海外での生活が長くなると、自分でも気が付かないうちにモノの考え方や行動が日本にいた頃とは変わってきます。例えば私は、日本にいた頃はスケジュール帳に予定をいっぱい詰めて、時間に追われていないと何となく落ち着かない気がしていましたが、フランスに来てからはそうしたいと思わなくなりました。

他にもサービスの悪い店員が多いフランスでの暮らしに慣れると、久しぶりに帰った日本でのサービスに過剰に恐縮してしまったりもします。海外で生活するとその土地に順応しようとするあまり、感覚や価値観などが昔とは変わってしまうのは、避けられないことなのかもしれません。

しかし、ここフランスで生活していると、「何でこの人はこんな風に変わっちゃたんだろう?」と残念に思ってしまうような変化を遂げてしまう日本人に少なからず出会ってしまいます。海外生活が原因なのか、それとも元々の性格なのかはわからないですが、海外生活が長くなっても、こうはなりたくないなと思ってしまいます。

そんな海外で日本人に嫌われる在住者のタイプは大きく分けて2つあります。

1つは、無知な日本人をだます人。現地の情報に無知な日本人学生などをだます人が少なからずいます。例えば、アルバイトの契約時にフランス語で書かれた「雇用契約書」と「退職届」を同時にサインさせ、ブラック従業員として働かせる事業主です。

フランスで仕事をする場合、当然ながら雇用に関する契約書は全てフランス語で書かれています。フランスに来たばかりで、フランス語もあまりわからないという人には、フランス語で書かれた契約書を理解できるわけがありません。そういった弱い立場にある人を信用させ、契約書にサインをさせたあとで問題が起きてもノータッチという日本人の事業主がいるそうです。

他にも、オーナーが日本人だから大丈夫だと思って部屋を借りたのに、いざ帰国する段になったら「水道が壊れてる」だの、「壁紙が破れている」だの文句をつけて多額の請求をさせられたという話も聞いたことがあります。

この例では騙される人にも現地の情報に無知だったという落ち度があります。しかし、海外で外国人として生活することの「弱さ」を知っている、同じく外国人である人がそれを利用してお金を巻き上げるというのが、私はどうしても許せません。

もう1つは、日本人にだけ冷たい人。海外で生活する人のなかには明らかに日本人にだけ冷たく接する人がいます。現地の人に話しかけられたらニコニコ笑顔で応対するのに、日本人に話しかけられたら冷たい表情になる人です。おそらくは、現地の言葉や現地の人と仲よくしようという意気込みが強く、そのために日本人を排除しようと考えているのかもしれません。

それでもこちらが日本人だと思って親近感をもったのに冷たく接されると、何だか同じ日本人に差別されたような気がしてとても不快です。現地の人や言葉に慣れようと努力することは大事ですが、だからといって日本人に冷たく接したところで何か得することでもあるのだろうかと不思議に思います。

これら2つのタイプの日本人に共通して言えるのは「助け合いの精神が欠如している」ということ。私たち日本人は日本から一歩外に出ると、「外国人」になります。そして外国人というのはどこの国でも弱い立場にあるわけです。言語の障壁もそうですが、その土地の常識や慣習に無知だったり、助けになってくれる家族や友人がいないこともあって弱い立場にあるのです。今

では海外生活に慣れきっているように見える日本人でも、最初は誰もが海外生活に慣れるのに苦労をし、いろんな壁を乗り越えてきているのです。しかし、こういった外国人としての苦労をわかっているはずの人が、同じ国から来た日本人を貶めたり、邪険に扱ったりすることがあるのも事実です。

私が思うに、海外に住んでいるからこそ、私たち日本人は日本人同士助け合って生きていくべきなのではないでしょうか。弱さや痛みを共感できるからこそ、お互いに助け合い、励まし合って生活できれば、どんなに幸せだろうかと思います。

いや、もっと言えば、海外で生活している日本人に限らず、日本で生活している日本人も、他人と互いに助け合って生きていこうという意識があればもっといい日本、もっといい世の中になるのではないでしょうか。世の中、自分の利益だけを追求するから殺伐とするわけです。

 

道元禅師は言いました。「天地同根、万物一体(てんちどうこん、ばんぶついったい)」

生命の根っこの部分はみんな同じで、だれもが一体となって宇宙の生命を生きている…という意味です。誰もが同根、誰もが一体という気持ちがあって、初めて人を思いやれるようになるのかなと思います。日本がそんな思いやりの溢れる人があふれる国になればいいな、と思います。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

13 コメント

  1. 今に日本は国籍のバーゲンセールで日本国籍を悪用する為に中国人や朝鮮人など沢山取得して悪用してる「反日問題」をもっと認識するべきだと言える。

    外人問題や外国人問題に適切に対処して騙されない様にしましょう。

  2. 海外に住んでる日本人は、志が高い人より挫折した人の方が多いからしょうがない。
    自分は何か出来ると信じてたファッション・芸術・料理の挫折者は、本当にロクでもない連中ばかり。

  3. >日本人にだけ冷たい人

    友人に似た人いるので笑った。
    もしかしたら日本文化としては冷たいけど現地の文化としては普通の対応しているだけなのを私がギャップとして意識しているだけかもと思って、試しに英語で話しかけたら会話が弾んだ。どうも英語と日本語で性格が変わる人のようだった(声の高さも違う)。

  4. 「私に話しかけるな!」って絶対に鬼の首を取ったかのように威嚇して近づけさせない
    日本人女子いるよー、留学中の日本人女にとてもとても多い。
    白人男子にはまるでケツ振るように猫被ってたw

    女の人気を付けてねー
    みんな他の人種の人もよう見とるよー

  5. どっちの立場もわかるなあ.
    母国から遠く離れた国での助けあい,大事です.

    でも,あえて非難が集中してる側の立場で言います.

    自主的な判断って大事だよ.
    読めない契約書にサインしないよ普通.
    契約書って西洋文化じゃとっても大事だよ.
    サインする前に時間かけてでも読もうよ,ちゃんと.

    日本人同士なるべく仲良くしたいつもりだけど,それに甘えてやたらと頼られるとしんどいよ.
    俺はきみの親とかガイドじゃないよって.

    ひどい奴はこっちが善意でしてるのに頼りっぱなしで,さらにこっちが少しミスるとやたら不機嫌になるし.

    こっちもいい格好したい気持ちがあったかもしれんから,それが仇になったんかな,とおもって気をつけて少し距離を置くと,冷たいと言われたり.

    現地の人と話してると「ねえ,いま何て言ってたの?」って一言ごとに聞いてくる人とかいる.
    俺,きみの通訳じゃないよ.
    こっちももとは外国語は苦手だったんで集中力抜けるといっぱいいっぱい.
    通訳することがどれだけ負荷になるか知ってほしい.

    カタコトでもいいから自分でしゃべる努力とかしようよ.
    語学苦手な人はみんなそこから始めたんだよ.

  6. イタリアに行ったとき、ウェディングドレスの膝丈スカートバージョンみたいな白いドレスを着て、マイフェアレディのオードリー・ヘップバーンが持ってたみたいな日傘をさした、イタリア在住の痛い日本人のおばさんが、観光旅行で来てる日本人を、現地人と一緒に馬鹿にして笑ってたのを思いだしました。

    アメリカでも、日本から来たばかりらしい人を見ると、”Welcome to U.S.”と、わざわざ英語で言う、自称「私は自分をアメリカ人だと認識している。(市民権なし)」も、いました。

    これらの人々に共通するのは、自分だけでいっぱいいっぱいで、他の人を助ける余裕がない、了見の狭さです。
    「こんな程度の覚悟で海外に来るなよ。」みたいな。

    もうひとつの例としては、どこそこに日本人妻がいる、と聞かされ、会ってみると、韓国人だった、というケースです。
    この場合、夫を含めた周囲の人々もみんな彼女を日本人だと思いこんでいますが、いざ、日本人が日本語で話そうとすると、冷たく突き放し、英語(それか現地語)でしか話してくれなかったりします。
    まあこれは、日本人に冷たい日本人、というのとは違いますが。

  7. 回外で日本人を騙す日本人いるね~
    大抵はルーザーだけどね、尊厳とかそういうの捨てちゃった人が多いかな
    この手の同国人のルーザーが世界にはある程度存在しててカモを待っているって事、もう少し知られてても良い気がするよ

  8. 海外(というか日本人にとってかっこいい国)在住者の選民意識は異常。意識的か無意識か先進欧米各国に望んで移住した日本人は9割がた上から目線が酷いと思う。日本もこんないいことが!(でも一時帰国でおいしいとこどりだけさせてね。働くために帰るなんて絶対嫌!日本人はいつまでも惨めで馬鹿みたい。それはともあれ)いいこともあるから誇りに思うべき!反発くらって当然な気がする・・・。そんな私も海外在住。

  9. 貴方の様に日本人だからと誰彼構わず接する・助け合い仲良くならねばならないという思考の人とは関わりたくありませんね。
    こちらから願い下げです。
    海外に来てまで習慣の違いを受け入れられず愚痴ばかり言う人、いつまでも日本人に寄生して情報など無料で手に入れて自立しない人、かまってちゃんや常識やデリカシーがない人が多いからです。
    ここは海外、自分の身は自分で守る責任が必要とされるのだから、自分で接する人を選ぶ事は当たり前では?
    私は散々日本人に痛い目に合わされ泣いてきたから、気を許せる人以外とは簡単に接しないスタンスでいます。
    筆者もこういう事情を理解するべき。

  10. 海外で日本人と会うのを極端に嫌う日本女性
    残念ながらヨーロッパでは結構こう言う日本の人に会うことが多い。
    私は今イギリスの某田舎町に住んでいるが、住人はもちろんほとんどイギリス人。
    ある日、スーパーでベビーカートの子供に日本語で話しかけている女性がいたので『日本の方ですか?』と何気なく話しかけると露骨に嫌そうな顔をされた。そして、『買い物中ですから。』とそっぽを向いて行ってしまった。ホームシックでつい声をかけてしまったけれど、『話しかけなければよかったな。』と後悔した。
    その後悔をさらに大きくする出来事があった。そのスーパーでその日本女性とばったり会うことがあったのだが、私の顔を見るたびにものすごい勢いでベビーカートを押して逃げていくので、すっかり嫌な気分になってしまった。何もあそこまで露骨な反応しなくていいのではないか。
    周りに他の人もいるのに、これでは私がまるで危険な人間に思われるではないか。
    私にはあのような態度をとるのに、イギリスのスーパーの店員が話しかけると笑顔で話していた。
    イギリスでは日本の人に声をかけられることも、こちらからかけることも何度かあったけれど、たいていは何気ない話をして笑顔で別れていたので、こんな人に会うとは思わなかった。
    もうあの女性には会いたくないと思い、あのスーパーに行くのをやめたけれど、小さな町なので他の場所でもばったり会うことがある。その度にあのリアクションをされるのでいつも嫌な気持ちにさせられる。
    リリーさんのアドバイス通り、知らないふりして気にしないようにしようとは思っているが、やはり同じ日本人にあんな態度を取られるのは辛いことである。

    • ヨーロッパとかだと、自分以外の日本人が近くにいるのをすごく嫌がる人がいますね。その女性は今まで自分だけがこの場所で唯一の日本人だということで得意になっていたのではないでしょうか。
      はっきり言ってそんな低レベルでしょうもない人物に腹を立てても無意味ですよ。
      それと、国際結婚している日本女性の中には同じように国際結婚している日本女性に敵意をむき出しにする人がいます。
      イギリスの男性と結婚した日本女性の会合みたいなのがロンドンでありましたが、お互いに見栄と虚勢の張り合いみたいな団体で、影ではメンバーの悪口ばかり言っていたので、恐ろしくなって一ヶ月で逃げました。
      あと、イギリスの人と結婚している日本人の中には日本の旦那様とイギリスに赴任して滞在している方を見下すような態度をとる人がいました。
      自分は英語も話せるし、イギリスの永住権も持っているのよと優越感丸出しで語ったり、ハーフの子供を持っていることを毎回自慢したり、イギリスの旦那は日本の男性と違っていかに優れているとか。聞いていて気分が悪くなりましたね。
      日本の旦那様とイギリスで滞在している日本女性の方たちの方がよほど親切で感じよかったです。でも、残念ながらそういう方達は数年経つと日本に帰ってしまうんですよね。

      • へぇー。そんな面倒くさい人いるんですか。フランスでは、パリとニースではそんな日本人、私は出会わなかったですが…。色んな人がいますね、本当に。