語学力がアップする人の特徴
写真:Wendell

ここフランスで日本人に会うと必ず話題になるのが“フランス語の習得”。フランスで生活していても、語学の習得とは難しいものです。海外に行ったからと言って自動的に英語が伸びるなんて事はまずありません。私は元英会話スクールの社員ですが、英語力が伸びる人といつまでたっても上達しない人には共通点があります。そこで今回は、『語学力がぐんぐん上達する人の特徴』を7パターンご紹介します。私も改善すべき点が大アリです。語学学習者のみなさん、頑張りましょう!

 

1明確な目標を設定している人

「来年の4月までにTOEICの点数を850点にする!」、「今年中に仏検2級合格!」など、期間を設けて具体的な目標を持つことは、語学学習のモチベーションを保つためにもとても大切なことです。ただダラダラと学習するのではなく、明確な目標を持って定期的に試験を受けるようにして、“やる気”を持続させましょう。自分の上達具合を把握しておけば、息詰まった気持ちにもなりにくくなります。

2辛抱強い人

語学は一日にして成らず。英語もフランス語も、そう簡単にペラペラ話せるようにはなりません。ちょっと勉強して、すぐに上達しないからとあきらめていては身につくものも身につきません。すぐに結果を求めようとせず、毎日のコツコツとした努力の積み重ねが本物の語学力に繋がります。語学学習において、焦りは禁物です。

3かっこつけない人

日本人によく見られると言われますが、かっこよくうまく話そうと意識しすぎていては“学習”になりません。そもそも、“学習者”という立場なので、間違えて当然。少しでもネイティブっぽく喋りたいし、かっこよく聞こえるように話したいという気持ちが強いと、かえって学習の妨げになります。“できなくて当然”という謙虚さが大切です。

4努力家

語学学習で一番大切なのは、コツコツ努力を続けられるということ。少しでも単語を覚えられるように通勤電車のなかで覚えたり、朝は英語のCDを聞いたり。そういった努力の積み重ねの結果が語学力です。語学が堪能な人には努力家が多いのも、うなずけます。

5積極的で貪欲な人

何かわからない単語があるときに、まぁいいかで済ませるか、「これってどういう意味だろう?」と調べるか。こういったところに上達の差が出てきます。ネイティブにも積極的に質問して、知識に貪欲に自分の勉強に突き合わせるような人の方が上達が早いです。1フレーズ覚えるだけではなく、それに派生するフレーズまでも調べちゃうような人がのちにたくさんの引き出しをもつ人になります。

6好奇心旺盛な人

例えばあなたが初めてチーズフォンデュを食べたとしましょう。あまりのおいしさに驚き、チーズフォンデュについてあれこれ調べたくなったとします。それでも日本語での情報は限られています。こんな時に、フランス語ではチーズフォンデュをどのように説明しているだろう?、フランス語サイトに紹介されているチーズフォンデュのお店はどこだろう?、ちょっと翻訳してみようと、好奇心をもって行動できる人は、いつのまにか語学が上達しています。自分が好奇心を持って調べたことは忘れにくいという特徴をうまく利用した学習法です。

7夢を追い続ける情熱のある人

誰でも最初は“○○語をしゃべれるようになって~したい”という夢をもって語学学習をスタートさせます。この夢のふくらましがあやふやな人は途中で挫折しやすいです。何度も言ってますが、語学の習得には時間がかかります。伸び悩んで「私は何がしたかったんだろう?」と思い返したとき、“絶対に叶えたい夢”だったら学習を続けるはずです。長い目でコツコツと努力を続けましょう!

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. 分からなくはないし、かっこつけないって大事だと思うけど、もっと肝心なものが抜けてると思うよ。

    語学力が上がる人の特徴というか、これを外すと語学力が伸びないってのはある。

    それは、「言語を感情を表す道具として理解すること」かな。
    日本の受験英語や英語能力検定みたいに、例え点数で目標が立てられても、ただ勉強するだけの学習で終わらせる人は上達しない。

  2. その対象国にネガティヴな先入観を持たないことも大切だと思う。

    どの国にもいい人もいれば悪い人もいるけど、ムカつくことが多いとその人々の言語に対して、心が拒否反応を起こしてしまい、学習意欲がなくなるから。

    だからその人々がどんな人々なのか全く情報がない時点で語学学習を始めた方がいいと思う。

    • 私は逆ですね。
      ムカつく事が多いといつか言い負かしてやる!!って気持ちが強くなって勉強がはかどる。
      何事もなく平和に時が過ぎていくとある程度勉強して文法めちゃくちゃでも伝わればいいやってなって、中途半端に勉強が終わってしまう。
      何か伝えたいっていうコミュニケーションを外国人と持つと上達するんじゃないかな?
      日本人は基礎わかってる筈なのに使わないから上達しないんだと思う。