梅雨が明けて日差しの強い毎日が続く今日この頃。夏になって日本の女性が気にすることと言えば、紫外線ですよね。日本では「色白は七隈隠す」と言われ、白い肌が美しいとされているため、日傘やアームカバー、サンバイザーなどで日焼けを防ぐ女性が多いです。しかし、海外では日焼けしたブロンズ肌が美しいという国が多く、日焼けに対する考え方は真逆である場合も少なくありません。そんな海外の人からすると、紫外線対策グッズで必死に肌を守ろうとする日本人女性は奇妙に映ってしまうかもしれません。
そこで今回は海外の日本情報サイトJapanTodayより、「夏になると黒いアームカバーやサンバイザーで日焼け対策をする日本の女性についてどう思う?」に寄せられた外国人の意見を紹介します。UV対策をバッチリした日本人女性は外国人の目にどのように映るのでしょうか。

 

  • SimondBさん

    日差しから目を守りたいならサングラスをするのと同じように、腕が日焼けしたくないからアームカバーをするっていうことだと思う。日本ではもっと変な恰好をした女性に会ったことあるし、別に驚かないよ。

  • InControlさん
    アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。だから女性たちは時間とお金をかけて美白クリームを塗る。
  •  Roxana Aさん

    黒のナイロンストッキングをはいている人は何なの?こういう女性の話を海外の友達にするけど、誰も信じてくれないよ。

  •  pizzatimeさん

    馬鹿みたいだし、やっても意味ないよな。

  • 「日本人の紫外線対策は異常」日焼けを嫌う女性に対する海外の反応
    モーティシア

    Marilita Fabie-Fujisawaさん
    アダムス・ファミリーに出てくるモーティシア(母)みたい。顎まで隠れるサンバイザーとか最悪だよ。

  • Pukey2さん
    何が悪いのかよくわからない。日差しに当たりすぎると肌の老化を早めるだけよ。自然な日焼けをした人は年をとっても肌はきれいだし、若く見えると思うんだけど。
    >アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。
    そういう理由もあるのかもしれないけど、紫外線対策は日焼けが原因でシミやしわが増えるのを防いでるだけなんじゃないかな。それに私だって一日中外にいなくてはならないときは、長袖を着て帽子を被るようにしてます。
  •  Frungy

    いいアイデアだと思う。皮膚がんは馬鹿にならないし、日本人のほうがむしろ常識的だと思うけど。

  •  Heidi11さん

    私の経験上、日本の女性は定期的に顔のレーザー治療をしている。日本ではこういった治療も手軽に安くできるしね。肌のコラーゲンが増えるけど、反対に日焼けに弱くなる。こういうことも関係して、日本では日焼けがNGなんじゃないかな。

  • Wakarimasenさん
    見た目は馬鹿っぽく見えるけど、別に問題はないよね。女性が老化や皮膚がんを心配して日焼けしたくないというならOK。サンバイザーも見た目は悪いけど、確かに日焼け対策になる。正直、日傘のほうが腹立つ。日傘をさしている女の子を避けるようにして歩かなきゃいけないし、目に当たったら危ないでしょう。
  • Michael Greenbergさん
    紫外線対策のためにアームカバーやサンバイザーをする人が増えれば、骨粗しょう症になる人も増えると思う。太陽の光には骨を強くするために重要なビタミンDをたくさん含んでいる。アメリカとは違って、日本の牛乳には「ビタミンD配合乳」が少ないから、日本人はもっと日に当たってビタミンDを摂取すべきなのでは?シミを作りたくないという理由で日差しを避けるのもわかるけど、ビタミンDを摂れなくなるリスクも考慮すべきだよね。
  •  gokai_wo_manekuさん

    アームカバーにサンバイザー。こんな恰好はよっぽどのナルシストじゃないとできないよね。ダース・ベイダーみたい。

  • budgieさん
    ナルシストってよりも、もうなんか強迫観念に近い状態だよね。日焼け止めクリームを塗って、なるべく日陰を歩くようにするっていうのは理解できるけど。美容業界&化粧品業界は「ちょっとの日差しでも肌にダメージを与える」と女性に植え付けてる。だから、日本の女性はたった数秒でも日に当たらないように気をつけている。紫外線対策グッズとか、日焼け止めの化粧品とか、美容業界はさぞかし儲けているんだろうな。
    そして一生懸命日焼け対策をする女性はきまっておばさん。”美白”が美しく見えるのは若い女の子だけ。年齢を重ねたら、少し太って日焼けするべき。青ざめた顔でしわだらけの体だと不健康にしか見えないでしょう。

  • Thomas Anderson紫外線対策グッズってどれもたいてい黒だけど、夏には暑くないのかね。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

26 コメント

  1. >アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。

    どこの国の事だろう
    初耳だわ

  2. 肌が黒い人=奴隷って白人国家の文化でないの?
    日本にはそんな文化ないと思うんだけど、アジアってどこの国を指してるのかな。

    一番の理由はシミと肌の老化防止で美白が高貴に見えるとか意味不明だなぁ。
    皮膚がんのリスクは白人程じゃないしあまりピンと来ない。あとレーザー治療安いって言ってるけど、高くない?他の国はもっと高いのかな?出来ればそんな事にお金使いたくないし。
    でも適度に日に当たらないとビタミンDが作れないので腕や足には日焼け止め塗る日と塗らない日がある。確かに異様に見えるおばさんとか不健康そうに見える人いるけど本人が満足なら問題ないし、見慣れた光景。人通りが多い場所や狭い道での日傘は確かに危ないし迷惑だぁーと思う。

  3. 日焼け止め自体が有害だって外人はしらないんだな、有害だから日本は日焼け止めのSPF規制してんだよ
    白人は日焼け止めの有害性よりも紫外線のほうがヤバイから規制してないんだよ
    あんなもの日頃からベタベタ塗りたくないって

    • 日本で売られている日焼け止めのSPFの高さと海外での高さを比べたことありますか?
      海外では通常SPF30で十分ビーチに行っていますが、日本女性は普段の通勤でもSPF50です。
      SPF100以上を売っているのは日本でしかみたことがありません。

  4. >色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高い
    これはむしろ白人国家の常識でしょう

    日に当たりすぎて肌を真っ赤にしてる白人の方ががばかみたいだ
    でも日焼け肌がかっこいい健康的というのが彼らの価値観なので口出しはしない

    外国人も日本人の価値観に口出ししないで欲しい

  5. 日本人女性の美白に対する執念は、アメリカ人の白い歯に対する執念と同じ。
    アメリカでは幼少時の歯の矯正は当たり前で、大人になっても歯医者に通いまくり、「イギリス人は歯が汚い」などと言って馬鹿にする。
    他国から見れば、アメリカ人は「白く整った歯」に対する強迫観念に侵されているようにみえる。
    これが文化の違いってやつなんだろうな^

  6. >アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。

    これはインドおよびその影響を受けたインドシナ、特にタイの文化ですね。

    タイでは色白が絶対的な美であるだけでなく、上流階級は華人系の血が濃く、また色白の人を選んで結婚するため、肌の色の白さが階級と相関します。それに加えて白人崇拝も強烈。

    アジアに来る欧米人の大部分はタイに行っており、物価の安いタイに長く滞在します。アジアはタイだけという人も多い。タイも海外に向けて「アジアの代表」という売り込みをしているため、仏教圏のアジア(非イスラムのアジア)はタイと同じ価値観だと思ってしまう欧米人は非常に多いです。

    例えば、日本人に対して合掌しながら頭を下げる挨拶をする欧米人がよくいますが、あれはタイの挨拶です。インドでは滅多なことでは合掌しません。あれも、彼らがタイで覚えてきたことで、日本の文化≒タイの文化、という先入観からでしょう。

    • 中国とベトナムも同じです。
      インドでは「奴隷」だからかどうかは知りませんが、インド映画の女優は全てカシミア地方の色白です。

      要は、白人は黒くなりたい、アジア人は白くなりたい。
      お互いにナイ物ねだりなだけです。

  7. 白人の肌って染みだらけで汚いよな。美人女優と呼ばれてる人でも近くに寄るととても見るに堪えない汚ならしさ……。
    海外のおまいら、もうちょっとスキンケアに気をつかえやw

        • できにくいのは科学的証拠として本当です。説明するとすれば、それでも日焼け願望が強いので彼らの中で四六時中日焼けとしている人はたとえ白い肌をしていてもシミができるということで、さらに白い肌なので目立つということです。

          黒いほうが、光は集中します。
          単純な物理知識です。

    • ビタミンDが太陽光に含まれているのではなくて太陽光を浴びることによって体内で生まれるのです。

  8. >アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。
    アジアじゃなくて開拓時代のアメリカじゃないか

  9. 奴隷って言い方がきついだけで社会的階級と肌色の関係は日本の歴史上一貫して存在する。
    平安の貴族しかり江戸時代の若旦那しかり、色白である事は日差しの下労働せずにすむ上流階級の象徴として好まれたのだから。
    まあ実際に奴婢の類の肌は日焼けはもちろん垢やススで汚れて色黒だったろう。

  10. 日本の化粧品会社が煽り過ぎで強迫概念になってるんだよな。
    日本くらいの緯度だったら実際日常生活でそこまで対策必要ないし、一日中外でて焼いてるんで無い限りちょっと外歩くくらい肌に対する影響だってほとんど無い。
    さらにヨーロッパなんて積極的に日光浴びた方がいいくらい。

  11. >海外では日焼けしたブロンズ肌が美しいという国が多く、日焼けに対する考え方は真逆である場合も少なくありません。

    ちょっと前に興味があったので、ある二つの海外の大型掲示板で「日焼けした女の子と肌と色白な女の子」がどっちがいい?って内容のスレッド立て、書き込み数もかなり伸びたけど、欧米人の意見は意外にも色白(fair , pale , snow white)派が一番多く、次点で軽く焼けた肌(slightly tanned)。特に男性は色白派が多いらしく、白人がブロンズ色にまで焼くことには、「醜い」「似合わない」「不自然」「アバズレっぽい」と否定的な書き込みがほとんどだった。”fuck tanned women, marry a fair-skinned “なんて言われてた。「ブロンズ色に焼けた肌が裕福な証」なんて考えは少し古いのかもね。
    欧米も20世紀初頭以前「色白が裕福の証」→20世紀後半「日焼けが裕福な証」と移り変わってきて今は「好みの問題」なんだろう。

  12. 日差しが痛いんだよ…わかってくれよ(´・ω・`)そして蒸し暑いんだ。

    やってみると分かるけど、

    キャミ+長袖(カーデとか)で腕をカバーするよりも
    半そで+アームカバーをつける方が涼しいんだよ…

    マジで夏の日差しは圧力があるように感じる。
    日に当たってるだけでも痛いんだよ…orz

    まじで日本の日焼け対策にあきれてる外国の人は
    日本の日差しにあたってみると分かってもらえると思う。

    • 確かに日本の日差しは強いと感じますね、東南アジアに住んでいるこっちとしてはこっちの光は「強い」と感じません、もう湿気が多いので光がどうこういうレベルではなくて全体的に蒸し風呂です。に、比べて日本は湿気が少ないので日差しだけが強く肌にあたってる感覚になります。

      感覚の問題なのでかといって日本の方が東南アジアに比べて強いとは思いませんが。

  13. 奴隷に噛み付いてる人いるけど、公家や武家の女と小作人だと、そりゃあ前者の方が色白で金持ちの女って思われてたって意味でしょう。
    実際白粉なんて使えてたの金持ちだったろうしね。

  14. >>>アジアの文化では色が黒い人は奴隷で、色が白い人は社会的身分が高いってことを意味するんだよ。

    >どこの国の事だろう
    >初耳だわ

    中国、ベトナム、タイなどです。
    日本はわかりませんが、たぶんアジア全体がそうだと思います。

    インドやネパールやスリランカでも同じで、インド映画に出てくる女優は全て色白のカシミア系であることからも分かると思います。

  15. 中欧に住んでいますが、テレビで日本の真夏の街の雑踏の様子が映った時、長袖やサンバイザー、手袋などの人がたくさんいるのを見て「日本ではフクシマの後、ああいう格好をしないと外出できないの?!」と聞かれた事があります。日焼け対策だと説明しても信じきれない様子。正直な感想が聞けた気がしました。
    冬に寒さが厳しく日が短くなる国では、夏の日差しを有難がってできる限り体に取り込もう、と考える傾向があるようです。でも、白人の肌では均一にうまく焼く事が難しいらしく、火傷にもならずすぐ小麦色になるアジア人を羨ましがっています。私自身は、なりたくないのに年々地黒になっていってる気がする……>_<…