おもてなしの国として知られる日本。便利で迅速なサービスを提供する日本の飲食店も来日する外国人にも高い評価を受けていますが、日本人のレストランでの行動は海外とは少し違うらしいです。

 日本好き外国人であるライターのkoichiさんは日本のホストファミリーとレストランに行き、アメリカ人と日本人にはレストランでする行動に違いがあることを知りました。そこで今回は日本在住外国人向け情報サイトtofuguライターのkoichiさんが挙げる「日本人独特なレストランでの行動」を5つご紹介します。これらの行動をするのは日本人だけって知っていましたか?

 

1「すみませーん!」

レストランのテーブルについて食事の注文をする時。日本人は少し声を上げて「すみませーん!」と言いますよね。最近はテーブルの上に呼び出しベルがついている場合もありますが、ベルがない場合は「すみません」と店員を呼ぶ人も少なくないかと思います。しかし、これは外国人から見ると奇妙な行動のようです。

アメリカなどの欧米では店員を呼ぶときは黙って手を上げるという人が大半。なかには店員を目で追ってアイコンタクトをとる人や、店員が来るまで待つという人もいます。そんな外国人からすると大きな声で「すみませーん!」と言うのは気が引けるそうです。周りの食事をしているお客さんに申し訳ない気持ちになるといいます。確かにそう言われてみると、日本人のこの行動はある意味で”日本人らしくない”行動なのかもしれません。

2水を飲まない?

 日本の飲食店の食べ物、サービス共に素晴らしいと語るkoichiさん。しかし、彼がいまひとつ納得いかないことは「お冷やグラスのサイズ」だそうです。彼曰く、日本のレストランのお冷やグラスはアメリカと比べてかなり小さく、そのため何度も店員にお冷やのお代りを注文しなくてはいけないとのこと。日本のレストランに行くたびに「日本人は食事の時にあまり水を飲まないのか?」と疑問に思うそうです。

とは言え、ヨーロッパでは水が有料のレストランも多く、アメリカでも頼まないと出てこないこともあるといいます。レストランに入ると当たり前のようにでてくるお冷やも日本独特でありがたいものです。

3食を視覚化

日本のレストランの特徴と海外の違いのひとつは、メニューにあります。日本のメニューはきれいな写真が載ってたり、食品サンプルが置いてあったりするので、漢字やひらがなが読めない外国人でも指さしで注文できる点が素晴らしいとkoichiさんは言います。

 海外レストランのメニューは料理名と使われている材料のみが記載されているものが大半です。そんな背景もあって日本人は古くから「食を視覚化」する文化があったのではという説もあります。日本独特の商品である「食品サンプル」も、目で見て楽しむ食事目で見て味を想像したいという日本人の欲求に答えたもの。食べる前に”見たい”というのが日本人の特徴と言えるかもしれません。

4大皿料理の直箸

案外知られていませんが、日本人との食事で外国人が最も嫌がる行動がこれ。忌み箸のひとつである「直箸(取り箸を使わずに大皿の食べ物を自分の箸で取ること)」ですが、外国人と食事をする時は特に注意が必要です。日本では家族や親しい仲の人との食事ではわざわざ取り箸を使わないという人もいますが、海外では鍋料理や焼き肉、大皿料理などみんなで”つついて”食べる食べ物があまりないので、日本人よりも直箸に抵抗があるようです。

5「ここは私が!(払います)」

 日本ではレストランの支払いで、「私が払う」「いや私が」というやり取りをしている光景を目にすることがありますが、koichiさんいわくアメリカではあまりこういったバトルはないといいます。確かに、「ここは奢ってもらえるだろう」という場でも、とりあえず「私が払います」と一言言っておくほうが無難ですよね。もちろんアメリカでも支払いで揉めることはあるそうですが日本ほどのバトルはないそうで、日本は立場というものを大切にする文化であるがゆえの行為であるとkoichiさんは言っています。

しかし、食事の会計で誰が支払うかでバトルになるのは中国や台湾などでもよくあることだそうです。立場や見栄を大切にするためのこの行動は日本独特というよりも、アジア独特の行動と言えます。

 参照:tofugu

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

3 コメント

  1. 2、について
    グラスが小さい?逆にアメリカのものはなんでも大きいので、びっくりします。
    海外に出ると、日本では当たり前のようにでてくるお冷が、ありがたいものと気付かされます。

    4、について
    日本人の私でも、直箸は嫌です。

  2. 立場や見栄を大切にするためのこの行動は日本独特というよりも、アジア独特の行動と言えます。

    アジアで一括にするのは、おかしいでしょう。