「幸せな国際結婚」をする夫婦にありがちなこと 6パターン

国際結婚と聞くと、皆さんはどんなイメージがありますか?いろいろあるでしょうが、総体的には良いイメージを持っている人は少ないでしょう。「国際結婚は大変、苦労しそう」だとか、「相手は日本食食べないでしょ?」とか。でも実際の国際結婚はイメージと違うところも多いのです。国際結婚と一口に言っても色んな夫婦がいますが、結婚後もうまくいく国際カップルにはどのような共通点があるのでしょうか。そこで今回は、「幸せな国際結婚」をする夫婦にありがちな共通点を6つご紹介します。

 

1. お互いの国の文化や習慣を尊重する

相手の国の文化や習慣を尊重できずして、幸せな結婚生活はありえません。幸せな夫婦生活を送る国際カップルはお互いの国を尊重し合い、お互いの国の相互理解に努める人が多いです。もちろん、相手の国を知れば知るほどその国の嫌な面が見えてきたりもしますが、だからといって相手の国を見下したり軽蔑したりしては夫婦関係に亀裂が入ってしまいます。お互いの国のいいところを褒め合い、悪いところはその国の味方としてどうすべきかを考えるような姿勢でありたいものです。

 

2. コミュニケーションをよくとる

国際結婚をして良かったという人がよく口にするのは、『私たち夫婦はきちんと「ありがとう」と「ごめんなさい」を言うようにしている』、『喧嘩することもあるけどお互いに納得し合うまでじっくり話し合うようにしている』、『何に対しても「Thank you」と、日常会話の中にも「I love you」を毎日当たり前のように言ってくれる』など、日常のコミュニケーションや言葉かけを重要視している夫婦が多いです。日本人同士のカップルの場合でも、コミュニケーション不足が離婚の危機を招くと言われていますが、国際カップルは母国語が違うだけに、日常生活でコミュニケーションを大切にする姿勢が大切になってくるのかもしれません。

 

3. お金がある

お金がなくても愛があれば…などど言いますが、国際結婚の場合は現実問題としてお金が必要になります。夫婦の最低でもどちらかが母国を離れて生活しなければならないという運命なのが国際結婚の痛いところ。つまり、片方の帰省に時間とお金がどうしてもかかってしまうのです。お金がないとあまり頻繁に帰省できず、海外に在住している方が不満がたまって喧嘩をしやすくなり、これが原因で夫婦関係がうまくいかなくなったという話を聞くことも少なくありません。また、子どもができるとおじいちゃんおばあちゃんに会わせるために帰国する回数も多くなるのが一般的のようです。

 

4. お互いの国の言語をある程度は理解できる

夫婦2人の母国語を互いに理解しているのが一番理想的ですが、実際はそうではないパターンも多いです。「彼(外国人)の方が日本語がわかる」という人もいれば、「妻(外国人)は全く日本語が話せない」という夫婦もいます。お互いに意思疎通が問題なくできていればいいですが、仮にお互いのコミュニケーションがきちんととれていたとしても毎日24時間外国語のみの会話をする方は結構疲れてしまうものです(母国語なみに流暢に話せる場合を除く)。国際結婚での夫婦の言語に関しては、互いに歩み寄り、互いに相手の言語を学ぼうとする姿勢が円満な夫婦関係を維持するには必要になってくるでしょう。

 

5. 違いを受け入れる

外国人と結婚すると異文化と遭遇することが多くなります。自分が海外に住むことになったら、毎日異文化と接していかなければなりません。なかには、「え!?日本ではこんなことないのに…」と驚き、落胆してしまうこともあります。そういった違いをあれはダメ、これもダメ、と自分の中で決めつけるのではなく、これはこういうものだとして一旦受け入れる力が大切で、異文化との接触で必要になってくる場面が必ずあります。受容力を発揮し、自分の受け皿を思いっきり大きくしましょう。

 

6. 結婚したら、それがたまたま“国際結婚”だった

結婚してうまくいってそうな国際カップルが口を揃えて言うのが、「まさか自分が外国人と結婚することになるとは思いもしなかった」です。国際結婚に夢見て外国人と結婚したという人は実は少数派で、恋をして結婚しようと思った人がたまたま外国人だったというパターンがほとんどです。外国人、日本人という括りではなく、どこの国籍の人でも一人の人間として愛することのできる国際性が「幸せな国際結婚」を送る夫婦の秘密なのかもしれません。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. 日本文化のゆずれない所は守り、向こうの文化の納得・尊敬出来る部分には適応して、みたいな感じでやったら上手くいきそうですよね♪

  2. 日本文化のゆずれない所は守って、相手の国の文化で納得・尊敬できる部分には適応して、という風に暮らしていけば上手くいきそうですよね(*^^*)

  3. 初めまして。子供時代に知り合ったアメリカ人と30年後に巡り会い結婚に至りました。思いも寄らない人生の運びに今でもお互いに感謝しながら幸せの日々です。