零れるほどのアイデア、電球

海外で生活を始めるなら、ぜひブログを書き始めてはいかがでしょうか。海外在住者ほどブログを書くべき人はいないというくらい、海外で暮らしている人はブログを書くことでのメリットが多いように思います。

筆者自身もフランスに来て6年、このブログを始めて5年が経ちますが、ブログを書いてきたことが海外環境の適応やコミュニケーション能力などの向上に少なからず役立ってきたように感じています。

では具体的には、海外生活者がブログを書くとどんなメリットがあるのでしょうか。そこで今回は、筆者がブログで経験したことを元に、海外在住者がブログを書くべき7つの理由を紹介します。

1ユニークな視点を表現できる

海外生活を始めるというのは、今まで自分が生まれ育った「日本」という国を外からの視点で見始めるということ。日本では当たり前すぎて気がつかなかった便利さのありがたみや人間関係の息苦しさなど、いい面も悪い面も両方、「一歩引いた」状態から見つめることができるようになります。

それに、日本では考えられないような行動をする現地の人などを見ていると、自然とあれこれ言いたくなることがでてきます(笑)。「思っていた常識が常識じゃなくなる瞬間」をいくつも経験していくことで、視野が広がり、人とは違うユニークな視点で、様々なことを語れるようになるのではないでしょうか。

海外生活とは、他に埋もれない「ちょっと変わった意見」をもてるチャンスです。面白い価値観や独自の視点を売りにできるのは、海外在住者ならではだと思います。

2海外在住者の役に立つことができる

海外であなたが悩んでいることは、大体がどの日本人も悩んできたことだったりします。海外での日本食の作り方、職探し、家探し、恋人or家族との関係など、これまであなたが悩んで経験したことをブログでシェアすることで、他の海外在住者を助けることもできるのです。

筆者自身、このブログを通して、「海外不適応で悩んでいましたが、ブログ記事を読んで気持ちが楽になりました!」というメールを頂くことがあります。ホームシックで悩んでいる人にアドバイスできるのは、自分自身が同じような苦しい経験をしたからであり、自分の経験が誰かの役に立てるというのは何物にも変えがたい喜びがあります。海外で経験する悩みや葛藤も全てあなたの財産です。ブログでシェアして、「他人のため」に役立ててみてはいかがでしょうか。

3会話のネタが広がる

海外生活も最初のほうは、言葉も話せず、外国人慣れもしていないので、会話がなかなかスムーズに進まずに悩むという人も多いかと思います。筆者もこれまでフランス人と「何を話そう…?」と気まずい沈黙になることが多々ありました。

しかし、ブログを始めて様々な知識を得てきたことで会話のネタが広がり、以前に比べて話題に困ることがなくなりました。例えば、ブログを通して知ったフランス人と日本人の食事時間、睡眠時間の違いや、有給消化率の違い、離婚率の違いなどを具体的なデータを元に話題にすれば、日本にさほど興味のないフランス人でも参加しやすく、盛り上れる話ができます。

4「自分の意見」を論理的に説明する訓練になる

欧米人との会話には、「自分の意見を言う力」が大切だとよく言われますが、ブログを書くことはこの力を鍛える上でとっておきの方法だと思います。他人の受け売りや事実を解説するだけにとどまらず、そこに自分のオリジナルな考えや分析を加えることで、外国人との会話がもっと面白いものになり、打ち解けやすくなります。

日本人はよく外国人に「何を考えているかわからない」と表現されることが多いですが、これは自分の意見を論理的に説明することに慣れていないことからくるのではないかと思います。ブログを書きながら、いつも「自分はどう思うか?」、「どうすればわかりやすく説明できるか」と問い続ければ、おのずと自分の意見を論理的に説明することに慣れていくはずです。

5モチベーションをアップ

自分を戒める意味でもブログはおすすめです。最初は頑張ろうと意気込んでいた海外生活も、「慣れ」がくると努力を怠るようになります。

「最近フランス語が上達していないけど、生活で困ることはないし、ま、いっか!」、「本当だったら、もっと旦那のご両親に話しかけて仲良くなるべきだけど、面倒くさいから、ま、いっか!」などの経験は恥ずかしながら筆者にもあります。

しかし、ブログで「人の役に立とう」と思ったら、自堕落なあなたのままではいられません。人にアドバイスしたり、元気付ける立場に立つことで自分自身を戒め、海外生活全体のモチベーションアップに繋げることができます。

6副収入ができる

副収入が期待できるというのもブログを始めるメリットのひとつです。実際には、ブログを定期的に更新し続け、アクセスを上げて収入につなげるのはそれほど簡単ではありませんが、やってみる価値はあると思います。月間数万円から数十万円をブログで稼ぐことも可能です。

特に日本人の少ない地方に住んでいる海外在住者の方は、言葉ができないうちは働ける場所が限られてしまいます。働きたいのに働ける場所がない人や地方にいても収入を得る方法がほしい人、副収入で家計を助けたいという方はブログを始めてみるのも一つの手です。

7日本語力をキープできる

海外で日本語を話したり聞いたりする機会が少なくなれば、当然忘れていってしまいます。とっさに言葉が出てこなかったり、難しい言葉を使えなくなってしまったり…。海外で日本語を話せる相手が周りにいない人は特に、日本語力をキープする努力が必要です。

ブログを書くと言うのは、あなたの思考を日本語でアウトプットすること。同時に記事を書くために、たくさんの資料や本を読むことになるので、自然と日本語力が鍛えられます。一日に数時間でも、日本語で考える時間を作り、日本語で表現するようにすればある程度は日本語力をキープできるのではないでしょうか。

 

おわりに

筆者自身、フランスに来たばかりの頃はフランス語が全くわからず、友達もおらず、周りに日本人が1人もいないような田舎で、毎日がとても孤独でした。今でも、「あの頃には絶対戻りたくない」と思うほど辛かったのですが、それでも何とかやってこれたのは、自分の書いたブログ記事に反応してくれる人がいてくれたおかげです。

人は1人では生きていけないし、どこかで繋がっているんだなぁ…

ブログを通して教えられることは本当にたくさんあります。読者の皆さん、いつも応援してくださってありがとうございます。

海外在住者のあなたも海外生活から生まれる視点をシェアして、人とつながってみませんか?

写真提供:Andrés Nieto Porras

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

コメントなし