、同じ町で育ち、同じ学校に通い、同じ大学に行った幼馴染との結婚が一番いいということになる。むしろ、根本的に似ているのがいいというなら、同性と結婚すべきだ。外国人という“異”を同じ人間として捉えられないというのであれば、異性も受け入れられないのではないだろうか。男と女という時点ですでに、相手が日本人であっても、外国人と結婚するようなものである。

2の「言葉の壁」は、国際結婚ならではの障害と言える。中には全く会話の出来ない(共通言語のない)カップルもいるが、あれは私にはよくわからない謎なので、ここでは英語なり日本語なりの共通言語があり、意思疎通に問題のないカップルに限定して話をする。

例えば、あなたが何かにムカついていてムスッとしているとしよう。それに感づいた彼が「どうしたの?」と聞く。あなたは「何でもない」と答える。この「何でもない」という言葉のニュアンスを日本人ならうまく感じ取ることができるだろうが、フランス人だと「本当に何でもないんだ」で終わってしまう。言葉の持つ意味は日本語とその他の言語で異なるからだ。

しかし、これは何も国際結婚に限った話ではない。たとえ結婚30年の日本人カップルでも、夫婦2人とも日本語のネイティブスピーカーでも、人間同士のコミュニケーショというのは難しい。日本人同士でも性格が真逆だったら、使う語彙もその意味も変わってしまう。先ほど例に挙げた妻の言う「何でもない」という言葉の意味を旦那は理解し、学習していかなければならないし、その反対もまた然りである。日本人同士でも長い夫婦生活の中でコミュニケーションを怠り、すれ違いが当たり前となってしまえば、相手のことがまるで理解できなくなってしまう。そうなれば、お互い日本語で会話していても、“共通語”では会話していないことになる。

日本語同士だからと、安心しきってしまうのはいかがなものかと思う。例えパートナーが日本人で、あなたのよく知る日本語で会話をしていても、あなたのパートナーの意味することは違うかもしれない。相手の意味することを理解しようとする努力が必要な点では、相手が外国人であっても、日本語以外で会話する場合でも、同じである。

第3に、国際結婚は離婚率が高いからやめた方がいいという人がいる。確かに、国際結婚の難しさはどこでもよく指摘されるし、統計でも簡単に調べられる。それに先ほども述べたように、国際結婚は越えなければならない壁も多い。それがリスクとなり離婚に繋がるのも事実であろう。ただ、実際に国際結婚している者からしてみると、結婚のなかの国際結婚だけを別枠にして離婚率のデータを取ること自体に違和感を感じる。なかでも、○○人との離婚率は〇%といった国別での統計も意味が分からない。自分の伴侶をいつまでも“外国人”として捉えること自体が間違っているのではないだろうか。恋愛や結婚、人間関係において相手を自分とは違うものとしてしか捉えられないのならば、結婚や恋愛はおろか、あなたは日本人以外と付き合わない方がいい。

日本人は日本人と結婚するのが一番いいというのは、間違っている。必ずしもそうだとは言い切れない。

あなたが日本に生まれ、日本で育った100%日本人でも、日本の社会があなたに一番ピッタリくる世界だとは限らないのと同じことだ。

それ以前に、男女であるだけで外国人同士のようなものなのだから。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

26 コメント

  1. こんにちは。

    日本人は日本人と結婚するのが一番いいということですが、こういう考え方(結婚は同じ民族、宗教間で行われるべき)はどこの国にもあります。フランスでも旧植民地からの移民が増え街が混沌としてきていますが、それでもかたくなにフランス人はフランス人と結婚するべきであるという層は一定の割合で根強く存在しているわけです。ここでいうフランス人とは単にフランス語が流暢であったり、フランスの市民権を所持しているということではなく、肌の色であったり、生い立ちであったりといわゆる「生粋のフランス人」という意味です。(悪戯に国際結婚が増えている旧宗主国ではそういった純血を守るという民族主義的な思想が再び台頭してこないとは言い切れないのかもしれません。人間の歴史は同じことの繰り返しですから)

    さて国際結婚とドメスティック結婚の相違点はリリーさんがおっしゃることを一まとめにすると
    「加点方式」か「減点方式」かということです。

    ドメスティックの場合、日本語が話せて当然、朝から味噌汁が作れて当然、XXXができて、理解できて当然からスタートするわけですから、「この味噌汁おかしくね?」「なんでこんなこともできないの?」「同僚の奥さんはできてるのにどうしておまえは?」といった減点方式をとっていくわけです、スタートが100点から始まるからね。どんどん減っていくわけ。(むしろ恋愛関係のころがピークかも?)これは当然奥さんも旦那さんに対して減点していくわけです。相手に対する貯金100点をたまには増えながらも確実に減っていく。そして0点になった時点でゲームオーバー。「離婚」なわけです。熟年離婚もその類。0点になっていることに気付かない、気付いても離れられないという複雑な問題も含む。

    ところが、国際結婚の場合「できなくて、わからなくて当然」なわけで、ここからスタートするわけです。つまり0点からスタート、点数を一緒に増やしていこうね、といったら大袈裟すぎるかな。たとえば、金髪で目の青い奥さんが朝から味噌汁を作っていたら具にセロリが入っていても切り方が大雑把でも「まぁまぁ・・・」と大目にみれるわけです。それよか、頑張ってくれてるなぁ、と。手を取り合って理解しあっていける達成感は実感できるのではないでしょうか。加点方式ですから。もちろん問題もあります。貯金していくはずが、一向に点数がたまらない!0点から15点くらいまでは貯めたものの一行に増える気配がない。むしろマイナスになってしまった!はい、離婚です。韓流ブームで韓国人男性と結婚しても、改めて韓国の儒教の影響が強い閉鎖的な文化に「こんなの聞いてないよ~」ではもう後の祭り。外国人との子供を連れてる日本人女性は日本の閉鎖的な社会によってさらに苦しむかもしれません。(さらにアメリカでは日本人の奥さんが旦那さんの同意なしに勝手に離婚したからといって子供を日本には連れて帰れません。誘拐とみなされますのでご注意を)

    まぁそういった点数ゲームをそれを達成感ととるか、虚脱感ととるか。

    ただ、国際結婚が達成できる人はそんなに多くはないし、特に島国である特異な文化を持つ日本人からすれば大変であるような気がします。むしろ国際結婚がポピュラーになる必要もないわけで。それを勘違いして「ふさわしくないレベルの人達」が例えば、(日本人女性の場合)国際結婚を単純にオシャレな白人男性との恋愛の延長線上と捉え安易に結婚してしまうと、あとでこんなこととは思わなかった!とギャーギャー騒ぐわけです。同胞からはビッチと蔑まれる所以です。恋愛と結婚はやっぱり法律を見てもわかるようにいろいろな面で大きく違いますからね。他にも日本人男性の不細工君がキレーなロシア人女性を連れてたら・・・みんなわかってしまいますよね、どーいう関係なのか。

    このほかにも「ふさわしくないレベルの人達」が母国の経済発達によって達成できてしまうことに海外旅行があげられます。これも同じことです。英語も出来ない人が、海外旅行できる時代になってしまいました。金だけ持ってる人が増えてきたからそういう人相手に商売しようという業者が充実してきたということでしょうが、マナーができてない旅行者が多いような気がします。みんなでつばの長い帽子かぶって行列作って、日傘さして、ニューバランスのまっさらなスニーカーはいて・・・異様ですよ、現地の人たちからすれば。そのくせ現地の人たちは「檻の中動物」同然、一切個人的なコンタクトを取ろうとしませんよね。「迷惑かけてないからいいでしょ?」なんでしょうが、うーむ。しかしなぁ・・・。クロアチアに来る旅行者もアドリア海は綺麗だといいながら、現地や他の欧米旅行者に混じって泳ごうとはしません。水着さえ持ってきてないんじゃないかな。終始「一方的な見物者」でいたいんでしょう。自分たちこそ「見物」されてるとも気付かずに。

    ようするに「すさわしくない」のに「できちゃってる」人達なんだと思います。

    国際結婚は日本人男性は、中国韓国や、東南アジア系の女性と、日本人女性は白人男性と結婚することが多いですね。後輩がカリフォルニアで働いていますが、日本人のカップルは必ずといっていいほど白人アメリカ男性と日本人女性。日本人女性はメキシカンには興味ないのかな?あと、日本人男性のカップルは少ない。日本人男性も頑張れよ!といいたい。

    日本人(アジア人)は女性が白人男性からは人気。日本人女性も白人男性が大好き。(なので相思相愛になりやすい)やっぱりどうしても逆はあんまりないかな。ぼちぼちあるけど、まだまだマイナー。理由はいくつかあるけど、イタリア人男性(欧米の男性は概ね共通、狩猟民族ですから)の下手な鉄砲数打ちゃ当たる作戦、恥じず日本人男性も率先するべきなのかもしれませんね。

    話がそれましたが、国際結婚OKな人にはOKでいいんじゃないですか。日本人には日本人こそ、フランス人にはフランス人こそが幸せになれるカップルなんだと信じてる人もそれでいいと思います。ただそうじゃない人たち(自分と違う価値観を持っている人達)もいるんだなぁ、くらいに気楽に考えておけば。

    今日は雨で寒いです。家でぬくぬく。

  2. 国際結婚は、国際結婚自体をしたいからするもんじゃなくて、人生においての成り行き上のもんじゃないですかね?
    あと、日本人男性が海外に移民した場合にアジア系以外と結婚する確率(まあ、この場合は妻が白人としましょうか)は、他のアジア系より最低でも3パーセント以上高い16パーセントぐらいになっていてアジア諸国の男性の中では1番多いので、まあぶっちゃけ「要らぬ心配」というやつです。

    でも日本人の男性が白人と結婚したがらないのは「シャイだから」ではなくて根本的に「白人の女性に性的魅力を感じてないから」という方向で考えてみてはどうでしょうか?
    「日本人男性で白人女性に性的魅力を感じる人間は多くないのではないか」という仮説をもとに日本国内でのいくつもの不可解な現象に目を向けて見れば、かなり多くのことに説明が付いてしまいます。
    たとえば、アダルト雑誌でのヌードグラビアからはなぜ白人女性が駆逐されたのか? アダルトビデオではなぜ「白人」カテゴリーは「老婆」カテゴリーよりもマイナーなのか?

    嘘だと思うならレンタルビデオ屋に行けば、日本人の男の正直な下半身の本音が出ています。ただ、日本人の男はこの「発見」を口に出して大いに宣伝したりはしないだけで。
    そして、大多数の男が外人女性に性的な魅力を感じていなくても、感じてる少数派はちゃっかり結婚「できてる」から問題はないのではないでしょうか?
    男性の場合は、魅力を感じてないサイレントマジョリティが「人種差別を疑われて」慌てて言い訳しなくても済むレベルで頑張ってくれているというわけです。

    • オーストラリア留学していた時、私の男友達(20代前半)の殆どがとりあえず外人さんとH経験したいと頑張っていました。もちろん真剣に交際をしてた方も居たけど。

      魅力を感じなくてもとりあえず外人さんと経験はしてみたいものなのかな??

      • そりゃまあオーストラリアみたいな英語圏という以外になんのメリットもなさそうな国に留学する人なら、外人女性が目当てで留学してるマイノリティ立が高いでしょう。

  3. うーむ、正直で貴重な意見ありがたいです。

    ただね、

    国際結婚=性的魅力=日本人のオトコの正直な下半身の本音(?)=アダルトビデオのカテゴリーの豊富さ

    にいきつくのはちょっと無理があるかな。飛躍しすぎ、というか。
    (まぁ、本音をいうとなんとなくいいたいことはわかるんですけどね、男として)

    アダルト雑誌でのヌードグラビアからはなぜ白人女性が駆逐されたのか?
    にもちょっと無理があるかな。

    先にも言ったようにアダルトにくっつけるから歪みがでるわけで、ファッションモデルやCMでいいでしょ?日本の雑誌やCMで白人は駆逐されたのですか?(ここ2年半ほど帰国していなのでもしかしらそうかも?でもたぶんそんなことないんじゃないかな)

    白人は人気がなくメディア方面から駆逐されたとは言いにくい状況が日本にはそろっているでしょう。日本の歌にはオカシナ英語を混ぜたものが多いし(タイトルまでも)、日本国内でのみ発売されている国産車に外国人のモデルはオカシイのです(外国人にはそもそも乗る機会がない)、電化製品も同じ。そもそも魅力を感じない人種はモデルにはなりえません。モデルっていうのはその通りモデルですから。

    こういうコメントそのものが結婚相手や白人女性を性の対象ととらえているような印象を受けます。

  4. 結婚というのは性交渉を避けて通れないので、性的嗜好がファクターとして絶対に絡みますよね?
    ファッションモデルやCMを見るのと結婚は大違いでしょう。あと歌の歌詞に英語が使われてる件ですが、それはどこの国でもそうですよ。日本に限ったことじゃありません。
    最近のCMですが、外人の「女」が出てるCMなんてほとんどありません。目立つのはブルース・ウィリスとジャン・レノで、どっちも男でしょう? それ以外に白人女性がCMに出てる具体例を挙げて欲しいです。ムシューダぐらいじゃないですか?

    そもそも、アダルトにくっつけないから「性的嗜好」という部分で説明が付かないわけです。

    日本人の男がシャイだというのも実は根本的に大間違いで、いわゆる「ブスほど草食系男子という言葉を使う現象」が起きてるのが実情です。
    これは「性的に興味がない」という状況を想定せずに男を語ろうとするので、「口説かない=草食系」というミスリーディングを起こすわけです。

    あなたは白人女性が好きなようですが、申し訳ないけど正直言って少数派です。だって需要が本当に無いんだから供給されないんです。
    逆に韓国や中国や日本でかわいい女の子に日本の男について聞いたら、絶対に「草食系男子」とは言いません。日本人の男は積極的ですよ「自分の性的嗜好の範囲に入ってる限りは」ね。
    だから少数派の外人もいけるクチの人が、他のアジア人より高い確率で外人と結婚しているわけです。これ以外では、残念ながら説明が付かない。

    ちなみにgoogleではいろんなアクセス統計をみることができますが、アジアで最も白人が好きなのは韓国で、なぜそれが分かるかというと白人モデル専門のアダルトサイトへのアクセス数が世界一だからです。
    ちなみにその統計では日本は40位ぐらいで、OSの使用言語別ランキングでも40位ぐらいになっています。日本国内からのアクセス統計でも日本語OSからのアクセスは半分程度で、残りは英語かポルトガル語のOSから接続されています。この人口の多さで40位というのは、実は洒落になっていません。人口で割ると、ビリに近くなるからです。
    そのうえ、もともと少ない接続の内訳の約半分が、日本に住んでいるブラジル人とかアメリカ人によるものなわけです。

    自分がこの事実に気付いたのは、あるアダルトビデオの営業だった人が
    「日本人の男が本当に白人女が好きだったら、俺がこんなに売れない洋ピンで苦しんだわけがねえだろ!」
    とブチギレていたからです。
    実は「日本人の男が白人好きだが意気地なしなので声をかけられない」という物言いに違和感を感じてたので調べてみたら、結果はこういうことだったというわけです。
    なんで声をかけないのかを追求してみたら、「実は大多数が興味が無かった」という事実に突き当たったわけです。
    それでも海外ドラマや映画を上げて反論されるでしょうが……彼女らは服を着ていませんか?

    しかもそれ、男性向けですか? 本当は女性向けじゃないですか?
    日本人の男をターゲットにしたCMで、外人の女性を起用してるものは、実はほとんどありません。
    「日本人の男にも性的嗜好があり、外人を好きなのはどう統計をとっても少数派」
    という事実は、まあ白人が好きな少数派男子の頑張りで何とかごまかせていますが……日本人までこんな勘違いをしてるのはいささか心もとないところです。

  5. >こういうコメントそのものが結婚相手や白人女性を性の対象ととらえているような印象を受けます。

    最後の段落のこのコメントにも答えておきますか、自分が反論するのは基本的に「多数派と勘違いした少数派の発言」に対してです。たとえば

    ・白人の女に対して日本人の男は消極的だから頑張れ的なもの
    ・俺たちの世代はみんな尾崎豊のファンだったのに今どきの若者は彼のメッセージが分からず嘆かわしい的なもの

    どれも、自分が少数派だと知らない人たちによる、大いなる勘違い発言です。
    尾崎なんて、流行ってた時代でもファンなんて10人に1人ぐらいしかいなかったのに、今平気でこういうことを言う元尾崎ファンの痛い中年が増えていて、同世代的にとても申し訳なく、心を痛めています。
    尾崎豊を持ち出したところで理解していただけていると思いますが、尾崎豊ファンでないのと同じように白人女性に対しても思うところがありません。まあ、そういうことです。

  6. 私は、「同国人とだけ結婚する。」と言い張る人は、その人が何人であれ、結婚を政略結婚か何かみたいに見ているんだなあ、と思うことがあります。
    それが、先進国の白人だった場合、ステイタス的なものも感じます。
    その昔、古代エジプトの王族は自分達の血を「神聖」として、王族以外との結婚を禁止していたことがありました。
    「同族」を好む、というのは、安心感もあると思います。
    未知の人間を見て、恐怖を感じる人も多いでしょうからね。

    ただ、私は逆で、人を好きになるのはインフルエンザにかかることと同じで、そういう人間に対する「抗体」を持っていないので、発熱し、好きになってしまいます。
    知らないからこそ、知りたい、と思うのです。
    問題は、遅かれ早かれ、いつかは「抗体」ができてしまうことです。
    完全に冷めて(覚めて)しまいますからね。
    だからこそ、お互いに「未知な部分」、や「異人的なところ」、「いまだ、征服されず的な部分」はキープした方がいいと思います。

    同国人との結婚のメリットは、外国暮らしをしている場合の休暇の帰省先も迷わず「日本」となる点ですね。

    「同じ国の人間の方が理解できる。」というのは疑問です。
    私は、同郷の、同じ親から生まれ、一緒に育った兄弟たちですら、たまに別の惑星の住人なのではないか、と思うほど、違和感を感じる時がありますから。

  7. 価値観が違うほど努力の量が増えるのは確かですよね。
    それがめんどくさいか、もしくは越えられないわけです。
    相手がフランス人なら自分と相手だけの価値観だけを考えれば済むかも知れませんが、
    これが中国人なら相手の親兄弟親戚の意見が最優先になります。年上の言うことには彼も逆らえません。
    自分が完全服従することになります。
    これは相手が日本人でさえあればしなくていい苦労です。
    それに加えて言葉の壁があります。めんどくさいです。ひたすらめんどくさいです。

  8. ナンセンスなのはお前だ、さっさとフランスに移住でもして消えろ。
    先祖を粗末にしたり家族を粗末にしてる考えが国際結婚、大勢の人の犠牲を気にせず勝手気ままに好き放題な発言をして何が時代錯誤なのか?そういう貴方のほうがお花畑的な何でもかんでもガイコク賛美で本当に時代錯誤していと思う。海外ブームな60年代の発想すぎて本当の時代錯誤ですよ。50年は遅れた思想です。

  9. 同国人、同言語の方がいいに決まっているでしょう。 

    ましてや、旦那さんの祖国で暮らすなんて相当狂っていると思いますよ。  国際結婚がベストな状態で維持できるのはは奥さんの祖国で暮らすことです。  貴方も早く旦那さんをトレーニングされた方がいいですよ。
    そのうちに我慢が出来なくなり気持ちが離れていくことでしょう。 

    日本がフランス人が住むに耐えれる国か考えると、これは無理ですね。 

    日本人男性はやは外国語が出来ない、それ体格や見てくれの問題がありますからね。

  10.  フランスが移住に最適かどうかは別として、残念ながら日本人男性は女性を性対象になるかならないかで判断するような連中が多すぎます。「処女でないと無理」「日本女はオワコン(流行が廃れたコンテンツ)」を平気でいうような男とは結婚どころか交際も無理でしょう。
     また、夫婦関係についても、男性は女性が共働きしてくれることを望む一方で、家事負担は女性に押し付ける傾向があります。専業主婦は腹がたつけど自分は家事をしたくない、が本音のようです。日本人男性との結婚は、よほど相手が理解ある人でない限り、ただ単に負担が増えるだけです。

     日本人男性と日本人女性では価値観や意識が大きくずれていっています。ここまできたら、日本人を純血で残していくなんて、両性のどちらかに相当な我慢を強いるだけです。
     女性にとっては、男女同権が進んでいる国に逃亡して結婚した方が幸せになれると思います。異なる文化圏で、男性と同等に生きていくだけの能力と心構えに自信があれば、日本人女性は日本を出るべきです。仕事の上で性別による障害を感じる事もない。セクハラや性犯罪で泣き寝入りすることもない。女性、母として生きながら働くことを可能にする社会的環境が完備されている。
     あと、お下品な話ですが、日本人男性ほどエロゲに汚染されていない男性は、あなたに口淫など屈辱的な性行為を要求することはありません。日本人男性は仮想・理想の女性像を崇拝しすぎていて、あなたがそれに合わせることを求めますが、現実の女性像と共に生きている男性はそんなことしません。

     日本人女性は、自分を押さえ込まずに生きることを許してくれるどこかの外国人男性と。
     日本人男性は、伝統的な価値観もしくはただ日本にいたいってだけでしっかり自分に仕えてくれる外国人女性を見つければいいんじゃないでしょうか。「古来の女性のあるべき姿」をふりかざす保守派男性は、現代を生きている女性にとってもはや息が詰るだけです。
     日本人が日本人を尊重できない国なのだから、もう昔のままの日本を存続していこうなどと思わないほうがいいと思います。
     
     
     
     
     

    • 海外の性犯罪は深刻です。
      それこそ日本とは比較になりません。
      「男女が平等に働く社会的環境が整っている欧米」でさえも、性犯罪に関しては日本の比ではありません。

  11. はは。グロバカここにキワマレリ。恋愛は個人の自由だから勝手にすれば良いが、結婚は責任がつきまとう。鎖国だなんだと一般的な日本人の当然の判断を貶めたところで、わざわざ周りに要らぬ迷惑掛けてまで国際結婚するヒトには自分の感情でしか状況を判断してないヒトが殆ど。この主の意見も、主の都合の悪い意見を罵倒してるだけで、公平とはとても思えん。福島みずほかナントカ陽子かってくらいに、自分の脳内お花畑を他人に押し付けて悦にいるインテリぶったおバカさんだと確信出来るわ。

  12. コメント欄を見ていてもわかるのですが、日本では国際的な話になると途端にヒステリックに批判し始める人が多くいます。

    彼らは「白人コンプレックスはでていけ」などというのですが、逆です。
    彼らこそが外の世界や文化に必要以上に恐怖を感じており、排斥しようとしているわけで、白人コンプなのです。

    知人(日本人)は、英語を話している日本人を見ると殴りたくなる、といっていました。笑
    どうしようもない連中です。

    劣等感のみならず、国際化への恐怖の表れかと思っています。

    国際化に迎合、必要以上に美化・讃美する必要はないが、攻撃するんじゃないよ。
    排外主義に走るな。
    それは無知からくることだから、まずは学べといいたい。

  13. 歪んだフェミニズムに踊らされて我侭放題のお姫様気取りは確かに西欧にでも移住したら良い。
    女であるというだけで十分な努力もせずに男女平等を盾に男に一方的な譲歩を迫るのはどこの国でも迷惑でしかない。白人コンプ?排外主義?ただ単に自分の母国の歴史も伝統も知らん”無知”が他人を無知だと馬鹿にしてるだけだ。排外主義とか学べとか、ファンタジーな歴史を日本人に押し付ける隣国人と全く同じ言い様だぞ?笑

  14. 両親に関することが全く記載されていない。
    日本人同士の結婚でも言える事だが、お互いの実家が離れていればそれだけ結婚が難しくなる家庭も少なくないことを考えて欲しい。
    特に欧州人は日本人より両親を大事にしており、実家と離れて住みたがらない気がする。
    国際結婚ならば尚更考慮すべきだし、当人同士のみでは解決できない問題(宗教等含め)を孕んでいるのではないでしょうか?

    両親の老後は金を払って老人ホームに送る、又はどちらかの両親を嫌がっても異国に連れてくる?
    どちらにしても良い結果になるかは難しいので「ナンセンス」と言う書き方は宜しくないかと。
    海外志向の日本人の多くが周りを顧みない人間が多いので両親のことを気にかける人は多くなさそうですが。

  15. 昔から嫁いだ先に逆らわずに同化していくのが女性の能力とすれば、国際結婚も同じ。新しい人生の始まりです。
    親の問題は日本人と結婚していても近くに住めずに老人ホームのお世話になることありますね。

    あとは人生の変化に同じ早さで波を乗り切って行けるかです。船から振り落とされた国際結婚カップルが多いのは事実ですから。

    離婚率の高い国では我慢して乗り切ろうというガマンがそもそもありません。気が変わったらそれまでです。

    気の変わるパターンは、妊娠・出産・昔の恋人・育児中・失業・就職・転居・ペットの死など。妊娠や出産は女性にはうれしいニュースでも男性には自信が揺らぐ大きな出来事にストレスとなることがあるのです。

  16. とりあえずここのコメ欄見てるだけでも、

    日本の枠内でだけ結婚を考えることの馬鹿馬鹿しさはよくわかる

    日本人男性ってのは、自分と意見が違う女性は「バカ」「フェミ」で片付ける習性がある…
    女性誌がこぞって国際恋愛(もっぱら韓国だけどね)を記事に取り上げて、それがそこそこ好評を博すのも無理ないね

    • 基本的に、日本より外国の方が処女信仰が強いですよ。
      というのも、そもそも処女信仰は牧畜が盛んな文化圏から輸入された概念です。

      家畜飼育のノウハウを人間=動物の一種という考えで適用すると、どうしてもそれが処女信仰になるからです。そもそも文明開化以前の日本では、処女=結婚してなくて実家に住んでる女という意味しかありませんでした。今で言う女ニートです。

      日本の男を叩くのはいいですが、根拠が「知識」ではなく「無知」に根ざしているのは感心しませんね。

  17. 女性誌なんかの記事を鵜呑みにして国際結婚したいと思うようなオツムの人じゃあどのみち結果は見えてるよ
    外国人に幻想抱いて痛い目を見るのはその人だし勝手にすればって感じだけどね

  18. 別に何人と結婚してもよくない?
    日本人は日本人と結婚するのが一番って思ってる人はそう思ってその通りにしてればいいし、日本人以外の人と一緒になりたいって人はそうすればいいんじゃないの?別に誰も責めないし、強制なんかしてないよ。今の時代はどこの国の人も価値観が多様化してきてるんだし、そんなに社会の風潮とか伝統とか誰かの言うことで自分を縛り付けなくてもいいと思う。「外国人」に幻想抱いて痛い目っていうのも、その考え方がなー。

    日本人と一緒になったって痛い目に遭ってる人はいっぱいいるでしょ。日本人と結婚=成功、外国人と結婚=成功 なんてそんな方程式は成り立たない。~がなきゃだめ、~じゃなきゃ無理、苦しいって決めつけて、いろいろだめにしてるのは自分自身の先入観の強さと自分が生まれ育った環境や文化にあまりにも固執しすぎた結果だったり(お互いにね)することが多いんじゃないかなー。

    別に何人でも構わないでしょ。自分自身が正しいと思った選択をしていけばいい。

    • そう、なに人と結婚してもいいんです。
      ひとは「性的嗜好を他人に云々されるはない」わけですよ。
      そして、ここが重要なのですが「他人に云々する権利もない」わけです。

      少数の白人マニアが、自分がセクシャルマイノリティだと自覚もせずに多数派と勘違いして、自分の性的嗜好がマジョリティだと思い込みたいけど現実は違うというギャップを埋めるためにしょうもないことを言うアファーマィテブアクション、日本語で言えば「いらんことをする」行為が迷惑なのです。

  19. 国際結婚して実際上手くいってるのに
    「国際結婚良くない」なんて意見を耳にするのは嫌ですよね。
    結婚の成功失敗はカップルによりけりなんだから
    生まれた国で区切るなんてナンセンス!な主さんの主張判ります。

    ところで、「日本人は日本人と結婚するのが一番いい」と言ったのはどんな人でしょう?
    主さんのご両親や身内であれば、やはり日本的家族付き合いを考慮してでしょうから
    仕方ないと思います。また、大変親身になって忠告する親友であれば、気持ちだけ
    ありがたく受け取って「でも大丈夫よ」と安心させてあげればいいでしょう。
    それ以外の人が面白がって主さんに「やめておきなよ」とでも言うのでしょうか?
    そうであれば大変失礼な人たちだと思いますが・・・

    「日本人は日本人と結婚するのが一番いい」と思う大多数の人たちはそう思って
    同国人同士で結婚して自己完結している訳で、それに対して鎖国だなんだ
    非難されるのは一日本人として良い気はしません。

    さて、私は国際結婚も良い、と思う派です。
    が、こちらの記事では残念ながら国際結婚いいじゃん!という気持ちにはなれません。
    なぜなら、国際結婚の苦労は同国内結婚でも同じ、という主張だけだからです。

    日本人同士でも失敗はします。
    ただ、例えば娘の結婚相手が
    ・堅実に働いて貯金のできる誠実そうな男性
    ・夢はあるけど現在無職、博打好きで借金ありの男性
    だったら多くの人が前者を勧め、後者は「やめておけ」というでしょう。
    将来は分かりませんが、後者を選べば目に見えて苦労しそうだからです。
    同じです。
    実際、外国人との結婚は多くの面で高リスクなんです。特に移民?何ソレ。な日本では。
    同じ性質の苦労でもより多くの努力が必要なんだろうな~と感じます。
    (余談ですが、私の叔母は外国人で良い人ですが、祖母との嫁姑問題は強烈で
    親戚としても、結婚後20年経ってもコミュニケーションには気を使います。語学の問題ではなく)

    だからそう思う日本人にリスク面で説得するのは無理なんです。

    おそらく夫婦生活は円満だと推察される主さんでさえ
    鎖国!なんて日本を非難するようにしか伝えられないのでしたら、
    「外国人と結婚する非国民は日本から出て行け」と主張するような
    心無い極ウヨはいなくならないでしょう。
    実際苦労もあるけど私はこんなに幸せです、
    というメッセージがあってこそ納得できるものもある思います。期待してます。

  20. アメリカ在住の日本人男です。

    国際結婚はありだと思う派です。ハーフの子ども可愛いし。
    ですが、語学力や文化的理解がある人、またはかなりの度胸と覚悟がある人、経済的にかなり余裕な人以外は、日本人同士での結婚、というか日本での生活が一番だと思います。

    理由としては、
    1.アメリカ人からしたら日本人はしょせん差別的意味での”アジア人”・・・
    2.アメリカ人にとって日本人女性は、都合のいい女、というイメージがすごい強い気が・・・
    3.イメージするほど外人は素敵でも紳士でもない・・・
    あと、これはクレームに近いですが、
    4.日本好きの外人なんて9割はヲタクですよ。日本人ヲタクにも愛を・・・

    要は、日本で見る外人と外国の現地人の間には、日本人への一般評価が全く違う。あと、日本人が西洋文化を過大評価しすぎ。
    全てはアメリカの田舎っぺ白人をイメージ像にしたステレオタイプな感じです。

    上のほうで議論されてた、
    ・白人女性の方が性的魅力が少ない、ってのは当たってる気がします。理由はわかりませんが、体がそう言ってます。 まぁ、相手も同様なんでしょうがw

  21. 日本人同士の方がいいですね。なぜならば、お互いに母国語である日本語で意思疎通や文化で育った事もあるので。言うまでもなく、阿吽の呼吸・暗黙の了解などという日本ならではの独特な文化なのだから、そういう意味も加味すれば、それが一番の選択肢であると思います。逆に、外国人をパートナーに選ぶ場合、余程日本に精通していない人を除いては、この阿吽の呼吸・暗黙の了解が理解できないと思います。なぜならば、外国の大半は自己主張をすることにより、自分自身のアイデンティティを確立し、アピールするのが普通だからです。従って、日本みたいに1言って、10理解するとか言葉の裏をよみ、広げるという独特な発想はないです。要するに、YesかNoで物事を明確にするのが外国だからです。もっというならば、逆にこの1聞いて10理解する行為自体、外国人からすれば本当に理解しているのか?と思われたりします。

    外資系の企業で長く働いているのでわかりますが、会社の評価に対して自分のアピールが少ないと仮に周りの日本人から見てその人が有能な人材であっても、評価は悪くなります。なぜならば、自分をアピールしないイコールやる気がないと解釈されるからです。

    日本人が外国人と結婚したいと思っているのは、精々数パーセントぐらいだと思います。
    私の知る限り、女性にそういう傾向が多いですね。というのも、外国人男性は女性に優しく
    常に女性を考えてくれると感じるからです。そもそも、日本人男性は平均的に見ても外国人と
    比べ女性に対して優しいとは言い難いです。従って、そのような女性が何らかのきっかけで
    外国人の男性と知り合ったりすると、惹かれてしまいます。これも経験則ですが、外国人男性・女性
    と恋愛・結婚している人は様々です。真面目に付き合っている・結婚している人を除けば
    大体、以下の意識があると思います:

    白人系の場合:

    -友人や周りの人に優越感が持てるから付き合っている。
    ようするに、羨望の目で周りから見られることに陶酔している。
    さらに、自分はワンランク上の人物であると周りに誇示したい。

    -性的嗜好として、日本人女性・男性では満足できない。
    男性にも多く、要はアダルトビデオなどの影響でただ、
    白人と関係を持ちたい。

    -英語で話している事に、自身が陶酔している。

    -外国人とはフィーリングがあい、日本人とは合わない。
    自分が特別で、日本人に群れずに一匹狼だと思っている。

    その他、東南アジア・中東・ラテン系・アフリカ系が
    パートナーの場合様々に分裂しますが、女性の場合アフリカ系の人と
    付き合っている場合、蔑視するつもりはございませんが、日本人男性では
    得られない快感を得られるからという場合が多く見られます。
    ラテン系の場合は、やはり日本人男性にはない独特な優しさに惹かれると
    思います。中東や東南アジア系の男性と交際する人は意外に真面目な方が
    多く見られます。

    逆に日本人男性が付き合う場合、大抵の場合性的嗜好が多く見られると思います。
    言葉は悪いですが、到底日本人女性に相手にされない人が多いですね。
    逆にアフリカ系の女性と交際や結婚している人は非常に稀なケースだと思います。
    というのも、日本人男性の傾向として、自分に尽くす女性であれば大満足
    だからです。これも言葉は悪いですが、性的な面でもやはり東南アジア系の
    人は一度その気になれば、かなり情熱的になるので、そういう部分で
    かなり満たされた状態になり、はまってしまう人も多いと思います。