BBCが調査した「世界に良い影響を与えている国」ランキングで、世界1位となった日本。世界の人の58%が日本をPositive(よい)国と判断しているが、具体的にはどこが親日国なのだろうか。

そこで今回は、海外旅行先で日本人が実際に「この国は親日的だな」と感じた経験エピソードをまとめてました。また、反対に「この国では日本人がよく思われていないな」と感じたエピソードも紹介します。日本人が「親日国」、「反日国」に行くと、どうなるのでしょうか?

 

● トルコで至れり尽くせり

トルコの人たちはすごく親日的でした。本当に日本に親近感を持ってくれています。空港からのバスで落とした財布を拾ってくれた人、安いホテルを教えて案内してくれた人、船に乗り間違えた時もいろいろな人にお世話になりました。みんなとっても優しかったです。もう一度行きたい国ナンバーワンです。(匿名さん

 

● 親日国 トルコ

言葉もわからないのに色んな人が話しかけてきた。果物屋さんが果物をタダでいつぱいくれた。びっくり。(みよさん

 

● 戦争の仲間同士?ドイツ

親日なのはドイツだと思います。ビアホールに行った際に、年配の方に「一緒にアメリカと戦争をした仲間だ!」とビールをおごってもらいました。(ibukingさん

 

● 黒髪好きなエジプト

親日といえばエジプト。町を歩いてると「オシン!」と声をかけられます(笑)。黒くて真っ直ぐな髪が憧れだそうで、お土産屋のおばさんにさわらせてあげたら半額にしてくれました。(いーずさん

 

● ベトナム人の反日感情

ベトナムのレストランで他のテーブルの家族から物凄い形相でにらまれたことがあります。反日感情を持つて入る人は少なからずいるのでしょう。(みずりんさん

 

● 韓国は親日で反日的

反日国も親日国も韓国かな!?若い人は日本に対して非常に興味を持っているようで日本人に親切ですが、年配の方はやはり戦争のことが頭から離れないみたいに感じます。(匿名さん

 

● どの国に行っても歓迎されるのでは?

ほぼ世界のどこに行っても日本人って歓迎されますよ。良い意味ではキレイ好きな所(部屋を汚さない)や礼儀正しい所。悪い意味ではお金を落としてくれる所。反日感情ってたとえあったとしても、観光で行く分にはあまり感じないと思います。(ゆう#さん

 

● やっぱり台湾は親日国

台湾では若い子が日本語を熱心に習っており、日本語をしゃべりたくて仕方ない感じでした。中年くらいの人たちもとても親切で、行く先々でとても親切にしてもらいました。(サイファさん

 

● そもそも親日国、反日国はない

実際に外国に行って、その国が反日国、親日国と感じたことはありません。どこの国でも日本人にやさしい人もいるし、日本人が嫌いな人もいるしという感じでした。アメリカに住んでいたときも、ほとんどの人はやさしかったのですが、ジャップは東京に帰れと、知らない人に面と向かって言われたこともありますし。(milkyさん

 

● 韓国と香港は、親日で反日

親日国であり、反日国と感じるのはやはり、香港や韓国。現地のお年寄り達は日本軍の占領時代を忘れていない。それに楽しいショッピングと言うより、買いあさるに等しい日本人は嫌われますね。特に韓国は現地値段、外国人値段(欧米人)そして日本人値段と言う3段階に分かれていて・・・まあ、日本人のオヤジ達が現地で傍若無人に振舞っているのを見ると仕方ないのかな?なんて・・・(kazponさん

 

● 日本の占領下に置かれたバリ

バリは昔、インドネシアの一部として日本に占領されてたのに、向こうの老人は私のために戦時中に覚えた日本の歌を歌ってくれたり、覚えてる限りの日本語を喋ってくれたりします。昔の事は戦争だったから仕方ないと言ってくれます。(hamaさん

 

● 韓国タクシーでぼったくり

数年前だけど、韓国でタクシーに乗ったとき、あまりにも高い値段をふっかけられたので抗議したら「日本人なんだから金を出せ」といわれた。それ以来、韓国には行ってません。(mimiさん)  

日本人が実際に感じた「親日」「反日」 海外旅行先エピソードまとめ

 

● 親日と反日がはっきり分かれるのが韓国

親日的で反日的なのは韓国。ロッテリアで友達と次に行く場所を話していたら連れて行ったくれたり、コンサート後でタクシーに乗りたい人が山ほどいる時に車道に出て模範タクシーを停めてくれたり。でも反日的な人は思いっきり反日的。(vivienneさん

 

● ホントはそこまで親日でもない?オーストラリア

日本では親日の国と言われているオーストラリアですが、私はそこまで親日的な感じがしませんでした。反日的とも思いませんでしたが…。ただオーストラリアはアメリカやカナダに比べて欧州系の方がかなり多いため、アジア人と欧州系白人との間には溝があるように感じました。(mi-oさん

 

 ● 日本のおかげで独立できたフィンランド

フィンランドです。日本人かと聞かれ、「そうです」と答えるや否や老夫婦が「トウゴウ」と繰り返し言ってました。そして「とまってけ」と言われ、2泊させてもらいました。とても親切でした。日本に帰ってわかったのですが、日露戦争で日本が勝利したことでフィンランドはロシアから独立したとか。「トウゴウ」=東郷だね。(匿名さん  

 

● 黒髪人気の国 ギリシャ

ギリシャで日本人だというと、すごく親切にしてもらえました。日本人だけではないのかもしれませんが、黒髪に憧れがあるみたいで、娘の長い黒髪は どこに行っても人だかりができるほどでした。(donmeguさん

 

● 9割が親日家?ベルギー

べルギーで私が生活していた約6年間に出会った人は9割以上が親日家でした。というより、どこの国の人にも親切でした。日本人だからということで、嫌な思いはしたことなかったです。(kuri-kuさん

 

● ハワイは親日だけど…

日本語も通じるハワイは親日国。ところがパールハーバーに行った時、英語がわかるかと聞かれてオフコースと言ったら、真珠湾攻撃の事を英語で説明されました。やっぱり反日国なのかなと思いました。 

 

● 日本に詳しいコロンビア

親日=コロンビア。かれこれ2年半住んでいますがみんな日本人にはとても親切。日本への出稼ぎの売春婦も多いし、良い意味でも悪い意味でも日本を知っている。サッカーのワールドカップとかトヨタカップを日本で開催したのもサッカーフリークなコロンビア人にとって好印象。(匿名さん

 

● 反日なのは漢民族
中国は反日国としてのイメージが強いですが、中国国内で反日的なのは漢民族の若い年代。年配者はそうでもなく、親切な人が多いです。少数民族は親日的です。特に内モンゴル、新疆ウイグル、チベットなどでは、しょっちゅう漢民族ともめていて独立したがってます。日露戦争での勝利や中国への侵略には尊敬に近いものを持ってます。「敵の敵は味方」といったところですかね。因みに、漢民族は少数民族を「蛮族」としてしか見ていないので、差別しない日本人は好かれます。(Tamaさん 

● 日本は中国の属国?

反日的で怖いなと思ったのは、ポルトガルです。見た目がアジア人だと公共の場所で指をさし文句を言われ、バカにされ、バスでも電車でも怖い思いをしました。豚インフルで、中国がメキシコ人を隔離した時だったのでよ余計そうだったのだと思います。日本は中国の属国と思っているようです。
スペインはチノ、チナと差別を受けますが、まだ日本人と解ると、「ホンダ、トヨタ、カミカゼ」などとおどけてきたり、ホテルでは礼儀正しく部屋を汚さないから好きだと言われます。バカにした感じで「ニーハオ」と通りすがりに言われたり、「チノ、チナ」とはき捨てられるのを気にしなければ、良い国です。普通に親切にしただけで、急に人懐こくフレンドリーになります。有色人種(黄色、黒人)に対して差別があります。(ゆうぴさん

 参照

“”

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

5 コメント

  1. 台湾の台北市に仕事で3年弱生活していました。乗ったタクシーの運転手が私たちが日本人だとわかると乗車料金をタダにしてくれたり、頼んでもいないデザートがサービスだと出てきたり、一緒に仕事をしていた日本人の友人の3人ほどが台湾の人に求婚されて結婚しました。日本人とわかると途端に親切にしてくれます。嫌な思いはまず!したことないな・・。

  2. 「みずりんさん」がベトナムは反日とありましたが、それは勘違いだと思います。私はベトナムに赴任して7年経ちますが間違えなく親日です。恐らく中国人か韓国人に間違えられたんでしょうね・・・中国や韓国と違いベトナムは日本のODAで作った橋や道路にはお互いの国旗を表記します。学校でも日本教育が盛んで日本のODAに助けられてるなどの教育もされています。又、今では学校での日本語教育も始まっており日本人に対して非常に友好的です。治安も非常に良く家族赴任も問題ありません。
    ベトナム人は間違えなく親日国ですよ~~~~ヽ(*´∀`)ノ

  3. アメリカでの差別。取材の合間の昼食時、ブルーカラーの白人に露骨に差別されました。他のジャーナリストのオーダーは取るのに、呼び止めても完全無視。ブチ切れして英語でまくし立てたら、黒人ジャーナリストが助け舟を出してくれた。悔しかったのでラモーンズのKKKをアカペラで歌って中指立ててやった。基本的にメキシカンと黒人は親切にしてくれた。ロサンゼルスのギャングの取材では、敵対している両組織は友好的に応じてくれた。

  4. >そもそも親日国、反日国はない
    実際に外国に行って、その国が反日国、親日国と感じたことはありません。どこの国でも日本人にやさしい人もいるし、日本人が嫌いな人もいるしという感じでした。アメリカに住んでいたときも、ほとんどの人はやさしかったのですが、ジャップは東京に帰れと、知らない人に面と向かって言われたこともありますし。(milkyさん)
    この意見に賛同。グローバルな時代親日反日と分け分断すること自体権力に利用され分断され対立させられてるだけのナンセンスであり日本国内でも日本人に冷たい日本の住民もいれば捨てたもんじゃないなと思える温かい日本住民もいる。
    私はどこの国籍だろうとどこの国の国だろうと日本だから韓国だからなどステレオタイプに考えず自分が辛い目に
    あったら等を創造しつまらぬ愛国等のプライドを捨て親切で困っている捨てたもんじゃないなと
    思える温かい人を応援したい。私は日本に住んでるがインターナショナルだ。どこの国にも属さない。