美しい地球儀

世界最強の国はどこでしょうか?世界のあらゆるトップ10を紹介する米国サイトTop Ten Listでは、世界最強の国として、以下の10ヶ国が紹介されています。世界最強国の基準は曖昧ではありますが、ある程度の国力として比較してみましょう。

 

1. アメリカ合衆国

世界最強国のアメリカ合衆国大きな経済規模を持ち、その技術開発力と生産力、消費力で世界経済を引っ張る存在であるアメリカ。2010年のアメリカのGDPは14兆6241億ドル(約1200兆円)であり、世界第1位でした。世界最大の軍事力大国でもあるアメリカが世界にもたらす影響力は計り知れない。1776年の独立宣言以降、日に日にパワーをつけてきた国アメリカ。日本との関係は世界的に見ても緊密と言われ、冷戦が終結した現在もなお日米関係は国際政治や経済活動において不動の地位を築きつつある。

 

2. ロシア連邦

世界最強国のロシアアジアとヨーロッパの間に位置し、軍事力も強い国、ロシア。ブラジル・中国・インドと共に「BRICs」と呼ばれる新興経済国群の1つに挙げられているが、BRICsではロシアは最も一人当たりのGDPが先進国に近く、ロシアは超大国の地位を得ようとしている。そして忘れてはいけないのが、ロシアの面積。世界最大の面積を持つロシアはサウジアラビアに続く世界第2位の原油国でもあり、この国の経済成長は今後も続くと言われている。

 

3. 中華人民共和国

世界最強国の中国

2010にGDP成長率が3年ぶりに2桁増の10.3%となり、「世界第2位の経済大国」となった国、中国。製造業が盛んな中国は「世界の工場」とも呼ばれている。貿易においては輸出入ともに貿易額が増大しており、世界経済に影響を与えるようになっている。2008年度の中華人民共和国の軍事費はアメリカに次ぐ第2位であった。強い軍と世界一の人口を誇る中国は今後も影響力を増すアジアの大国だ。

 

4. フランス共和国

世界最強国のフランス国連安全保障理事国であるフランスは世界で5番目に強い国だと言われている。国内の全発電量の74%を原発で賄う原発大国でもあるこの国は、アフリカ大陸諸国にも強い影響力を持つ。。観光客入国数では世界一、農産物輸出額では世界第2位を占める。世界中からファッション業界、レストラン業界、美術芸術業界の著名人が集まる、EUを引っ張るリーダー的存在の国である。

 

5. グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

世界最強国のイギリス大航海時代を経て、世界屈指の海洋国家として成長した国、イギリス。同じく国連安全保障理事国であり、強力な核兵器を保有する国の1つだ。G7先進7か国として、音楽、映画、メディアの面で世界を率いる存在だ。外交や政治においても強い影響力を保持し、EU加盟国でもあるヨーロッパ最強国の1つだ。

 

6. 日本

世界最強国の日本

世界屈指のテクノロジー技術を保持し、国際特許の出願数は、アメリカ合衆国に次ぐ世界第2位、特許収入もアメリカに次ぐ世界第2位の黒字国である。2010年の国内総生産 (GDP) が世界第3位となった経済大国である。1964年以降経済協力開発機構 (OECD) に加盟し、サミットにも1975年から参加するなど、その動向も世界経済に強く大きな影響を与える。最近では漫画やゲームなども世界の若者から注目を集めており、今後は新しい分野での経済収入も期待される。

 

7. インド共和国

世界最強国のインド

南アジア随一の面積と世界第2位の人口を持つ大国である、インド。2010年のインドのGDPは1兆4300億ドル(約120兆円)であり、世界第11位である。2007年のゴールドマン・サックスのレポートによると、インド経済は今世紀半ばに米国を追い抜き、中国に次ぐ世界2位の経済大国に成長するとされている。目まぐるしい経済成長の一方、経済格差が深刻化しており、一説にはホームレスが1億人を超えているという調査もある。核兵器保有国の1つであり、今後ますます経済規模が大きく成長することが期待されるBRICsの1つだ。

 

8. ドイツ連邦共和国

世界最強国のドイツ

アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本に次いで世界第4位のGDPを誇る経済大国であるドイツ。工業製品輸出額、貿易黒字額、海外旅行客数などで世界一を誇っている。G7先進7ヶ国  の一つであり、フランスと並ぶEUの中核国である。非英語圏では群を抜いて多くのノーベル賞受賞者を輩出しているこの国では、音楽史において独占的ともいえる地位を築き、今日もヨーロッパの歌劇場の過半数、全世界のオーケストラの1/4以上がドイツにあるといわれる。

 

9. パキスタン・イスラム共和国

世界最強国のパキスタンインドとの対立関係もあり、伝統的に軍部の力が強いこの国は世界最大数のムスリムが住む核兵器保有国だ。政局は常に不安定であるものの、独立以来アメリカ合衆国の軍事支援を受け入れており、クーデターなどで政権交代が起こっても親米路線は堅持されている。しかしながら親米主義者であったムシャラフの辞任以降、軍事パートナーをアメリカからロシアに切り替えることを志向しており、今後の米パ関係が注目される。

 

10. ブラジル連邦共和国

世界最強国のブラジル南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位であるブラジル。世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。2010年のブラジルのGDPは2兆235億ドル(約170兆円)であり、世界第8位である。南半球および南アメリカの国家における最大の経済規模を有する。他の国との外交も比較的良好とされるこの国は、BRICsの1つである。なかでも重工業、中でも航空産業が盛んで、欧米諸国や日本などのアジア各国をはじめとする世界各国へ輸出されているなど、その技術力は高い評価を得ている。

写真:Garry Knight

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

12 コメント

  1. TOP5が、the 常任理事国w影響力でいったら間違いなく正しい。拒否権発動できるもんね。

    フランスとかは今でも植民地持ってるし。公平な目とは言わないけど、ドイツの総合力が無条件にフランスより高いとは思わないよ。

  2. かなり的を得た記事だと思うなー
    コメント欄で反論してるコメントは全て低学歴が低脳のくせに根拠のない妄想を発狂してるだけだね

    低学歴の社会の底辺のゴミ共はネットやるなよ

  3. なんかメリケンにとって脅威感じてる国のランキングだな
    中国ロシアとか笑わせんなって感じだ
    日本より電車や通信網が発達した国なんて無いだろ
    アメリカさんも危うい、一度戦争に勝ったくらいで調子のるなよ