世界の国々の違いやそれぞれの特徴を理解するのはとても難しい。「世界」を知っているようでわからないという人も多いのでは?そこで今回は米紙ワシントンポストで掲載された「世界を理解するための世界地図」より、面白いものを30ピックアップしてみた。

 

1.  母親になるのに適した国、適さない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青が濃いほど子育てに適した国。反対に赤が濃くなるほど、子育てが困難な国。

 

2.  外国人を歓迎する国、歓迎しない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青色が濃いほど、歓迎する国。赤は外国人をあまり歓迎しない国。

 

3.  世界の文字表記の仕方

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

日本語は「かなと漢字」。一番多いのはラテンアルファベット表記。

 

4.  生まれてくるのに最高な国、最悪な国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青色が濃いほど、生まれてくるのに最適な国。赤はその反対。

 

5.  主要な宗教を印した世界地図

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

日本はunaffiliated(無所属)。

 

6.  感情的になりやすい国民の多い国、そうでない国。

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

黄緑のロシアなどが最も感情的になる国民の多い国。濃い紫のアメリカやカナダなどは感情的になりにくい国。

 

7.  1908年当時のアフリカにおけるヨーロッパ各国の布教活動

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

 

8.  人種の違いに寛容な国、厳しい国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青色が濃い国ほど人種差別が少なく、赤色が濃い国ほど差別的。

 

9.  民族の多様性が多い国、多様性の少ない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

緑色の国は多くの民族がすむ国。オレンジ色は他民族の少ない国。

 

10.  「愛されている」という実感がある人が多い国、少ない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

赤は愛されている実感のある人が多い国。日本は先進国のなかでは低い方に入るようだ

 

11. ロシアの大学教授によるアメリカの4か国侵略構想 

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

 Igor Panarin教授による予想。アメリカはカナダ、メキシコ、ロシア、日本、中国などに攻め入るのでは?と考えているようだ。

 

12. アメリカ合衆国を好きな国、嫌いな国 

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

アメリカを好きな国は青、嫌いな国は赤で表示。

 

13.  アメリカと中国、どっちが人気のある国?

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

アメリカのほうが好きだと言う国は青、中国のほうが好きだと言う国は赤で表示。

 

14. 中国のひどいパスポート

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

中国人のパスポートに表示されている中国領土。しかし実際は、赤で囲まれた部分は近隣諸国と領土問題を抱えている場所でもある。

 

15.  世界の同性愛者の人権

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青色は同性婚を認めている国。赤色は同性愛が違法、もしくは死刑になっている国。日本やオーストラリアを含む灰色の国は、同性愛者を取締る法律はないものの、同性婚を認めるまでには至っていない国。

 

16.  同性愛者に抵抗感の強い国、そうでない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

「社会が同性愛を認めるべきだと思いますか?」という質問に「はい」と答えた人が多い国が青色。「いいえ」と答えた人が多かったのが赤色で記された国。日本はアジア地域のなかでは抵抗感の低い国だと言えるが、他の先進国と比較すると「いいえ」と答えた人の割合が高い。

 

17.  東南アジア、中央アジアにおける言語&方言分布マップ

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

 

18.  国民一人当たりの1日の喫煙本数が最も多い国、少ない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

地図によれば最も煙草を吸っている人の割合が多いのはロシア。反対に少ないのは、インドやメキシコ。

 

19.  貧富の差が激しい国、貧富の差がない国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

ジニ係数を基に作成。最も貧富の差が激しいのは南アフリカ諸国。世界で一番所得差が平等なのはスウェーデン。日本はまずまずといったところだろうか。

 

20. アメリカ合衆国から見て「貧富の差が激しい国」、「平等な国」

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

アメリカが自分の国よりも貧富の差が激しいと思う国は赤で印され、アメリカよりも平等だと思う国は青色で印されている。アメリカ人はほとんどの国が自国よりも平等だと考えているようだ。

 

21. 人類の半分以上がこの円のなかで生活している

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

この円の外側で生活している人の数よりも、この円の内側で生活している人の数のほうが多い。日本も円の中に入っている。

 

22. 北朝鮮ミサイルの射程圏

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

 

23.  先進国における子どもの貧困

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

先進国で子どもの貧困が多い国はアメリカ、ルーマニア、ブルガリア。逆に少ないのは、フィンランド、フランス、ドイツ。

 

24. 中国がん村分布

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

癌などの重度疾患の患者発症率が多い中国内の地域。飲用水の汚染が原因で、住民に癌患者が多発しているのが現状。住民の多くは45歳前後で死亡する。

 

25. EUに賛成なヨーロッパの国、反対の国

m面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

EUが自国にとってプラスだと考える人が多い国は青色。マイナスだと考える国民が多い国は赤色で表示。イギリスがいかにEUに反対しているかがうかがえる。

 

26. 冷戦以降の原子力兵器保持国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

青色で印された国がロシア傘下にある国。茶色はNATO傘下。グレーで印された5か国(イスラエル、パキスタン、インド、中国、北朝鮮)はそのどちらにも属さない。

 

27. 自国の経済状況を評価した地図面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

自国の経済状況を楽観視している国が青色。悲観視している国が赤色。日本は日本経済を悲観的に見ている人が多いようだ。

 

28.  無神論者の多い国

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

無神論者の多い国が茶色。日本や中国などは、世界観の説明に神の存在、意思の介在などが存在しない、または不要と主張する考え方の人が多い。

 

29. 宇宙から見た世界の1年間

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

NASAのサテライトで1年間撮影されたもの。

 

30. 世界の法制度

面白いほど世界がよくわかる!統計データを基にした世界地図40選

 

いかがでしたでしょうか。これらの統計から日本は無神論者が多く、経済格差は比較的ないが、経済状況を悲観的に見ている人が多いということがわかります。愛されているという実感や生まれてくるのに最高な国の地図では、他の先進国に比べてあまりいい結果だとは言えません。

あなたはこれらの世界地図の中でどれに興味を引かれましたか。世界の統計データを基にした世界地図後編もお楽しみに!

参照:washingtonpost.com

 

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. なぜそう思てしまったんですか、実はそういう事じゃないよ。皆さん とっか 中国に来てください、私達は本当に親切だよ!自分で感じして、真実を探しましょう。日中友好になれるように、お祈りします!