海外で生活している人のなかには、日本語以外に外国語を2つ以上習得している人も少なくないのでは?昔から「類は友を呼ぶ」と言われていますが、3ヶ国語以上話せる人には同じような人が集まるものです。

 筆者自身も英語と仏語を話し、同じように3ヶ国以上の言葉を習得している友人も多いですが、3ヶ国語以上話す人には独特の共通点があるように思います。そこで今回は、3ヶ国語話すようになって初めて気が付いた「3ヶ国語以上話す人にありがちなこと」を6パターンご紹介します。もちろん全ての人にあてはまるわけではなく、きちんと学習された方にはあてはまらないケースもありますので、ご了承ください。

 

1.ごちゃまぜ

【海外在住者】3ヶ国語以上話せる日本人にありがちなこと6パターン
言語をしっかりと分けて覚えるのが意外と難しい

学習する外国語が1言語の時にはないことですが、2言語以上になるとごっちゃになってしまうことも。母国語と混ぜてしまうことはありませんが、例えば英語とドイツ語を混ぜこぜにしてしまう人など英語と他の言語が混ざってしまうという人は少なくありません。

また、自分と同じ言語(数)を話せる人といることが多い場合は常に「甘え」があるので、さらに言語を混ぜてしまう傾向にあります。例えば、フランス語で”ordinateur”と言わなくてはいけないとき。英語も日本語も通じる相手との会話では”computer”でも”パソコン”でもわかってくれるという甘えがあり、こういう環境にいると自分は「○○語を話している」という感覚が次第になくなってきてしまいます。

 

2.とっさに言いたいことが出てこない

3ヶ国語以上を日常的に使っていると、とっさに言いたい言葉が出てこなくなることもあります。最初に頭に浮かんだ言葉が日本語以外の場合、それを日本語に訳すという作業が必要になり、少したどたどしくなってしまうことも。特に海外在住者が日本にいる友人とたまに話したりすると、頭の中で言語のスイッチがうまく働かず、「カブレてる」と言われても仕方がないほど日本語が出てこなくて困ることがあります。

 

3.「外国語」と「外来語」の違いがわからなくなる

日本人にとっても外来語はやっかい
日本人にとっても外来語はやっかい

日本語は割と外国の言葉を多く取り入れている言語です。普通の日本人の会話でも「レストランに行ってテーブルに座って、ベルを鳴らしたらウェイターが来た」のように、多くの外国語を日常的に使っています。そうすると、「日本語化している外来語」と「外国語」の違いがよくわからなくなってしまいます。

また、同じスペルでも読み方が国によって違う言葉なども注意が必要です。ちなみに筆者が最近分からなくなってしまった単語は「WIFI」です。日本語は英語と同様「ワイファイ」と発音しますが、 フランス語では「ウィーフィー」と発音するので、とっさにいつも迷ってしまいます(汗)。

 

4.日本語力が落ちる

海外に住み、日本語以外の言語ばかり見聞きしている生活にどっぷりつかってしまうと、日本語力が低下してきます。特に、漢字が書けなくなったりきちんとした敬語での会話が難しくなったりします。また、日本語を使って会話する場合でも相手が外国人の場合は、「わかりやすい日本語」になおして話すことが日常化してきてしまいます。海外に住む日本人は現地での言葉を覚えることも大切ですが、それと同時に日本語力を落とさない努力が必要なのかもしれません。

 

5.「ちょっと話してみてよ」と言われて困る

「英語で何か話して!」が一番困る…
「英語で何か話して!」が一番困る…

海外に住んでいる人や外国語を話す人は一度は言われたことがあるのではないでしょうか。海外在住者が日本にたまに帰って言われて困ってしまうのがこの言葉です。「ちょっと○○語で何か話してみてよ?」と言われても、何を話せばいいのか困ってしまいます。何か質問されたわけでもなく、何の話題もない状況で、急に「一人で何か話せ」という無茶ブリにあい、返し方に困ってしまったという人は少なくないです。

 

6.できた頃に自分よりもすごい人に出会って凹む

言語習得の道は長いもの。「話せるようになった!」と思っていい気になっていると、自分よりもすごい人に出会ってへこんでしまうことも。各言語のレベルが高い人や自分より多くの言葉を話せる人は世界にごまんといます。筆者もフランス語が少し話せるようになって調子に乗っていたころ、スイス人の小学生に「フランス語じゃなくて英語で話してあげようか?」と言われて凹んだことがあります。上には上がいますが、凹むことがってもあきらめずに、言語学習を頑張りましょう!

 

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. わかる!すごく!
    私も英語とフランス語を話すんですが、英語話者と話してそのあとフランス語話者と話そうとすると
    二つを混ぜてしまって恥ずかしい思いをしたり、「あーーーこれ日本語で何ていうんだろう」っていう
    最強にうざい言葉を吐いたりしてしまいます!!!!
    ちょっとフランス語で自己紹介してみて!って何度言われたことか!
    本当に苦手です;
    今日いいとも増刊号に出ていた、フランス人のハーフの芸人は
    [ bonjour a tout le monde! il faut pas faire caca dehors]
    と言って、会場とまわりが「おお~」となって「何て言ったの?」と聞かれ
    「こんにちわ、野グソをしてはいけません、と言いました」と言って
    爆笑をとっていました。私もテレビの前で大笑いしていましたよ。こんな風に答えればいいのかも。

  2. 私は日本に住んでますが,英語の他になんとか習得した2つ外国語をまだ忘れてません。年一度の外国旅行で,英語以外の2つの言語を話す時は,時々,ごちゃまぜになりますね。でも,現地にも2言語ごちゃまぜ話者がいて,そういう人の話が自然に理解できるから恐ろしい(笑) 英語の外来語を自分はカタカナ発音しているつもりなのに,周りの人にはそう聞こえていなくて,ひとり浮いてしまう。漢字は日本に住んでいても書けなくなるので,悩む必要なし。困るのは丁寧語で,ふつうの日本人の会話がいまでも馬鹿丁寧に聞こえ,とても真似ができないと落ち込みます。尊敬語は,今の若者もできないので,そんなに気にしなくていいと勝手に考えてます。先日,地下鉄の中で,見知らぬ若造がすぐにキレて「お前」と言ってきたので,敬語も使えないのかと言ったら,「あなた様」と言い直したのでもっと驚きました。どうもその2つしか知らなかったらしい(笑)

  3. すごく分かります!
    私は日本に住んでる日系ブラジル人なんですけど、国際校に通っていて、日本語、英語、ポルトガル語、そしてスペイン語が少し話せるんですけど、親と話すときは日本語、ポルトガル語のミックスで、同じブラジル人の友達と話すときは4ヶ国語ミックスで話してしまいます。友達も似たような境遇なので特に問題はないんですけど、ミックスで話してしまうのでどうしてもどの言語でも中途半端にしか話せないというか、理解できないんです!特に日本語は、敬語や古典?などが苦手で…。さらに、日本人の方と話すときに、頭の中では言いたいことが分かっているのに、それを日本語で言えなかったりすることもあって、良く困ってます(笑)
    英語の授業で和訳をしないといけない時でも、理解はしているんだけど、ポルトガル語になら訳せるんですけど、日本語には訳せない、など、良くあります。
    外来語に関しても困ることが多々あって、海外にいる友達と電話でトークしてたりする時に、私が友達をからかいすぎて友達が少し怒ってしまって、つい日本語でごめんと謝ってしまったり…(笑)

    色々困ることはあるんですけど、私の場合はもう個性という事にして、気にしないようにしてます。私は新しい言語を学ぶのが好きなのでこれからもっと学びたいと思ってますし、いちいち気にしてたらキリがないと思うので(笑)

  4. あるあるですね!
    私は中欧在住ですが、外国に出て久しぶりに英語を使おうとすると、住んでいる国の単語が混ざります。しばらくすると慣れてくるのですが、住んでいる国に戻った時に英単語の方が先に浮かんで咄嗟に言葉が出なくなったり。自分がそんななので、同時通訳の人の頭の中はどうなってるんだろう?すごいなぁと思います。
    帰国中も、頭の中で住んでる国の言葉で言いたい事が出てきて、それを日本語訳するということは確かにありますね。あと、外来語の発音が純日本人とは違っていると言われたりします。シンプルにアイスクリームと言ったつもりなのに、Rの発音が本格的だとか言われたり。無意識なのですが。UNIQLOのヒートテックをヒーッテックって言ってるとも指摘されました。頭の中にあるHeattechを読むと、自然にトの発音が抜けてしまうみたいですね。
    あ、あと、wifiをヴィフィと発音して両親に突っ込まれましたw