【白人女性が語る本音】日本人男性との結婚生活で辛いこと3つ
写真:Texan in Tokyoより

日本人同士の結婚と比べると、偏見や先入観をもたれてしまいやすい国際結婚。なかでも、日本人男性×アジア人以外の外国人女性というカップルは数が少ないことから、日本でも外国でもなかなか理解されないと言います。

そこで今回は、実際に日本人男性と結婚したアメリカ人女性、グレイスさんが語る「日本人男性と結婚して苦労すること」を3つご紹介します。彼女が見た「国際結婚の醜い現実」とは一体どのようなものでしょうか。

 

1.  人種差別は現実にある

人種差別は自分が被害者にならないとなかなか実感として感じられるものではありません。グレイスさんもアメリカにいる頃、学校で人種差別について討論会があった時は、他の白人の女との子同じような回答をしていたと言います。

「私は人種差別主義者なんて見たことがありません。そんな人たちは存在しないものだと思います」、「レイシズムは現実にはありません。単なる被害妄想です。」と言っていたそうです。

しかし、日本人男性と付き合うようになってから、世界にはまだ人種差別がなくなっていないことを実感したそうです。「どうして日本人男性なんかと付き合ってるの?白人の男の人と付き合うべきでしょう!」と言われたこともあったのだとか…。他にも、グレイスさんのご主人であるリョウスケさんに対しても、「彼は”アジア人にしては”かっこいいわね!」、「アジア人男性には興味がないけど、リョウスケは素敵ね!」といった内容のコメントをする人もいるそうです。こういうことを言われる度に、憤りを感じたとグレイスさんは語っています。

 

2. 周りの人に理解されない

homeboaboa-envsrcboawebsitesite_mediacryingwoman_dot_crop_1

国際結婚はなかなか周りに理解されません。家族や友人など、あなたとの関係性が強い人ほど「その結婚はやめた方がいいんじゃない?」とすすめてきます。国籍が違う国際結婚の場合、夫婦のなかで人種、宗教、文化などの様々な価値観が違うことは明白で、そこから生まれるであろう”苦労”からあなたを守ろうとする人が必ず出てきます。悪意があるのではなく、あくまでも”あなたのためを思って”という前置きがありますが、そのアドバイスがこれから結婚しようとする2人を傷つけているのです。

“国の文化”と”個人の価値観”を同じものだと考える人も多く、これが国際結婚した人を苦しめることもあります。グレイスさんは「リョウスケさんと結婚したわけで、日本の文化と結婚したわけではない」と言いますが、これもなかなか周囲には理解されにくいのだとか。

「日本人と結婚したのだから、日本の文化がどれだけ私たちの夫婦関係に影響するのかを無視はできないですが、私たちの”国の文化”は結婚生活が続くかどうかを決定づけるファクターにはなりえません。どんなカップルでも大切なのは、愛すること、歩み寄ること、そして尊敬し合うことです。」

 

3.  「どうして白人男性とデートしないの?」と聞かれる

これまで、この質問を20回ほどされてきたと語るグレイスさん。「なぜ白人男性とデートしないの?」と聞かれるたびに、彼女は黙黙るようにしています。すると、たいていの質問者は『白人男性とつきあうべき理由』を次々と説明するそうです。

「同じ文化の人の方がやっぱりいいでしょ?」、「自分と同じ目の色の子どもがほしくないの?」などなど。

日本人男性と白人女性のカップルというのはどこに行っても目立ってしまいます。ジロジロ見られたり、2人の関係を勝手に判断されたりすることもしばしば。アメリカ人同士のカップルや日本人同士のカップルが手をつないでベビー服を選んでいても、注目されることはありませんが、国際カップルはいつも変な目で見られてしまうのだとか。

周りの人に理解されにくく、誤解や偏見も多い日本人男性との結婚ですが、例え過去に戻れるとしても、「またリョウスケさんと結婚したい」とグレイスさんは記事の最後に締めくくっています。

「文化の違う人と結婚出来て本当に良かった!彼と過ごす毎日は、新しい人生勉強。良い日もあれば、悪い日もあるけど、それが私たちの日常です。彼に恋人になってほしいと告白されたあの日に戻れるとしても、何の躊躇もなくイエスと答えます。」

 

まとめ

筆者は白人男性と国際結婚をした日本人女性ですが、グレイスさんの気持ちは少しわかるような気がします。これまで、「どうして日本人を選ばないの?」、「やっぱり日本人のほうがいいでしょう?」というようなことを何度か言われたこともあります。

国際結婚は数が少ないことから、こんなことを言われてしまうのも仕方がないと思って流しています。しかし、やはり「自分の選んだ人を周りの人にも認めてほしい」と思うのが国際結婚した人の本音です。あなたの周りにもし国際結婚をした人がいれば、そのカップルのことを”外人”を選んだ人としてではなく、”好きな人”を選んだ人として受け入れてくれると嬉しいです。

参照:Texan in Tokyo

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

13 コメント

  1. >、「彼は”アジア人にしては”かっこいいわね!」、「アジア人男性には興味がないけど、リョウスケは素敵ね!」といった内容のコメントをする人もいるそうです。

    ↑これ、差別って言うのか?こんなことに目くじら立ててちゃ疲れちゃうね

  2. >日本人男性×アジア人以外の外国人女性というカップルは数が少ないことから

    この時点で既に偏見入ってるような・・・・

    日本の国際結婚の中で日本人男性×アジア人の外国人女性という組み合わせが圧倒的に多いのは確かでしょうが、そのせいで割合的に少なく見えるだけでは?

    日本人女性×白人男性の組み合わせと比較すると、日本人男性×白人女性の組み合わせは少なく見えますが日本人女性×アジア系と白人以外の人種の男性と比較すると遥かに多いと感じます。また、海外で活躍する日本人と白人のハーフの有名人を見ると父親が日本人というパターンの方が多いかもしれないくらいです。

    本題ですが、人種差別は今でも根強い問題だと思います。表立って言わないにしても、未だに白人至上主義的な考えを持ってる人は少なくないでしょうから、白人(特に女性)が有色人種と結婚する事に抵抗がある白人も相当数いるのでしょう。

    • 偏見ではありません。事実です。

      厚生労働省の人口動態当家年報によると、夫が日本人妻が外国人の組み合わせで一番多いのは、中国人女性との結婚で6,253人、以下フィリピン3118人、韓国2734と続き、6位にアメリカ人で184人です(2013年データ)。

      妻が日本人、夫が外国人の場合、1位が韓国人男性との結婚で1689人、2位はアメリカで1158人、3位中国で718人、イギリス247人…と続きます。

      ざっと見たところ、日本人の国際結婚の場合、一番多い組み合わせは
      1位…日本人男性×アジア人女性
      2位…日本人女性×アジア人男性
      3位…日本人女性×アメリカ人男性

      といった感じでしょうか。アジア人男性と欧米系女性の組み合わせはデータ上でも少ないです。

      • 勘違いしてるみたいなんで言っておきますが、そのデータに出てる国の全部がそれぞれの上位国というわけではないですよ。

        東欧人と結婚してる人だとむしろ日本人男性の方が多いですがメディアではあまり取り上げられないようですし、また北欧人と結婚してる日本人は男性も割合的に多いようです。

        それと、アメリカ人=白人ってわけではありません。芸能人でも日系人と結婚していた女性がいたように、アジア系と結婚してる人もいます。つか、なんでアメリカ人だけ単体の枠で書いたのか理解できません。

        データ上と言っても、実際にデータが公開されてる国は限られてますし、人種別のデータは存在しませんので、あくまで傾向が分かるって程度に留まるかと。

        • まったくその通り。いつも理解できないのは 日本人はみんな アメリカ人 でひとくくりにする。一番勘違いしてるのは   アメリカ人=白人って思い込んでるのが多い事。
          アメリカ人には 中東系・アジア系・アフリカ系・ヒスパニック系・その他・混血 いろいろいるんだってば。

          ああ、でも人種差別なくならないよな。富裕層の白人が住む町で就職が決まり、働いているけれど自分以外全員白人。はっきりと疎外感感じるし壁を作られている。たまたま仲良い白人の友人の紹介で素敵な街で願い通りの仕事について喜んでいたのもつかの間。彼女には皆優しくフレンドリーなのに、私に対しては凄く努力をしているものの なかなか壁を取ってくれないし、扱いももろに違ったりする。友人に話しても理解してくれないのも辛い。仕事は最高なのに。。このロサンゼルスでも人種によって住むところが分かれているんだから、差別は根強いなって思いますね

  3. 日本人男性との結婚により、日本に移住した欧米等女性の話題を紹介していたテレビ番組として、今から9年前の2006年に、テレビ東京系で「奥さまは外国人」と題する番組が放送されていましたが、その「奥さまは外国人」終了後は、日本に移住した欧米等女性の話題を知る手掛かりが、一切断たれてしまっているような気がしてなりません。
    「世界の日本人妻は見た!」、「大人のヨーロッパ街歩き」などでは、欧米等男性との結婚により、欧米等諸国に移住した日本人女性が多く登場している一方で、日本人男性との結婚により、日本に移住した欧米等女性の話題についても、どこかのテレビ局で特集番組を何とか企画・放送してほしいと切望したくなることさえあります。

  4. なるほど言われて見れば確かにそのとおり、「奥様は外国人」は
    懐かしい番組ですが、同番組の終了以来、民放の各局でも日本人男性
    の妻になった外国人女性を取り扱った番組が特にこれと言ってありませんね。
    しかしまあ、番組の題材にする上で、外国人と結婚した日本人妻に比べて
    日本人男性と結婚した外国人女性では視聴者受けしないのかな?と
    思ってしまいます。

  5. そもそも日本人女性同士の間でも東洋人と結婚したら馬鹿にされる人も結構いたからw
    「なんでこっちに来て日本人東洋人なんかと結婚してんの?」って

  6. コメントしている方々のご指摘で正しいと思いますが、
    マダム・リリーさんの見解も一理ありますよ。
    マダム・リリーさんの見解も事実を述べているのであって、決して偏見ではありません。
    アメリカ人やイギリス人という狭義の限るのであれば、圧倒的に日本人男性より日本人女性の方が、国際結婚している数が多いわけですから。
    ただし、外国人全体及び白人種全体でみれば、東欧、ロシアだって含まれるわけですから、皆様がおっしゃる通り、日本人女性よりも日本人男性の方が多い統計やデータが確かありました。
    おそらく経済力等の影響が大きいのでしょうけど、アジア人男性で世界で一番国際結婚してるのは間違いなく日本人男性ですよ。
    ソースを提示できなくて申し訳ないですが、これもどこかの統計でみたことがあります。
    白人女性と最も国際結婚しているアジア人種は日系人男性(日本国籍に限らず)です。

    経済状況だけでなく、昨今のアニメ・漫画などの日本文化ブームにより、日本人と結婚したい外国人女性が間違いなく増えていることも影響しているのかもしれません。

  7. 最近アニメや漫画が世界的にも有名になりましたし昨今の日本文化ブームで、外国人女性と結婚する日本人男性増えてますね。

  8. 日本神話の最高神は女神
    世界的に見ても太陽神かつ最高神が女神なのは非常に稀で、(神話は民族の数だけあると言われ無数にある けど)おそらく日本だけじゃないかとも言われている。

    例えばギリシャ神話では太陽神はアポロン(男神)で最高神はゼウス(男神)。
    世界では、太陽=陽=男性、月=陰=女性。が常識というかほぼ標準的。
    ところがおもしろいことに日本は、太陽神が女神で、月神が男神…という世界の真逆を行っている。

    だから日本人の女の子はキラキラと輝いている

  9. 友達の「彼は”アジア人にしては”かっこいいわね!」はアジア人の見た目は
    友達にはあまり良く映ってないのかもしれません。
    是非はともかく本音が聞けて良かった