世の中には外国人男性とつきあって結婚にいたる人と、残念ながら女性の方は結婚する気があるのに逃げられてしまう女性がいます。恋の終わりには相性や価値観のズレ、タイミングなどが原因のものもありますが、外国人男性とのつきあってうまくいかないのは、ひょっとしたら女性の方にも原因があるのかもしれません。

 そこで今回は外国人男性との恋愛に詳しい井藤アンナさんに、外国人男性に大切にされて結婚する女性といつのまにか逃げられてしまう女性の特徴の違いを説明してもらいました。外国人と出会いは多いのに、うまくいかない人には共通点があるようです。

 

大切にされる女の特徴1: コミュニケーション力が高い女

交際とは違い結婚ともなれば、彼の親戚や家族と関わることになります。文化の違いや言葉の壁を乗り越えるコミュニケーション能力は必需と考えて良いでしょう。しかし、ネィテブ並みに外国語が話せなくてはいけないというわけではありません。
語学力よりも大切なのは積極性。語学力が高くなくても、会話に参加しようとする積極性があれば自然と輪のなかにも入っていけます。

外国人男性と結婚すると、ホームパーティーやBBQ様々なイベント事があります。お友達ご夫婦と仲良くしたり、お料理を振舞って場を盛り上げることのできる人は、彼の家族や親戚、そして友達とも言葉の違いがあろうが異文化だろうが上手くコミュニケーションを取れる人。そんな女性が外国人との結婚する女性に多いです。

逃げられる女の特徴1:Why Why?問い詰める女

外国人男性に大切にされて結婚する女、いつのまにか逃げられる女の特徴言葉の問題、習慣の問題から理解出来ないことも多いのは当たり前のことですが、だからといって問い詰めていてばかりでは男性を疲れさせてしまいます。例えば、「どうして電話に出ないの?」、「どうしてメールの返信が遅いの?」と彼に質問攻めにしたことはありませんか。

「好きだから知りたい、わからないから理解したい」という気持ちはわかりますが、追求と疑問は別物です。単純な質問に対しては彼も答えてくれるでしょうが、“責められている”と感じると誰でも逃げたくなってくるもの。取調べのようなWhy?Why?の質問攻めはほどほどにしておくべきでしょう。

大切にされる女の特徴2:意見をはっきり伝える女

外国人はYes/Noをハッキリと相手に伝えますが、外国人と結婚する女性も自分の意見を明確に伝えられる女性が多いです。外国人との付き合いでは答えを求められることや自分の意見を主張することが増えてくるため、自然と身につく力のようです。「どっちでも良いよ」、「うーん、よくわからないけど…」など、ハッキリしない女性は外国人と結婚する女性には少ないと思います。

自分はどうしたいのか?どうなりたいのか?どうして欲しいのか?を理解していて自分の意見をハッキリ言える人。自分の求めているものや価値観、人生観が明確である女性は外国人と結婚してる女性の特徴です。

逃げられる女の特徴2:要求の多い女

私を好きならきっと出来るはずだと思い込み、相手にばかり「どうして彼はこうしてくれないんだろう・・・」と思う女性は逃げられてしまう可能性が高いです。

彼との時間の中で、嬉しい!のプラスよりも、もっとしてよ!のマイナスが多いと感じている人は要注意です。「私のことを好きならもっとしてくれるハズでしょ?」と責めてしまっては、付き合い始めのころは彼も頑張ってくれるかもしれませんが、逃げていくのは時間の問題です。

大切にされる女の特徴3:自信のある女

外国人男性に大切にされて結婚する女、いつのまにか逃げられる女の特徴 外国人男性と結婚してる多くの女性は”細かいことは気にしない”、”動じない”タイプの女性が多いです。明るくて細かいことを気にしない女性は一緒にいても気持ちの良いもので、男性に何があってもどーんと構えていられる女性は大切にされる女性の特徴です。

彼の帰りが少し遅くても、忙しいだけでしょ大丈夫よ!と構えていられたり、彼が仕事で落ち込んでても、私ついているから大丈夫よ!と笑顔でいられる女性です。

逃げられる女の特徴3:燃え尽きる女

尽くして尽くして尽くすのが好きな女性は要注意。尽くす自分に酔って、「もうこれ以上は頑張れない…」と燃え尽きた経験はありませんか。彼が電話に出ないというだけで悪いことばかりを想像し、「もう嫌われたのかな?」と悪い妄想を膨らませます。

誰かを好きになれば不安になることは多いですが、何でもマイナスに捉えてしまっては彼との交際自体が楽しいものではなく辛いものとなってしまい、彼も疲れて逃げて行ってしまうかもしれません。悪い妄想をする前にあなたが不安に思うことは実際何でもないことなんだと思えることが大切です。

ライター:井藤アンナ(いとう あんな)

こんな外国人男性には要注意?外人だめんずにありがちな特徴3パターン 10代からアメリカで生活し、人生初の外国人BFのチャイニーズアメリカンに衝撃を受け恋愛観が一変。
その後香港・東南アジアに拠点を移し、各国の男性と様々な恋愛をする。
国際恋愛歴15年以上。出会った男性は15カ国以上。

そんな井藤さんのブログのテーマは「泣かないで、アジアンガール」。外国人との恋愛に悩む日本人女性からの相談が毎日届く。

 

※ ブログライターさん募集

マダムリリーに記事を投稿してみませんか?詳しくは、こちらまで。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. この記事を読み、私の考え方はまちがっていたのかなと考えている、スリランカの方とお付き合いしている者です。
    付き合う前、付き合い始めは、マメな連絡、沢山の愛の言葉、会いたがるなど、とても私を想ってくれてると感じられる態度だったのが、5ヶ月経った今は愛の言葉は言いたがらない、連絡も私がしないとあまりしないなどとても変わってしまいました。最初に変化があった頃、この記事にあるように問い詰めたり、泣いたり、とても恥ずかしいですがそんな状態になり、それは結構頻繁でした。今、ビザの関係で国に帰らなければならないかもしれなくなり、更に、もう愛してないのではなどと考え過ぎて、疲れてしまって、明日別れを言おうと考えていました。
    彼の私に対する態度の変化に、私がついて行けていない状態です。
    ただ、もしかしたら私の考え方は間違っているのではと思い、色々と検索をし、この記事に出会いました。
    ただの文化の違いなのか、愛が冷めてしまっているのか、分からなくて、もし私の考え方が間違っていたらと思うとコメントを書かずにはいられませんでした。
    ビザの為に結婚の話も勇気を出してしてみましたが、それも嫌なようで、分からなくなってしまっています。
    この記事にある態度をとってきた分、もう間違った考え方で彼を問い詰めたくありません。
    明日、別れようとしている自分が正しい選択なのか、少しでもアドバイスいただけたら助かります。