日本人とは何か?ナショナリティーとは何か?

wikipediaによると、日本人とは、「日本国の国籍を持つ者、もしくは日本国内に古来より居住してきた、日本列島にルーツを持つ人々」である。

そして私たち日本人は、この“日本人”という言葉を自分たちを指す総称として当たり前のように使う。「日本人とは~」、「日本人として~」、「日本人だったら~」など…。

 

しかし、現実ではもっと複雑で日本人とも○○人とも、どっちつかずの人もいる。単に、日本にルーツがあるだけで日本人と言えるのか疑問に思うこともあり、混乱してしまうのだ。

例えば、

a.) 日本人の両親に育てられ日本語も話せるが、フランスで育った人。

b.) 中学生になるまで日本で育ち、その後韓国で育った人。

c.) 日本に20年、アメリカに30年住んでいた50歳の人。

d.) 日本人とフィリピン人の親を持ち、中国で育った人。

 

仮にこれらの人がみんな日本国籍を持っているとして、それで日本人と呼べるのだろうか。なかには日本人としての誇りも意識も全くない人もいるし、自分の育った国よりも日本を愛している人もいる。反対に日本にルーツがあるにも関わらず、日本を嫌う人だっている。

 

日本人の定義はシンプルなようで、心理面では非常に定義しがたいもののように感じる。

例えば人生の大半を日本ではなく海外で生活していた人がいて、海外での文化や生活に慣れ切った人が日本に帰国してきた場合、周りの日本人は彼らを日本人として受け入れるのだろうか。

例えば日本の両親に育てられ、海外の文化の中で育った人は、行動や考え方、振る舞いが日本人のそれとは少し異なることが多いが、顔は日本人なのに、何となく雰囲気が外国人っぽい人を日本人と呼ぶのだろうか。

 

こうなると、日本人が何なのかわからなくなる。結局のところ、日本人というラベルが意味することは何なのだろうか。

日本人に限らず、○○人というナショナリティーの違いというのはひょっとしたら大した意味を持たないのかもしれない。

ある1つの国の、国籍や国民性、民族を示す、ナショナリティー。それは、私たち人間に深く根付いているものであり、本当はものすごく曖昧なものなのかもしれない。

 

そう考えると、世の中の国ごとで起きる紛争や戦争も、「○○人は~だ」という決めつけや差別も、何だか馬鹿馬鹿しくて仕方ない。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. 昔、NHKで、遺伝子についての特集番組を放送していましたが、日本人固有の遺伝子を持つ日本人は日本人全体の8%しかいない、と言っていました。

    私はちょうど今日、中国人(台湾人かも)から、パワーハラスメントとヘイトクライムが混ざったような嫌がらせを受けました。
    だからといって、中国人が全員悪い性格というわけではありませんが、明らかに私が日本人であるという理由で嫌がらせをしてきたわけです。

    一人ひとりと会話すると、決していじわるな人ではないのに、集団になると周囲との違いを強調し、排他的になり、自分が多数に属することに甘んじ、結果的に他者に対して差別主義集団になる、というパターンですね。
    これは、ほとんど全てのナショナリティの人がこのパターンにはまっていて、(場合によっては自分もそうなるかも)多数に属している人に何を言っても、自分の立場の強さを確信していて、聞く耳を持ちません。
    少数の人間の言葉など、負け犬の遠吠えのように聞こえるのでしょう。
    同じ種類(ナショナリティ)の人達が多数派として自分たちだけで固まっていると、流れのない水が腐るように、その人々も腐っていきます。
    だからそういう腐った(スポイルデュ)行動をとるのでしょう。
    それが人間の性だとしたら、そういう人たちへの対処法を考えた方が現実的なような気がします。

  2. 針小棒大、一部の例外を全体に当てはめて書いている、ひどい記事だ。

    >そう考えると、世の中の国ごとで起きる紛争や戦争も、「○○人は~だ」という決めつけや差別も、何だか馬鹿馬鹿しくて仕方ない。

    当事者達は真剣なんだということを忘れてしまっている、自分の思想に凝り固まった記事だ。
    俺の偏見だけど、こういう偽善的記事を書く記者は、相手の思想が凝り固まっている事を指摘しておきながら、自分こそが偏向し、凝り固まった亜種的な選民意識の(自分の思想の方が絶対的に正くて、相手の思想は時代遅れな未開民族のものと考える)持ち主な気がして仕方ない。

    >決めつけや差別

    それが妄想ならどんなにか良かったことだろう。
    現実には、「○○人は~だ」というのは、実際にそういう人がいるからそう言っているのであって、少なくとも俺はそういう認識で、実際にいた人の事しか言っていない。
    自分の思想を守りつつ、相手の思想も尊重することが、理想論的に言えば、人種差別や偏見が溶けてなくなるんだろうが、土台実践的生活をすると、そんな事は頭から抜け落ちてしまって、人類皆属すコミュニティ及び自己の利益しか考えなくなるものだ。
    理想論を現実に当てはめる時は、再三の注意を払わねばならない。

  3. 世の中の国ごとで起きる紛争や戦争は愚かなナショナリズムが原因だ、という論調は最低ですし、デマも良いとこ
    そして、どんなに馬鹿馬鹿しい理由で始まった闘争でも、多大な被害者が出た闘争の関係者らから見て、勝手に遠くの他者から「馬鹿馬鹿しい」と形容されたら、どう感じると思いますか?

  4. 戦争の原因って民族人種宗教より経済、金、資源が原因の場合が圧倒的に多いっすよ。隣に金持ちがいる。妬ましい殺して奪ってやれば簡単だ。がほとんど。先進国にいると努力すればどうにか生きていけるけど、世界はそうじゃない国多いですから。同じ国の国民同士殺しあってるところだって沢山ありますし。