ハーフの男の子

「ハーフってこんな感じ」と、イメージや憶測だけで決め付けていませんか。相手が大人ならば、失礼な発言も受け流してくれるかもしれませんが、ハーフの子どもに対しては知らないうちに傷つけることがないよう注意をしたほうがいいそうです。

そこで今回はハーフやバイリンガル教育の専門家であり、『Bringing up a Bilingual Child』の著者であるリタ・ローゼンバックさんのブログから「ハーフの子どもに言ってはいけない7つのこと」を紹介します。

 

1 “出身はどこ?”

これはハーフの子どもに限らず、純粋な日本人にも普通に聞いてしまう質問です。一見何の問題もなさそうですが、バイリンガルの子どもやハーフの子は出身を聞かれて傷ついたり、何と答えてよいかわからないと感じてしまうこともあるそうです。なぜなら、ハーフの子どもがこの質問をされると「あなたはこの国の人ではないんでしょう?」と言われたような気持ちになり、よそ者の外国人だということを強調されたような気がするからです。

2 “○○語で何か言ってみて”

本当に外国語が話せるかをみるためにこの質問をする人がいますが、これはやめましょう。言語とはコミュニケーションであり、自慢したり見せびらかすためのものではありません。

3“○○語を話すときにあまり訛りがないね”

これを言われた側からすると、「訛りがあるね」と言われたのと同じことだと捉えます。ハーフの子どももバイリンガル教育に励む親もこの点にはとてもセンシティブで、言語スキルや訛りを気にしている人が多いです。それにそもそも、訛りやしゃべるときの癖なんてモノリンガル(1言語のみを話す人)でもあることでしょう?

4“兄弟(姉妹、いとこ、友人)は○○語を話せるのに、何であなたはできないの?”

子どもの言語スキルを比較してはいけません。子どもが学ぶスピードは人によって違います。シャイな子どもは口数が少ないために口達者な子に比べて、ペラペラになるまでに時間がかかります。子どもが何も言わないからといって、話し方がわからないわけではないのです。

5“これ、ちょっと通訳してよ?”

通訳や翻訳のスキルというのは大学で教えてもらうものです。バイリンガルの大人は通訳者として生まれたわけではありません。子どもに大人同士の会話を通訳させるプレッシャーを与えないようにしましょう。

6“その言い方、間違ってるよ。”

バイリンガルの言語の間違いを指摘するときは細心の注意を払いましょう。最も重要なのは、他の人がいる前で間違いを指摘しないこと。「間違いを正す」のではなく、子どもが言ったことで正しい部分をまず最初に褒め、それ後にどうすればより自然ないいフレーズが言えるか提案するようにしましょう。これは子ども自身が自信をもって外国語を話せるために非常に重要なことです。

7“○○語を話すとき、かわいい(面白い、違う)ね。”

違う言語を話すからといって、その人の性格まで変わるということはありません。言語スイッチをしたところで、子どもがよりかわいくなったり、面白くなったりするわけではないので、このような上から見たような批評はしないようにしましょう。モノリンガルでも立場や状況、会話の相手によって、話し方が変わりますよね。バイリンガルもこれと同じことです。アイデンティティー自体が変わるわけではありません。

 

まとめ

なかには「そこまで気にしなくてもいいのでは?」と思うものもありますが、感じたことをそのまま子どもに伝えるのではなく、相手の立場になって考える“配慮”が大人の側に必要なのは確かです。知らず知らずのうちに子どもを傷つけることがないように、ハーフの子どもが置かれている環境に目を向けてみてはどうでしょう。

記事参照:multilingualparenting.com、写真:Philippe Put

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

8 コメント

  1. あなたは知ってる?ハーフの子どもに言ってはいけないこと

    「ハーフ(=HALF、半分)」と言うこと。

    • ハーフの人に「ハーフと呼ばれることについてどう思うか?」と聞いたことがありますが、ほとんどの人が別に気にしないと言っていました。そんなのは単なる“呼び方”に過ぎず、問題の本質からずれているそうです。
      ミックスやダブルと呼べばいいとかおかしな論争もありますが、呼び方をどう変えたところでハーフに対する思い込みやステレオタイプがなくなるわけではありません。

      そんなことを問題にすること事態がすでにズレている気がします。

  2. ハーフと帰国子女を混同して質問してくるケースが多いと思います。「○○語話せる?住んでたことある?」なんてその典型ですよね。(DNAと経験は別物なのに。)

    ハーフと言う呼び名ですが、最終的にはハーフという言葉がなくなって、日本国籍かそうでないかだけになったら良いとは思います。理想ですね

  3. 二ヶ国語以上話せる話せないに関わらず、
    ハーフが最も周りの人と違うと感じるのは文化や習慣の部分であると思います。友達のハーフ達と集まるとあるあるネタでよく習慣の話題が上がります。

    あと、わりかしその時使用している言語で性格が若干変わる気がしますが、自分だけでしょうか。

  4. 当方、ハーフですが…。
    上記の質問、どれも全部、全く傷つきません…😅
    初対面の人によく言われる、「ハーフなんだ?どこ出身?」にも、
    「生まれはアメリカだけど、6歳からずっと日本だよー」で済む話。
    出身や言語を聞かれても、事実を話すまでです。
    地方出身者が、地元どこ?って聞かれて傷つくんですかね?

  5. 一番面白いハーフの話が、日本で育ってて日本語しか話せないのに”私は半分外国人なのよ!”という主張するハーフです。目鼻立ちがすっきりしててどっちかというと日本人とは思えないルックスだから周りはかわいーハーフー外国人ー!と言ってその子は日本語しか話さないのに半分自分は外国人と感じながら生きていきます。かつて私は日本語しか喋れなくて海外は興味なく、見た目だけ目立ってしまう面倒臭い生活を送っていましたが英語を学ぶことになり、今ではヨーローッパに住むことになりました。まだ私が何人かはわかりませんが、少なくとも彼女よりは日本人ではなく、中身も外見も日本から少し離れた人になりました。今回の記事でよく私はイギリスなのに”あ、アメリカ人”や”英語しゃべって”ばかり言われて育ってきました!あー疲れたなーあの頃は。笑 こんな日本でいいのかなーと未だに不安とよくわからないモヤモヤ感があります。