日本食ブームから約30年。日本食の人気は世界中で確固たる地位を築いていると言われますが、海外で現地の人を家に招くときにどんな日本食を作ったら喜ばれるのでしょうか?

外国人に人気のある日本食のなかでも、①海外でも比較的手に入れやすい食材を使った家庭料理で、②日本食といえば“スシ”しか知らないような日本食初心者でもおいしく食べられる日本食を10紹介します。

海外でのホームパティーの参考になれば幸いです。

 

1. 寿司

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

やっぱり日本のソウルフードといえばお寿司!最近では海外のお寿司レストランも多いため知名度も高く、日本人が日本食を作ると聞いて、現地人が一番に想像する料理がお寿司でしょう。まず、間違いなく喜んでもらえる料理です。ただ、磯の香りがする海外では珍しい黒い食べ物=海苔が苦手な人もいるので、事前に聞いておくといいと思います。大勢でのホームパーティーでは手巻き寿司が手っ取り早くできますが、海苔が苦手な人や生魚が苦手な人用のお寿司も用意しておくといいでしょう。

 

2. 洋食

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

日本で独自に発展した西洋風の料理を指す洋食。和食ではありませんが、これも立派な日本食。幕末から明治期にかけて来日した西洋人のために作られた料理がルーツの洋食は、元が西洋料理なので、日本食初心者の外国人にも受け入れられやすいです。ハンバーグやオムライス、シチューやハヤシライスなど、海外でも簡単に手に入る食材を使っている所も◎。寿司に飽きたら、洋食を作ってあげると喜ばれること間違いなしです。

 

3. 肉じゃが

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

ヨーロッパでは“野菜をクタクタに煮てしまう料理が多いですが、そんな煮込み料理の多いヨーロッパ人にウケるのが日本の肉じゃがです。ジャガイモ、人参、グリーンピースなど彼らにとってもなじみ深い野菜を使っている点もポイントが高いです。牛薄切り肉が手に入らない場合もあるので、そういう場合はひき肉を使ってもおいしくできます。煮込み用の牛固まり肉を長時間煮込んでもおいしいです。

 

4. お好み焼き

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

日本のピザ!といえばやっぱりお好み焼き。これまで多くの外国人に出会いましたが、お好み焼きが嫌いだと言った人には出会ったことがありません。お好み焼きはハズレがなく、準備が簡単で、大量に作れるパーティー向け日本食の定番でしょう。焼きそばも人気が高い料理なので、バーベキューの時などに一緒に作ると喜ばれるでしょう。

 

5. 天ぷら

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

揚げ物が大好きな外国人。天ぷらも外国人に人気の高い日本食の1つです。野菜やシーフードなど、海外でも比較的手に入りやすい食材を使っており、安価にできる点もGOOD。日本食初心者の外国人のために、天つゆの他にソースも用意しておくといいでしょう。

 

6. とんかつ

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

海外でも安く食べれられ、外国人ウケも抜群の料理といえば、とんかつでしょう。パン粉が手に入らなくても、冷凍バゲットを削ったらパン粉が出来上がります。とんかつソースが気に入る外国人も多く、ソースを買ってご飯にかけて食べるという人もいます。揚げ物好きな外国人に受け入れられやすい料理です。

 

7. 味噌汁

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

日本の家庭料理といえば、これ!海外の日本食レストランの普及のおかげで、味噌汁好きの外国人も多くなってきました。それでも、中国人経営の日本食レストランで出される味噌汁は日本の家庭で出されるものと少し違います。ぜひ出しのきいたおいしい味噌汁を作ってみて下さい。具は、わかめやあげが苦手という外国人もいるので、野菜の味噌汁が無難でしょう。

 

8. カレーライス

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

カレーライスも外国人に人気な日本料理です。本場のインドカレーは海外でもよく知られていてインドカレーのレストランはどこに行っても見かけますが、日本のカレーライス専門のレストランはないので、外国人にしてみればある意味初めての味かもしれません。欧米人は辛い物が苦手な人も多いので事前に聞いておく必要がありますが、カレー好きな人には是非食べてほしいのが日本の家庭料理のカレーです。本当は簡単にできるのに、ものすごく手間のかかってそうな料理に見える点も嬉しいポイント。豚がダメ、牛がダメという人もいるので、チキンカレーが一番無難です。

 

9. だし巻き卵

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

どこの国にもある卵を使った料理。だし汁を入れた卵を薄く焼いて、くるくる巻いていく出し巻き卵は日本独特の卵の調理法です。これまで何度もフランスで手巻き寿司パーティーをしてきましたが、いつも他の具材に比べて卵の減りが早く、「これってどうやって作るの?」と聞かれることも多いです。たまごケーキみたいだと言うフランス人もいました。

 

10.鶏のから揚げ

海外で作りたい! 外国人が喜ぶ日本食トップ10

やはり揚げ物。日本食初心者の外国人もおいしい!と言ってパクパク食べるのが鶏のから揚げです。ここフランスでは皮付きの鶏胸肉がなく、鶏肉といえばささみか、手羽先(しかも大きい)ものが主流なので、うちではささみのから揚げにしてます。パリの日本人のご家庭では、手羽先の肉を包丁でそぎ落として作っているところもあるそうです。フランスの肉屋さんに聞いた話によると、フランスでは鶏肉の皮付き肉(足を除く)は全てアジアに送られるそうです。フランスでおいしい鶏のから揚げを作るには一苦労しますが、誰もが喜んで食べるのが鶏のから揚げです。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

17 コメント

  1. 何度も思ったが、ピザは生地に具材を混ぜて焼かんよなあ。
    そう考えると逆に釈然としないのは本場のピザの国の人なんじゃ・・・
    誰がお好み焼きは日本のピザだなんて言い出したんだよ。

  2. アメリカ在住ですが、私の周りではお好み焼きは「日本の(甘くない)パンケーキ」として知られています。
    「日本のピザ」という表現は聞いたことがありませんがヨーロッパではそうなのかな・・・
    ピザよりはパンケーキの方が近いかも?

  3. お好み焼きを「甘くないパンケーキ」と言うのは凄く合っていると思う。
    日本のピザと言われると、ピザ生地の上にパイナップルの缶詰を乗せて甘くなった物を想像してしまう。
    あれは酷い。

  4. 30年も昔ですがアメリカに住んでいた時、ルームメイトにお好み焼きを作りました。
    パンケーキと紹介してしまうと、彼らはスイーツを連想してしまって
    想像するとのギャップが大きく、オエーッとなりかねないため
    私は a kind of Japanese pizzaと言いました。
    かつおが熱いお好み焼きの上にのせると動くので
    It’s moving moving (動いてる)って
    スイス人のちょっとオタクっぽい女の子でしたが
    キャッキャ言いながら喜んで食べてくれました。
    一応お世辞でもおいしいとは言ってくれたし、スイスに帰ったら作りたいけど
    お好み焼きソースはどうやって作るのかと聞かれました。
    私はウスターソースがあったのでケチャップと混ぜて作ったのですが、
    そのころのスイスでお好み焼きソースやトンカツソース、ウスターなどが
    手に入るとは思えなかったのですが、一応教えましたけど。

  5. 海外大好き。飯盒を必ず味噌、醤油と米を 持ってゆきます。帰国する前の晩は友人を集め、鳥ご飯を炊き、油揚げと、お豆腐の味噌汁をこしらえ、振る舞います。私の、大好物です。

  6. 日本に来たアメリカ人4人をお好み焼き屋さんに連れて行きましたが、
    みんな苦手みたいでした…
    まぁ好みって人それぞれですもんね。

    お寿司、天ぷら、ソースかつ丼、和牛は好評でした。

    • ですよねぇ。フランスでの話を「外国人は-」と世界基準にされても困りますよね。。
      私は主にアジアの人々と広く交流がありますが、特にベトナム人は日本食嫌いで有名ですね。ほとんどのベトナム人はほぼ全ての日本食が苦手です。寿司を食べてる人は基本男だけでかなり稀な方だし、ラーメンもお好み焼きもたこ焼きもカツ丼もみんなマズイしょっぱいマズイって言ってます。日本で生活するベトナム人は基本自炊でベトナム料理を作っている人がほとんどで、外食もベトナム料理屋か焼肉くらいしか行きません。食材はfacebookで輸入販売しているベトナム人から買います。

      タイは外国の料理に抵抗もなく、特に中華料理、韓国料理、日本料理を好みます。日本食はかなり人気で、いろいろな日本食が知られているし、どの地方に行っても日本料理のビュッフェのレストランがあります。ちなみにタイでもお好み焼きはpizza Japanと言われているようです。
      味の素は東南アジアで知らない人はいません。

  7. パンケーキのパンは鍋のことだよね。フライパンとか。
    ケーキは英語では焼き菓子一般のことだから、オーブンでなく鍋で焼く菓子で
    ホットケーキを連想しちゃうよね。
    初めに紹介した人が間違ったとしか思えない。
    日本のなんちゃって英語と同じように。

  8. アメリカ人の友達と巻き寿司を作る事になり、張り切ってた彼の方を振り向くと「神風」と書いてあるハチマキをしながら仁王立ちで登場。アホだと思いました。

  9. 1.の 寿司 は駄目です。 基本的に、生の魚、生卵、生肉、納豆などは問題外です。

    4.お好み焼き、5.天ぷら、7.味噌汁 も好き嫌いがあると言えます。

  10. せつさんと同じで
    外国人は必ずしも欧米人じゃないし意識しないだろうけど必ずしもキリスト教徒じゃないし
    とんかつは気を付けたほうがいい。カレーや肉じゃがも
    厳密でないイスラム教徒や、旅行の時だけ解禁する人もそれぞれだが
    生まれたときから食べて来なかったものでお腹壊す人もいる

    そこらへんは躊躇わず軽く聞くべき

  11. お好み焼きはアメリカ人にもカナダ人にもサモア人にも受けた、私の中での鉄板です。
    海外ではお好み焼きソースが手に入らないかもしれないけど、醤油または天ぷらソース(天つゆのこと)、もしくはケチャップでなんとかなります。マヨネーズと合わせましょう。
    意外とキャベツ苦手な人が多いのでそこだけ注意します。

    でも誰もピザとは思わないでしょう。甘くないジャパニーズパンケーキと説明すればみんな大体わかってくれます。