日本を大好きな外国人に警告 「本当に日本のことを知っていますか?」

先日、日本のネットやテレビで何かと話題だったヨーロッパの日本好きオタクが集まる『ジャパンエキスポ』に行ってきた。(参照:【ジャパンエキスポ情報】完成度の高いヨーロッパのコスプレイヤーが集まる海外オタクの祭典がすごいことになっていた!

会場は噂通りの大盛況でヨーロッパ中のマンガ&アニメ好きの若者でごった返していた。コスプレに身を包む外国人たちの姿を見て、日本発祥のものが本当に多くの若者に受け入れられ愛されているのだと改めて知り、驚くのと同時にとても感心した。もはや日本の文化であるアニメや漫画などが、他の国の若者にも愛され夢を与えているのだと実感し、おそらくあの会場にいた全ての日本人たちと同様、何とも誇り高い気分になった。

しかし、反面少し“怖い”気もした。

日本のアニメを称え、ひいては日本にも憧れを持つ外国人が『実際にどれだけ日本のことを理解しているのか?』という点が気になってしまうからだ。こんなことを言うと、読者の皆様は「アニメをきっかけに日本を好きになってくれるならいいじゃない」とか、「アニメ人気から日本への外国人観光客が日本経済も潤って良いこと尽くしでしょう」とか、「どんな文化であれ自国に興味を持ってもらえるだけでいいのでは?」とか、これを書きながらでも色んな意見が想像できる。

それはまさしくその通りで、筆者もアニメや漫画が大好きだし、日本を好きになってくれる外国人が増えれば増えるだけ、我々日本人にとっては利益の方が多いと思う。しかし私がここで“怖い”という表現を用いたのには理由があり、日本が他国と同様、“完璧な国ではない”ことに起因する。つまり、アニメや漫画、ゲームをきっかけに日本を好きになった外国の若者が現実の日本を知ってガッカリしてしまうのではないか、という懸念があるからだ。

持論では、ある国を“猛烈に”好きというのはある国を嫌うのと同じくらいの『勘違い行為』だと思う。国というのは、どこの国でも人間の個性と同様に良い面と悪い面が両方あり、その国を“好き”だの“嫌い”だのという言葉で表現すること自体が愚かなことではないか。好きだの嫌いだの言っているうちは、まだその国の本質が見抜けていないのではないかと思う。

日本を大好きな外国人に警告 「本当に日本のことを知っていますか?」ここでは日本好きの外国人を例に用いているが、反対にフランス好きの日本人にも同じことが言える。パリに住んでいると特にだが、たまにパリに恋しちゃっている日本人に遭遇する。雨が降り天候が悪くても「あぁこういう雨も何だかステキよね」と言い、「パリのカフェなんておしゃれすぎる!」という。気持ちはわからなくもないが、普段の日常をパリで暮らす人としては何だか笑っちゃう発言だ(平和でいいけどね)。パリはおしゃれで歴史が古く高級感がある街というイメージができあがっていて、それ以外の面は目に入ってこない。確かにパリはおしゃれな街だが、それだけでないのが現実で、“甘い”部分があれば“酸い”部分があるのは日本と同じである。

パリを好きなるのは結構だが、自分がイメージしていたパリと実際のパリには差があり、問題となるのはその差が大きすぎた時だ。

『パリ症候群』という言葉をご存じだろうか。これは憧れのパリで暮らし始めた日本人が、現地の習慣や文化などにうまく適応できずに精神的なバランスを崩し、鬱病に近い症状を訴える状態を指す精神医学用語である。この『パリ症候群』に発症する人が毎年いることがイメージと現実との間に大きなギャップがあることの危険性を物語っている。

 

日本のアニメイベントでコスプレをし、将来いつか日本に行きたいと願う外国人が世界中にいるという事実は大変結構なことである。

日本のマスコミもそういった海外での評価を日本人に伝え、それを見た日本人の心に自国愛や誇りが芽生えるのも大変結構なことだ。

ただそんな日本のアニメブームを違った角度から報道する必要もあるのではないのかと思う。

日本が大好きだと言い、自分もいつか日本に行きたいと言っている外国人というのは結婚をゴールと思っている独身女性に似ている。日本に行くことはゴールではないし、夢でもない。一番大切なのはそこから先で、アニメやコスプレ以外の“おもしろくない日本”をも受け入れられるかどうかが真の課題となってくるのだ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

7 コメント

  1. 「自国でやってる他国の文化をメインとしたイベント(ジャパン・エキスポ)に参加する外国人」と「実際にフランスに行ったり暮らしたりしてフランスに幻滅した日本人」を同じ土俵にあげるのもどうなんですかね。
    例えるなら「北欧の雑貨や家具が好き!」と言ってる日本人に北欧人の方が「北欧が好きって言うけど北欧の事どれだけ知ってるの?」って言ってくるようなもんではないかと。

    「クールジャパン」に幻想や憧れを抱きすぎてる外国人が多い事に不安を覚える、という話の趣旨は解るのですが、ジャパン・エキスポが盛り上がったくらいでそう思うのは時期尚早というか自意識過剰じゃないかなとも思いましたw
    実際に「日本で暮らし始めたら想像と違った」「コミケ行ってみたら思ったより楽しくなかった」って言っている外国人が居るなら話は別なのですけど。

  2. これは人を好きになったり、嫌いになったりするのと同じですね。
    誰かを好きになると「もっと相手を知りたい」と思いますが、相手を知れば知るほど、好きでも嫌いでもなくなっていくんですね。
    ですからやはり、好きな人には少し距離をおいて、相手に対して少し「目をつぶったり」、「盲目」でいた方がロマンスも長続きする、と思います。

    日本に憧れを持っている人を見ると、後でがっかりしてほしくないので、ついつい「日本って悪いところもあるよ。」などと言って、熱くなっている人々に水をかけてしまいそうになりますが、彼らが現実を知って冷めるまで、ほうっといてあげたほうがいいのでは?
    誰だって、自分が何か(誰か)に、「憧れたり夢中になったり好きになったりすること自体」が楽しいものなんですから。

  3. 基本的にそばこさんやYさんの意見に賛成ですね。

    日本に憧れている外国人は多かれ少なかれ結局オリエンタリズムが基本にある珍しいもの好きな「偏った思想」ですよ。特に最近のインターネットによる日本や韓国ブームはまさにそれじゃないんですか?

    今時の若者のドイツ人がお隣フランスの音楽は聞かないでしょう。フランス人もまさかドイツでポピュラーな唄なんて興味ないんじゃないでしょうか。それより遠いアジアで自分たちのアイデンティティーを犯されない程度の軽くて手軽な異文化に興味がわくのでしょう。(アメリカの唄や映画などはその典型)

    日本のことを知ってがっかりするんじゃないかしら?という心配は杞憂だと思います。なんだかんだいっても日本は島国で外国人から見ると特異な文化ですよ。日本のここが理解でいきないとか、こんなもの食べてるだの、意外と日本を罵倒した情報は欧米に出回ってるし、大抵のネガティブなことも予備知識として備えてると思いますね。日本に住んでる外国人の外国目線で書かれたブログも人気だし。

    僕はむしろK-popや韓国ドラマに憧れて韓国韓国!ってなってる子の方が嗚呼って思うな。それこそまさに人工国家でしょう。韓国好きっていう子に、音楽とドラマ意外韓国の何に興味あるの?って聞いてもはっきりとしたこと言えないですよ。SUSHIもSAMURAIもGEISYAも日本だし。「日本のトーキョーとコリアに行きたいです」くらいに思ってるんじゃないかな。

    実際に日本に来るような子は良くも悪くもマジオタクなんで、そこで日本に抱いていた幻想がいろいろな形で崩れてもいいんじゃないかしら?また新しいものができるだろうし、日本の文化はそういう外国人も飲み込むほど柔軟で奥深いと思いますね。

  4. 日本文化を好きになってもらう事と、日本の実像を清濁飲み込んでもらうのはなーんの繋がりもないお話
    ジャパンエキスポはただの祭典なんだから、そんなこと気にする必要なし
    まさか文化フェスが「その国の本質」と、本当に関わりあるなんて思っちゃいないでしょうね?
    もしかして、この記事書いた人って、ハリウッド映画観て「これがアメリカなんだ!」みたいになっちゃう人なの?

  5. 記事が長い割にはアニメと漫画だけの話。海外の人で日本のアイドルやバンド、ドラマに興味がある人もいますけど。肝心のアニメも日本で流行ってるのと海外の人の好みのアニメには若干差があるし、記事にするのならもう少しいろいろな日本を書いてほしかったです。

  6. エキスポで日本が好き、アニメ好きと言ってる程度の人は、旅行に来るのがせいぜいの人。日本の嫌なところが分るほど長居しようという人は、ネットなどで、日本は実はレイシストとか、有る程度そんな幻想を持ってたらダメだってことを学んできてるっぽいよ。
    日本人のパリ症候群は、レベルが違う。日本より犯罪が多いとか、習ってきたフランス語があまりにも通じないとか、馬鹿にされるとか、わざと間違った事を教えられるとか。
    海外では常識の身を守るすべを心得てない人が、陥る生活に支障をきたすようなこと。
    日本に来た外国人が、生活に支障をきたすほどひどい目に逢うことは、パリに行った日本人ほどは無い。

  7. 正直言って最近のメディア、よくテレビで「海外に居る日本人」とか「YOUは何しに」みたいに
    海外の反応を取り上げる際にも、出来るだけ海外を美化して日本人に興味持ってもらう様に
    必死ですけど、正直言って在日外国人の人で不満を持っている人が多いです。それは、日本に
    来る外国人や海外を取り上げる際に無礼な芸人やナレーターが、上から目線で紹介するところ。
    外国人から見ても、日本のテレビ局が紹介する海外の反応は異常だと思います。そして海外と
    比較して日本を自画自賛したり、中にはアメリカや中国を他の国より賛美する番組構成が多いです。
    アニメでは日本を美化しているものがたくさんありますが、それ以上に現実の海外の反応がやけに
    美化しているので、在日外国人の方には「誤解する外国人の観光客が増える」と懸念しております。