若いフランス人のカップル

フランス人はよくプライドの高い国民だと言われますが、フランスで暮らして7年目になる筆者も、フランス人はつくづく高慢で“面倒くさい奴ら”だと思うことがあります。好き嫌いがはっきりしているフランス人は、日本人にとっては当たりが強すぎる側面があり、これが原因でフランスを嫌いになってしまう日本人旅行者も少なくありません。

そこで今回はフランス人特有の“プライド”とは何なのかを探りつつ、フランス人の性格&気質で面倒臭いところを6つ紹介します。これからフランス旅行をされる方やフランス人と付き合いのある方などは是非参考にしてみてください。

 

1挨拶なし=人格無視?

このブログでも再三書いていますが、フランス人は挨拶に厳しい国民です。例えば、お店やレストランでトイレの場所を聞く時も、「すみません。トイレはどこですか?」という聞き方をしてしまったらアウトです。フランスでは何をするにもまず、「こんにちは(ボンジュール)」と言って会話を始めるようにしましょう。

挨拶なしで店員に話しかけるのは、店員を格下に見ているという非常に失礼な態度です。お客様のほうが格上で当たり前だろうと思われるかもしれませんが、ここはフランス。店員であれ、客であれ、「人間」という意味では同等であるという考え方です。育ちのいいフランス人は小さな頃から挨拶を厳しくしつけられているので、例え相手がお客さんであっても非常にシビアです。

2フランス文学世界一

フランス人に「フランスの好きなところをいくつか挙げてみて?」と聞いてみると、たいていの人がフランス文学やフランス言語を挙げます。それほど、フランス人はフランス語に誇りを持っているのです。実際にフランス人に「フランス語のどこがそんなに素晴らしいのか」と尋ねてみると、発音の響きや表現出来る幅の広さ、韻を踏んだときの音の美しさなどを熱心に説明してくれますが、正直言って、筆者にはあまり理解できません(!)。

「フランス語は世界で一番美しい言語だ」と思っている人が多いからこそ、外国人にもフランス語を話すことを要求するのではないかと思います。パリに来た日本人旅行者が英語で道を尋ねると、「フランスにいるのだからフランス語で話なさい」と英語で叱られたという話もあるほどです。実際に、片言であってもフランス語を話すのと英語で話すのではフランス人の対応も180度変わります。

3フランス料理も世界一

フランス人を相手にフランス料理をけなそうものなら、猛烈に反論されるでしょう。これは日本人に日本製品(自動車や電機製品)の悪口を言うようなものです。フランス人はフランス料理にプライドを持っている人が多く、「フランスが世界の料理をリードしている」という感覚を持っています。フランス人は基本的に食への関心が高く、他の国の料理でもいい面は褒めますが、それでもやはりフランス料理が世界一だと思っている節があります。

筆者もこれまで何度もフランス人に「フランスのチーズ(ワイン、肉…etc.)は美味しいでしょう?」と聞かれてきました。「美味しいよ!」と答えると、「やっぱりそうでしょう!」と満面の笑みで喜びます。フランス人をいい気分にさせたければ、まずはフランス料理を褒めること!間違っても「フランス料理は日本人の口には合わない」なんて言わないように…。

4気分を顔に出す

パリに来た日本人がいわゆる「パリ症候群」になってしまうのは、気分を思いっきり顔に出すフランス人の気質によるところが大きいのではないかと思います。フランス人は日本人よりも、好き嫌いをそのまま表現し、相手が誰であれ不快感を隠そうとはしません。

態度が冷たいフランス人に会うと、日本人旅行者は自分が何か悪いことをしたのではないか?と不安に思いますが、話を聞いてみると、「前に来たお客さんが嫌な客だった」とか、「忙しくてお昼ご飯の休憩に入れない」とかだったりします。関係のない人にも無愛想になる点が日本とフランスの文化の違いであり、フランス人の面倒くさいところ。フランスで冷たい態度をとられても、あまり気にしないようにしましょう。

5主張は譲らない

フランス人は議論好き。仲の良い友人や家族と答えのないどうでもいい議論を延々と楽しそうにします。日本のことわざには「言わぬが花」というものがありますが、フランス人は言うことこそが花です。議論の場で、沈黙でいる人は「そのトピックに関して特に意見のない人」だと思われます。

そして、日本人なら議論の末に「そうだね」と言って何となく話をまとめようとしますが、頑固者のフランス人は最後まで自分の意見を突き通します。フランス人の議論では、話が平行線のまま、何となく他に話題が移って終わることが多いですが、当のフランス人たちは答えの出ない会話でご満悦なようです。

6格好つけたい

フランス人は格好つけたがる国民だなと筆者は思います。外国人に対してフランス語を話すように求めるのも、自分が下手な英語を話して馬鹿っぽくなりたくないという心理が働いているのではないでしょうか。

フランス人は日本人よりも「馬鹿っぽく見られること」に抵抗感が強いように思います。ダンスやカラオケ、スポーツなどでも、日本人は初めてのことでもわりとすぐにチャレンジしますが、フランス人は難しそうなものや不得意なものには最初からやろうとしません。モノマネや一発ギャグをして笑いをとる人も、日本人のほうが多いです。

フランス人は「お高くとまっている」とか、「保守的だ」と言われますが、その背景にはフランス人の「馬鹿だと思われたくない恐れ」のようなものを感じます。

 

まとめ
このように面倒臭さ満載のフランス人ですが、筆者は日本人もフランス人に負けないくらい面倒臭い国民だと思っています。「面倒臭さ」というのは、裏を返せば「人間臭さ」だったり、その人が持っているコンプレックスや不安を表しているものだったりします。

だから、面倒臭いフランス人も日本人もあっぱれです。
筆者にとってフランス人は、憎まれ口が減らないのに、なぜか嫌いになれない愛すべき女房のような存在です。

 

※これらはあくまで筆者の主観であり、全てのフランス人に当てはまるわけではありません。

写真:Stefan Lins

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

12 コメント

  1. これら全ては、日本人に足りない部分でもあるんですよね。

    ところで、赤い服の女性が、若かりし頃のシャルロット・ゲンズブールにしか見えません(笑)

  2. そう考えると、自分は昔からフランス人に性格がすごく似ていると思う。
    子供の頃から気分を顔に出しすぎて、いじられたこともあったし、妙にプライドが高くて気取って負けず嫌いなので、苦手な勝負事には参加しなかった。だから、問題児だったわけだ。
    フランス人の性格は日本人である僕の本質でもあるし、それが日本の教育の中で否定されつづけてきた。
    日本は非人間的な社会かもしれないが、それは明らかに教育が悪いと思う。

  3. >>自分が下手な英語を話して馬鹿っぽくなりたくない
    そりゃそうでしょう。自分がパリに留学していた時もフランス人の先生が
    「世界中の人間はアメリカ英語を話す。まるでバカを賛美するようで地獄だ」と
    ジョークを言っていました。あとフランスはノルマンディー公がイングランドを
    征服した歴史があり、自分達がイギリス人を文明化させたと思っている人多いです。
    なのでフランス人に英語を話す事を強要するのは日本人に日本語じゃなくて韓国語を
    話せと言う事と似ていますので、若者と違って右翼的な人は嫌うでしょうね。

  4. 沈黙は金言わぬが花の姿勢が対日本帝国の戦争の原因になった。
    言うが花発言が金なり言わなきゃ伝わらない民主主義の連帯と共生が発言してもらわなきゃできない
    ってことで上司だろうと政府だろうと当たり前に発言する社会になるとよいですね。
    世の中をよりよくするために
    主権者は国民であり国家政府は全体の奉仕者でなければならないのだから。

  5. めんどくさくたってよいじゃない。
    フランス文学世界一フランス料理も世界一
    それは日本だって同じ。和食世界一ってね。
    わんこのうちのこ自慢じゃないが
    皆自分が一番好きで自分とこの
    わんちゃんが一番好きだ。
    地元のことを好きな人は多い。
    主張譲らなくてもよい。
    気分顔に出しちゃって良い。
    気分を顔に出さないと言葉にしないと
    嫌なこと嫌って分かってもらえないしね。
    また嬉しい事があった時気分を顔に出すと
    嬉しいことが何か相手に伝わり相手も嬉しくなる。
    別にめんどくさくたってよいじゃない。
    人間であり生き物なんだから。
    人は人。うちはうち。

  6. 内には続々とフレンチがホームステイにやってきます。なぜか?集まってくる習性があります。オシャレはします、だがシャワー嫌い、くさい、さらに香水。もちろんどんな生活しようが勝手ですが、シェアする相手はたまりません。毎日一つづつ我慢しながら教えてます。日本のルールじゃなしに世界の人間として。私は世界の人間の一人としてそんなフレンチを受け入れてます。この筆者はとてもうまく書いてる。本出さないかな?

  7. 生の情報に直面してもいいと思う。なぜか、皆,良い方に良い方に物事を運ぶ。考えようとする。重要だが,限度はあるべきだ。 悪いものは悪い,反省すべきはせよ,フランス人にはそう言いたい。
    無礼かどうかである議論なら,間違いなく無礼だし,失礼だ。そして、それは本質的であり,目も当てられない。
    自分たちが世界のなかで有数に優れており,様々な美しい言葉を並べ,差別し,それを肯定し,守る術を持たぬ者,立場弱きものには,自己責任の名に於いて,最低限の尊厳も”無視”と言う方法で相手に与えない。
    道で泣いている人がいても,正義だの自由だの,強き者には尻尾を振り,弱き者どもを徹底的に叩く。
    アジアの民族として,予定調和的議論の落とし穴に陥らず,きちんと彼等の「現実」を見て欲しい。
    彼等は,自分たちを良く見せるためだけ,「真性的偽善」という言葉以外表現は無い。
    世に存在する民族の中で,偽善と言う意味で,世界の中でも有数にタチが悪い

  8. 偽善だろうとフランスの多様性を受け入れる文化とおしゃれでミニマムで好きなものことにだけ囲まれる生活は素敵であるし無償の愛情や奉仕は喜ばれますし相手を知り排外をやめ人の命を助ける売名はどんどんやってくれと思いますし人権民主自由平等命を大切にする社会を大事にしたいものだ。
    問題点を検証したり過去の罪と向き合い敵対から友好へというPDへ向かう為にも常に相手の良いとこを認めプラスに考えた方が良い。世の中は良い風に考え意識を北朝鮮核実験原発再稼動原発輸出等で地球環境の破壊されてる現状を直視し環境や命に目を向けゼロミッション例えば圧縮空気自動車やカーボンオフセットや地熱等を活かし電気すら要らない社会を実現することが大事だ。フランスは個人主義で市民革命を行い憲政自由平等民主を勝ち取った国。次は国家自体政府自体を廃止して本来の自由である競争の無い経済より環境を大事にするフランス人のおしゃれでシンプルで倹約家なところを活かした非暴力の革命がおきることを応援するよ。日本とギフトエコロジーと争いの無い世界を作る社会実験を世界市民レベルで行う持続可能な社会アズワンコミニティで世界規模の連帯をしよう。

  9. フランス語が世界一美しい思っている人が多い~これはついてはたぶんどの国も母国語一番だて言う思う。日本だって日本語は世界一難しい、美しいとか思っている人多いし、先日中国人からも中国語が世界一難しいと言われた(笑) 実際言語学においては言語には美しいも汚いもなく、難しいも易しいもない。優劣はない、言語にそれぞれの特徴はあるが。

    • 笑。本当にその通りですね。
      結局は個人の感受性でああだこうだ言っているのに過ぎないと私も思います。