みなさん今年のお正月はどのように過ごしましたか?すでに今年初仕事をした人もいますが、今年初めて顔をあわせる人に新年の挨拶やスピーチで今年の抱負を聞かれることも少なくないでしょう。「一年の計は元旦にあり」とよく言われたものですが、多くの人が挙げる2013年は抱負はどんなものでしょうか。そこで今回は米サイトexaminer.comより、「2013年最も人気があった新年の抱負ランキング(2013 Most Popular New Year’s Resolutions)」をご紹介します。あなたの抱負と合致するものはありますか?新年の挨拶やスピーチ文例の参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

1. もっと家族や友人と過ごす時間をつくる

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

日本テレビの「ネプ&イモトの世界番付」では家族と過ごす時間を大切にする国ランキングを紹介しましたが、日本は31か国中30位でした。反対に仕事を優先する男性が多い国1位が日本で、45.1%でした。日本の労働環境が原因でもありますが、仕事ばかりで時間がなかなかとれない日本人だからこそ家族や友人と過ごす時間を積極的に作ろうと努力しなければいけないのかもしれません。忙しい生活の中で後回しにしてしまいがちな家族や友人との関係ですが、今年はもっと会う機会をつくるというのも一つの素晴らしい目標ですね。

2. 運動、エクササイズ

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

みなさん日々の運動は足りていますか?世界保健機関(WHO)が発表した「世界保健統計」によると、15歳以上の日本人の65.3%は運動不足だとされています。中国の運動不足率は30.6%、ドイツは30.4%、肥満大国のアメリカでも43.2%と日本より低い数字。日本人は世界的に見てもかなりの運動不足のようです。厚生労働省の定めた運動指針では、週4回のジョギング(35分)をするのがよいとのこと。毎日忙しくて運動する時間がないという人も多いでしょうが、2013年はジョギング習慣を目標にしてみるのもいいかもしれません。

3. 痩せる

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

厚生労働省によるとわが国は、欧米にくらべれば肥満の基準が厳しいそうです。しかも肥満者の割合が少なく、欧米にくらべると、極端な肥満の人が少ないといわれています。ただし、日本人は、欧米に比べるとBMIが比較的小さくても糖尿病などにかかりやすいことがわかっているので、油断できません。男性の場合、どの世代でも10年前、20年前よりぐんと肥満者の割合が増えています。とくに40代から60代の肥満者は30%を超えています。アメリカ人の60%が肥満(または超肥満)だと言われていますが、日本では逆に20~40歳代女性においては低体重(やせ)が増加傾向になっています。健康的なボディを保ちたいという欲求はどこの国でも共通しているようです。

4. 禁煙する

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

JT全国喫煙者率調査によると、成人男性の平均喫煙率は32.7%でした。男性の喫煙率は若干減少してはいるものの、他の先進諸国ではすでに20%を切っており、依然として高い状況です。女性においては、若者を中心に近年増加傾向にあり、妊娠・出産前あるいは育児中の女性が喫煙することは、我が国にとって大きな問題となっています。たばこ税も世界的に上昇傾向にあり、喫煙者にとってはますます肩身の狭い世界になってきました。筆者もたばこをやめて2年になりますが、禁煙したことを後悔したことはありません。「たばこは百害あって一利なし」とはよく言ったものですが、これを機会に禁煙チャレンジしてみましょう。

5. 人生をもっと楽しむ

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

「ストレス社会」とはよく言ったものですが、毎日の生活のなかでストレスを感じることが多いからこそもっと人生を楽しみましょう!松下幸之助は言いました。『春を楽しむように人生を楽しむ心があるならば、やがてまた春のそよ風のように、心もやわらいで、生き甲斐も感じられてきます。』今年はもっとあなたの人生をエンジョイしてみては?

6. お酒をやめる

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

日本人の約半数は、少量の飲酒後に顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたりします。これは生まれつきの体質によるもので、赤型体質とも呼ばれています。この体質はアルコールの分解が遅く、がんや様々な臓器障害を起こしやすいといわれています。普段からよくお酒を飲むという人は、今年は少し控えめにして健康に気をつけてみてはいかがでしょうか?

7. 借金返済

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

総務省の家計調査によると2人以上の世帯の1世帯当たりの負債額は543万円。借金が生活のストレスになってしまう人も少なくありません。今年は地道に節約して、コツコツお金を溜めるという年にすると決めてもいいかもしれませんね。今年中に借金を全て返済して、2014年は借金から解放された身軽な1年になりましょう。

8. 新しいことを学ぶ

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

今年は何か新しいことにチャレンジしてみましょう。転職を考えている人はもちろん、新しい言語を学ぶ、もっとパソコンを使えるようになる!、ダンスのレッスンを受けてみる!などなど…。考えるだけでもワクワクしてきますね。学びたいと思うものの本を買ってみたり、レッスン教室をのぞいてみましょう。思い立ったが吉日。モチベーションが高いうちに行動に移してみましょう。

9. 人助け

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

自分の利益ばかりを追求するのではなく、今年は誰かの役に立つことを目標にしてみませんか。人助けは反自己中心的で人気のある「新年の抱負」の1つです。ゴミ拾いや募金活動などのボランティア活動に参加してみましょう。あなたにもできることがきっとあるはずです。積極的に人助けをすることを目標にし、より良い社会つくりに貢献したという達成感のある1年にしてみるのもいいかもしれません。

10.整理整頓

今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング

毎日時間に追われて忙しい生活をしていると何かと乱雑になりがちですが、今年はきちんと整理整頓された年にするという目標を立てる人も少なくありません。まずは身の回りをきれいに整頓してみましょう。部屋を掃除していつでも人を招待できるようにする、オフィスの机周りを整頓してすぐに取り出したいものが見つかるようにするなどなど。普段手帳を持たないという人も、今年は手帳を買ってみてスケジュール管理するというのもいいかもしれません。きちんと物事が乱雑に放置されているのではなく整理された生活というのは、きっとあなたの心を平穏にするでしょう。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. […] 目標設定に失敗する理由から見ていく前に、「どのような新年の目標を設定しているのか」から確認しておこう。参考にした記事は「今年の目標は?2013年最も人気があった「新年の抱負」ランキング」で、今年アメリカで人気のあった「新年の抱負トップ10」を挙げると、以下の通りである。 […]