外国人と日本人。何が違うのか知りたい!という人のために、外国人との違いを数字で一目瞭然にわかるようにしてみました。「数字でわかる日本人と外国人の違い」シリーズ第二回目の今回は、中国人と日本人との違い。アメリカ人やヨーロッパ人に、中国人と間違われてしまうこともある日本人ですが、実際には中国人と日本人には大きな違いがあるのです。それではどんな点が違うのでしょうか?これを見れば、中国人と日本人の違いがすぐに理解できます。

 

1. 体型(男性)

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国人男性の平均身長は169.7㎝、日本人男性は170.7㎝です。平均体重は中国人で67.7 kg、日本人で64㎏です。日本人男性は中国人男性よりも、身長が1㎝高く、体重が3.7㎏軽いという計算になります。同じ人種と言うこともあり、中国人も日本人もほぼ同じ体型だと言えますが、日本人の方が少しやせているようです。これは食べ物の違いからくるのかもしれません。(参照相关新闻

 

2. 体型(女性)

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国人女性の平均身長は158.6㎝、日本人女性は158.0㎝です。平均体重は中国人で59.6 kg、日本人で53㎏です。日本人女性は中国人女性よりも、身長が0.6㎝低く、体重が6.6㎏軽いという計算になります。男性と同様、中国人も日本人もほぼ同じ体型だと言えますが、日本人の方が少しやせているようです。(参照相关新闻

 

3. 平均寿命

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国と聞けば何となく健康&長寿なイメージを持ってしまいがちですが、実際には中国はそこまで健康大国とはいえないのかもしれません。 中国人の平均寿命は73.7歳、対する日本人の平均寿命は83.3歳です。つまり、日本人は中国人よりも9.6歳長生きするという計算になります。人民日報によると、中国国民の健康水準は途上国のトップクラスに入ったとまとめています。(参照:euromonitor

 

4. 平均手取り年収

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国人の平均手取り年収は、7,942人民元。これは日本円で約121463 円です。対する日本人の平均年収は319万848円。これを12で割った、平均月収は中国で1万121円、日本では26万5904円です。つまり、日本人の給料は中国人の給料の26.27倍という計算になります。GNPでは2011年日本を抜いて世界2位となった中国ですが、経済指標を国民一人単位で見てみると、また違った顔が見えてきます。経済成長の目標が国民1人1人が豊かになることにあるとすれば、中国自身が認めるように、中国はまだ開発途上の段階にあるといえます。(参照:worldsalaries

 

5. 最低賃金(月収)

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国での最低賃金は166.7ドル、日本円で16003円です(1ドル96円で計算)。日本の最低賃金は1697.8ドルで16万2988円日本の最低賃金は中国の最低賃金の10.18倍です。中国人のサラリーマンを対象にしたアンケートによると、4人に1人が「月給1999元(約2万6000円)以下」と回答。6割以上の回答者が「4999元(約6万5000円)以下」という結果になりました。GDP2位の経済大国とはいえ欧米や日本と比べると、庶民の金銭感覚や物価感覚にはまだまだ違いがあるようです。(参照:euromonitor

 

6. 1日の摂取カロリー

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

中国人の1日のうちにとる平均摂取カロリーは3092.7cal、日本人は2756.4calです。中国人は日本人よりも336.3cal多く摂取しているという計算になります。336.3calというのは、クリームパン1個分と同じくらいです。平均身長と体重から計算する、中国人男性の必要摂取カロリーは1900cal、日本人男性で1923cal。女性では、中国人で1660cal、日本人で1647calです。(参照:euromonitor

 

7. 自国への誇りランキング(33か国中)

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

英誌エコノミスト(The Economist)が発表した調査結果によると、中国人の自国に対する誇りは世界33か国中7位、日本は最下位という結果になりました。中国の正式名称は、中華人民共和国。世界の心のやかな場所に人民やかに暮らすと考えているそうです。中国こそが世界の中心という考え方は、中華思想に基づく中国人の伝統的な考え方だと言われています。(参照:レコードチャイナ

 

8. 第一子出生時の女性の年齢

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

晩婚化による深刻な少子化問題を抱えている日本。とうとう女性の第1子出産時の平均年齢が「30歳」を超えてしまいました。2012年発表の厚生労働省による「人口動態統計」では、初産の平均年齢は30.0歳。そんな日本も1975年は25.7歳だったそうです。わずか30年ほどで5歳ほど上昇しています。そんな日本とは対照的なのが中国です。初産の平均年齢が21.5歳と、中国ではかなり若い段階でお母さんになる女性が多いようです。(参照:euromonitor

 

9. 英語力

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

 現在、世界67ヶ国で主要言語とされ、世界共通語としての役割りを着実に広めつつある英語。TOEFLiBTテストの点数は120点満点中、中国で72点。日本は65点でアジア28か国中最下位です。この点数を100点満点方式で計算した中国人の点数は60点、日本人は54点です。中国は28か国中15位という結果になりました。ちなみにお隣韓国の点数は72点で、第20位。アジア28か国中、教育や経済も一番発展している国である日本の英語力が世界的に見て、いかに低いかがわかります。国際社会に恥じることのないよう、日本人の英語力向上が求められます。

10. マナーの良い観光客ランキング(28か国中)

【外国人と日本人の違い】数字でわかる!中国人と日本人の特徴の違い

それでは、日本人と中国人の性格的な違いはどんなところに表れるのでしょうか。アメリカ最大手オンライン旅行会社のエクスぺディア(Expedia)が世界15,000以上のホテルマネージャーを対象に実施したベストツーリストランキングによると、最もマナーの良い観光客の第1位は日本「行儀が良い」「礼儀正しい」「ホテルで大騒ぎをしない」「クレーム・不平が少ない」全て圧倒的なポイント差で1位。「地元の料理に興味が高い」「旅行中の金遣いの良さ」共に3位。「部屋をきれいに使う」2位。「積極的に体験しようとする姿勢」などの項目でも高評価。一方、「チップの気前の良さ」や「地元の言葉を覚えて積極的に使用する態度」は、やや低い評価となりました。

 これに対し、中国の順位は28ヵ国中26位「部屋を汚す」2位、「行儀が悪い」3位、「ホテルで大騒ぎをしない」2位。「チップの気前の悪さ」、「地元の料理に興味が低い」では、最下位と言う結果になりました。一般的に、中国人は他人に無関心という傾向があり、電車やバスで他人に席を譲る人は少ないと言います。反対に日本人は、他人の視線や人にどう思われているかを気にする傾向が強いです。こういった国民性の違いが、このようなアンケートの結果に繋がったと言えるのではないでしょうか。(参照:travelerscafe

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

22 コメント

  1. よくさぁ、個人的にはマナーの良い(悪い)人がいるとか、ナショナルイメージの話で論点を摩り替え、その重要性をわざわざ矮小化する意見を言う奴いるけど、やはり外国に出かける時はそういう目で見られると言う自覚は持ってもらいたいね。

  2. >国際社会に恥じることのないよう、日本人の英語力向上が求められます。

    英語力が低いのは恥という考えが理解できないのですが。
    英語コンプレックスや、西洋中心主義の一種ですかね

    • 日本人の全てが英語ペラペラになったら
      日本にある日本の会社が雇うのは日本人でなくてもよくなりますね
      なるべく賃金の安い国から人を雇う事になるでしょうね
      日本人はそういった人達と就職を争う訳です。
      日本の国際化と引き換えに、最低賃金は、ますます低くくなり、移住してくる外国人も増え、治安も著しく悪化するでしょうね。
      逆に言うと、日本人は日本語に守られているとも言えます

      • 日本は外国に出稼ぎにいかなくても不自由なく生きられる素晴らしい国なので
        他国と比べ英語を扱えることによる利便性は低い

  3. 個人レベルでは英語ができたほうがいいが、
    国家レベルでは必ずしも国民全員が英語ができたほうがいいとは限らない。

    英語が通じないという「言語障壁」によって、
    英語による文化侵略や、移民の流入を抑制することができた。
    低賃金の外国人と雇用を争うこともない。

    英語ができないことは、必ずしもデメリットばかりではない。

  4. 最低賃金16万円とか嘘だな
    俺の先月の給料、手取りで8万円台だったぞ
    フルタイムで働いてるのに、だ
    まぁ、インフルエンザで3日休んだからその分減ってるにしても、それでも安すぎる
    ちなみに有給は存在しないブラック企業だ

  5. 私も英語出来ないのが恥とは思えない。
    英語でガンガン話す奴には日本語でガンガン答えるさ!
    郷に従え!
    むしろ日本語で話しかけて来る人には何故か英語で答えてしまう。

  6. オーストラリアに3年留学したけど、英語を覚えなくても困らなかったぞ?
    それほど日本で働くなら、必要性がないもの

    それに、昔とくらべ今はネットで翻訳できるし
    日本にいる外国人も日本語しゃべんねーし、別にできなくともいいんじゃない?
    学ぶ努力より、万人が使える翻訳ソフトが必要だろ?

    • 3年もオーストラリアに留学しておいて、いまだに翻訳ソフトに頼ってて、
      おまけにそれを自慢していて、お恥ずかしく思わなれないのですか?
      オーストラリアで一体何を学ばれたのでしょうか?
      そもそもその留学は行った意味があるのでしょうか?

      上で「もさん」がおっしゃっているように、私も日本に住む外国人は
      何人であれ等しく日本語を話すべき(学ぼうとすべき)だと思います。
      これは日本人にも言えることで、日本人が海外に住む場合も
      現地の言葉を覚えようとすべきです。

      英語が覚えられなかったから必要がないというのは理由になっていない気がします。
      チャレンジしてみて、できなくて、それでいて開き直る。

      そんな風に感じられました。

  7. 英語圏に行く必要のない日本人が、英語を使いこなせなくても
    恥と思う必要は無いでしょう、これまでは経済や文化など多くの面で
    日本は国内で完結していたので必要性を感じなかったという点もありますし。

    日本の経済力が下がり、生きていくため頻繁に他国へ赴く必要性が
    生まれれば、自然と他文化圏の言葉を使いこなす人も増えていきますよ

    まあ…それとは別に、日本の学校での英語の授業は
    もっと英語を話す勉強をするべきだと思うのですが…

  8. 大事なのは言語が何であれ互いに意志疎通がきちんとできているか?だよ。
    肝心な事はそれだよ、幾つか上の様子を見てごらんよ、上の人は限定的な条件で述べてるだけ、
    それに対しヤ顔で反応してる人のコメ読むと切なくなったよ。この日本語1つを使うのは簡単だけど、
    意志疎通が難しいんだよ、だから、外人は、日本語が難しいぃ~!って、よく言うのはソレなんだよ
    英語に限らず多言語で話せると得は確かだけどね。意志疎通な会話できてなければ何言語でも意味ないよ

  9. 日本で英語を公用語にして日本文化を破壊しようとしているグローバリズム・新自由主義者がいるからね
    仕方ないね

  10. できないよりできたほうがいいのは英語に限らずなんでもだけど
    色々なできる事の中で英語を選ぶか、それ以外の事を選ぶかってだけで
    英語だけを取り上げてできるかできないかで人の価値を判断しなくていいと思う

    国際社会の中の日本という事を考えれば英語できる人がいないと困るし
    そういう人には大いに頑張ってもらいたいけれども

    国民全員が英語を話さなければならないとは思わないし
    そうしなくても幸せに生きていける日本はいい国だと思う

  11. 日本人が日本で生活する上で英語が必要な人は限られてるね。

    個人的には私は自分の仕事で英語使わないけど、英語は習得してる。
    言語は思考を司るものであって、他言語を勉強することは、他文化の価値や思考の性質を勉強することにもなるし、日本語にはない気持ちの表し方も身について、表現の幅が広がると思う。
    あと、英語が使えると圧倒的に情報量が違うし、色んな国の人の見解が知れる。

    例え生活上必要なくても、他言語がわかると、他者を知り自分も知れる、何らかの利益はあると思う。(だから勉強すべき、と言ってるのではなく、個人的な感想ね)

    • あと↑の記事は、日本の英語力がアジア28国で最下位なことを嘆いているのに、どうして「公用語が英語になったら~」とか「国民全員が英語を喋れるようになったら~」という極端な議論になってるのか不思議。
      ↑の記事は、もう少し向上する必要があると言ってるだけで、公用語にしろとか全員喋れるようになれなんて一言も言ってないのにね。
      最下位か全員ペラペラかどちらかではなく、間があるでしょ。

  12. 国民が英語を話せるようになったら、世界中から移民やら何やらが押し寄せてきて、日本古来の文化は消滅するでしょう。
    英語の方が世界的に話者も多い分、公用語も徐々に英語になっていきやすく、日本の今までの歴史、文学なども、読める日本人自体が減っていくでしょう。
    そうなれば、歴史の捏造も簡単です。
    そうならなくても、本のデジタル化が進めば、権力者にとって不都合な箇所も、わざわざ集めて焚書にしなくても、削除、書き換えがクリックひとつで済みますけどね。

    どんなに日本人が流暢な英語を話したとしても、英語圏において日本人は二流、三流にしかなれません。
    でも日本語においては常に一流でいられます。
    私は個人的に、短歌も俳句も、日本語以外のは邪道だと思っています。

    グローバル何とか、を押し付けてくる人々はそれが日本人であろうと外人であろうと、日本独自の特異な文化、伝統、言語などを忌み嫌う傾向にあります。
    日頃、日本人はオリジナリティがない、と批判しておきながら、日本のオリジナリティをつぶす側には、日本人は加担すべきではないですね。
    それは自分の左腕で自分自身の右腕を切り落とすような愚かな行為だと思います。

    日本人の多くが英語を話せないため、日本の市場に入って、日本人から儲けようとたくらんでいる人々は、今、地団駄を踏んでいるのでしょう。
    東大も最近、推薦入学を取り入れる、などと発表したばかりです。
    大学自体、欧米のように9月入学を認め始めていますし。

    そうやって着々と、自分たちが入り込み易いように、日本を地ならししているのですね。
    また世界で帝国主義時代が始まったのかもしれません。
    今度こそ、日本は独立を守りきれないでしょう。
    精神が既に欧米に侵略されてしまっているからです。

  13. 工業と文化をこれからも発信していくでいい
    外国語なんて生み出すことのできない乞食がやる学問だよ
    ただし一部の技術者に英語は必要だ

  14. 日本女性の平均体重が中国人並み(59kg)だったら、太めの日本女性は楽になれた。
    59kgで普通になれるなら幸せだ。羨ましい。
    日本はガリガリ多すぎて、それに合わせて痩せないと馬鹿にされるからしんどい。
    耐えず飢えてしんどい。

    • いやいや、こういうネット上のデータは、どこから情報を持ってくるかで結果はかなり違いますよ。
      海外のサイトでも、日本のものでも、調査年やデータの発行元によって結果は全く違うので、こういった数値は「あくまで参考にする」というのがネット情報を読み取る側の常識ではないでしょうか。
      論理的に考えても、全国民の身長のデータを毎年正確に測って、平均を出すって難しいと難しいと思います。どの年代、どの地域から、どの調査機関が行うかで結果は違いますしね。
      国際比較となると、尚更データ元の信ぴょう性はさらに低くなると思いますが…。