日本人のおしゃれと海外の違い

パリで生活していると、観光客らしき日本人を1日に1回は目にします。小奇麗で清潔感のある日本人観光客のファッションを見ていると、やはりパリ在住の日本人とは身なりが少し違うなぁと感じることが多々あります。

海外在住の日本人に限らず、帰国子女やハーフなど、「海外度数」が高めな日本人には共通して言えることですが、日本でいいとされている日本のおしゃれとは少しずれている人が多いです。それでは実際に、海外在住者はどんなところが日本人のファッション感覚と違っているのでしょうか。

そこで今回は、筆者自身の経験や周りのパリ在住日本人の意見を参考に、「海外生活が長くなると理解できなくなる日本人のおしゃれ」を5つ紹介します。全ての海外在住者が同じような感覚になるというわけではないですが、共感できる部分もあるかと思います。

1ヘアカラー

海外にいる日本人が在住者かどうかを見分けるには、髪の毛の色を見るのが一番早くて分かりやすいです。海外生活の長い日本人はほとんどが髪の色を染めていません。生え際から毛先まで、自然な黒です。逆に欧米で髪の色が明るい日本人女性を見たら、たいていが観光客、もしくは移住したての駐在員の奥様だったりします。

これは、海外のヘアカラー剤が強く、日本人の肌や髪質に合わないという原因もありますが、長く海外に住んでいると人工的に染めた茶髪がどうにもおしゃれに見えなくなってくる、という人が多いです。欧米人の自然な茶色に比べてみると、髪の色の明るいアジア人というのは何とも不自然で、ちぐはぐな感じに思えてきます。毛先までムラのない一色ならきれいですが、多くの場合が生え際だけ黒かったりして、何となく安っぽいおばさんのイメージです。

やはりもって生まれた黒い髪が一番美しいという結論に至って、髪を染めないという選択をする海外在住者が多いです。自分とは違う人種に囲まれて生活することで、ある種の”原点回避”のような現象が起こっている気がします。

2男なのに眉毛を整える

日本人男性は眉毛をきれいに整えている人が多いですが、欧米ではあまり眉毛をそる男性はいません。なかには軽くカットしている人もいますが、ほとんどの人が伸びっぱなしの手付かず状態です。よく見ると、眉毛がつながっている男性も少なくありません。←これもこれでどうかと思いますが。

たまに日本のテレビや雑誌などをみると、「日本人の男性は眉毛が細いなぁ」と思います。欧米の感覚で言うと、整えすぎな印象です。海外では、「眉毛を整えるのは女性」という固定観念があるので、整った眉毛は女性らしさの象徴でもあるわけです。そのせいで、細く整った眉毛の日本人男性を見て、ゲイだと勘違いされることもあるのだとか。整いすぎた日本人男性の眉毛はダサいと思われてしまいます。

3かわいい=子どもっぽい

ただでさえ、欧米人のなかにいると幼い印象の日本人。日本にいた頃は、かわいいものに惹かれてそういうものばかりを買っていた人も、欧米社会に入ると自然と避けるようになります。フリフリのフリルややわらかそうなポンポン、リボンなどの飾りがあるものよりも、よりシンプルなものを選ぶようになります。(そういったものしかないという現状もありますが…)

4ブランド物は身の丈にあったものを

日本では20代の若い女性でも、ディオールやシャネル、エルメスなどの高級ブランドのバックや財布を持っている人が多いですが、海外生活が長くなると、これもだんだんなくなってきます。

特にパリでヴィトンと言うと、「シャンゼリゼ通りの前で爆買いして行列しているアジア人観光客」を連想してしまうというパリ在住者も多いです。どこかでブランド物に群がるアジア人だと思われたくないと思うせいか、逆にブランド品から遠ざかっていきます。

海外在住者は、アジア人観光客と現地人のブランドに対する価値観の違いの間に立たされるようになり、次第に無理をして見栄を張って、高級ブランドのものを身につけるよりも、身の丈にあったいいものを選びたい、より自然体でいたいという価値観が生まれてくるような気がします。

5キメキメのおしゃれ=ダサい

日本人のおしゃれと欧米人のおしゃれの違いを一言で言うなら、”キメている”かどうかではないでしょうか。日本人女性は髪の毛のセットから、ストッキングにハイヒール、バッグをお嬢様持ち…といった具合に全身キメキメなおしゃれをする人が珍しくないですが、欧米人のおしゃれはどこか気が抜けた、肩の力を落とした感じのファッションが多いです。

ヘアもスプレーやヘアケア剤できれいにセットされた日本人女性の髪に比べて、とてもテキトーな感じです。しかし、それがどこかおしゃれでかっこいい。自然体なんだけどおしゃれに見えるファッションが特にフランス人女性は得意です。

 

まとめ
外国人、日本人と言っても実際のところは人によります。フランスでも髪を染めている人もいますし、全身キメている人ももちろんいます。しかし、日本人が海外で生活した場合、日本にいた頃よりも「日本人らしさ」を優先するのと同時に、周りに溶け込むファッションを心がけるという相反する2つの現象が起きているような気がします。

写真:Artur Chalyj

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

13 コメント

  1. >>フランスでも髪を染めている人もいます

    最近思うのはカラコンを入れている白人多いですよね。なんか黒い目が不気味とか。
    黒人の人が聞いたら最低に聞こえますけど、アニメ好きな白人は特に黒髪黒目が嫌いなのか、
    それともコンプレックスに感じているように思いますが、フランスでカラコンする人は居るのですかね。

    シアトルに居た時、アニメ好きなアイルランド系アメリカ人の女の子が「私の目ってアニメみたいに
    奇麗な青だと思わない?」と言っていて、正直不気味でした なんか日本のアニメが白人賛美だと
    思われているのかなと心配になりました 確かにプリキュアとかセーラームーンを観たら、勘違いするかも

    • フランスでカラコンをした人は見たことないですねー。私が気がつかなかっただけかもしれませんが。
      ただ、こっちにいる日本人でたまに「私の娘婿はきれいな青い目をしているのよー!」と自慢げに話したり、「青い目が好きなんだよね」という人がいますが、
      何か差別的な違和感を感じてしまうのは私だけでしょうか。「背が高い人が好き」というのとは、若干違う気がしてなりません。

  2. これは、、ちょっと時代錯誤だと思います。いつの時代の日本の話でしょうか?今、ブランドを追っかけてるのは中国人とかで、日本人は激安ユニクロの時代ですし。。カワイイというのは、コスプレの世界ですし。キメキメおしゃれって。。何年前のお見合いの話でしょうか?日本のファッションの移り変わりは凄まじい速さです。もう、これが流行りとかそういうのもないと思いますよ。瞳の色の話では、アメリカでは手術で青にする人もいるそうです。また、タトゥーを入れるのも流行る欧米人に比べると、日本人のファッションは、とても自然体で、好感度高いと思いますよ。

  3. 私も海外に住んでいますけど、日本人観光客はあまりおしゃれでは無いです。まあ、大抵バッグは斜めがけしているし、夏はチューリップハット。しかもスタイルが悪いので、かなり見劣りがします。

  4. カナダ在住です。んー。。。ただ単に黒髪をキープしてる方達には大きく分けて2通りあると思います。ただ単に髪の色を気にしていない、レイジーなだけか、本当に黒髪が好きで自分にはこれってわかってる人。
    今はカラーリングの技術も豊富で、アジア人でも合う様々なブロンドをオンブレやバレイヤージュなどで明るいカラーを楽しんでいると思います。
    日本に住んでいる日本人よりもみんな凝ったカラーリングをされていると思います。
    ちなみにわたしの今の髪色は、むかしレディーガガがやってたようなペールグリーンブロンドですがhahaha
    わたしの個人的な意見としては、日本人は海外生活長くなると黒髪にいきつくっていうのは、ごくわずかでしょう。
    お客様を見ててもわかります。
    ちなみにわたしは美容師です。

    • 面白いご意見ありがとうございます。
      なるほど、そうですか。カナダやアメリカのほうでは、確かにカラーをしている日本人も多いかもしれませんね。
      当方パリ在住ですが、こちらに住んでいる日本人はやっぱり黒髪が多いですよ。髪を染めている女性のほうが珍しいです。日本人美容師さんもそう言っていました。
      海外在住者も、国によって違いがあるのでしょうね。年齢や在住期間によっても違うかもしれません。

  5. リリーさん、こんにちは。
    いつもこちらにお邪魔しております。

    私もカナダに住んでいますが、私の住んでいるところでは、やっぱりアジア系の方々のカラーリングが目立っています。
    グリーンとかピンクとか。
    私も自然とカラーリングはしなくなりました。(元々あまりしませんが)
    海外に住んで長いですが、なんかカラーリングに違和感を感じるんですよね。
    茶髪にしているのは、ほとんど日本人と韓国人です。
    あと、街での日本人の洋服と髪型(色)が・・ワーホリの子たちを見ていても違和感がハンパないです。
    日本の洋服って、ダボって大き目で、ウエストを絞らないデザインが多いせいか、
    街になじまないような気がします。
    洋服と姿勢と内股で、すぐに日本人だとわかりますが。

    • こんにちは。
      グリーンとかピンクですか!それまた、奇抜ですね。
      実は私もカラーリングに違和感を感じます。人工的で何がいいのか、よくわかりません。似合っているなぁと思う人もなかにはいますが、似合っていない人は安っぽく見えるんですよね。娼婦のような感じで、清潔感もない気がします。
      ま、これは個人的な意見なので、結局は見た目やファッションなんて、好きなようにすれば良い話なのですが。
      こちらに来て、欧米人が「黒髪好き」だという理由がわかるようになりました。

  6. こんにちは。
    ドイツ在住の日本人です。
    髪のカラーリングですが、まわりのドイツ人は大体みんな髪を染めているような印象です。
    というのも、ドイツ人の自然な髪の色はアッシュブロンドが多く、くすんだ感じの嫌いな人はもっと明るいブロンドや、透明感のある色に染めたがるからです。
    ぱっと見、きれいで自然なブロンドだなーと思っても、案外染めた色だったということが少なくないですね(^^;

    ヨーロッパでのカラーリングの歴史は古く、かなり早い時代(いつ頃からは忘れました…すみません)から髪の脱色等が行われてきたようです。髪を染めることは、ヨーロッパではある意味文化とか伝統みたいなものかもしれませんね。

    ちなみに最近ドイツでの女性の流行りのスタイルは、日によくやけた褐色の肌にブロンドです。日本人としては「えぇー!?」って感じですが笑
    私も白い肌のほうが好みです。日焼け対策バッチリです笑

  7. でも個性はなくなってますよね
    海外で暮らす貴方は日本人の価値観って物を勝手に押しはめて欧米人のようになってしまってませんか?
    「生まれ持った黒髪に自然と戻ります」
    あなたが茶髪にしてただけでしょ。
    ダサい。
    私はもともと髪染めないですが、緑やミルクピンクみたいな髪の友人にも憧れますよ?
    結局は貴方が元々の根本のオシャレがないから欧米vs日本みたいになるんでだと思います。
    日本でオシャレな人と言われてから語れや。

  8. 私も中欧に住んで長くなりますが、感じる事はたくさんあります。
    外国にいると黒髪は羨ましがられ、染めたりしたら「せっかくの綺麗な黒髪を何で染めるの?!もったいない!」なんて言われ、じゃー染めるのやめてみようかな…なんて気になってきます。周りの人と差をつけるのがオシャレなのであれば、ここでは黒髪で充分オシャレになれるわけですから。茶髪や金髪はオリジナルで様になってる人が周りにゴマンといますからね。…という考えの展開から、私自身はここ10年以上染めない黒髪で通しています。シャンプーも無添加のもので、髪質には気を付けて。評判良いです。
    あとは全体的に言えることといえばやっぱり、日本のファッションはカワイイ重視ですね。若く見られたい願望とも無関係ではなさそうです。セクシーになりすぎないよう?または体型隠し?で露出も控える人が多いですよね。
    ヨーロッパで、目立たない色で体の線を拾わないフワっとした服を着てるアジア人がいたら、だいたい日本人です。体型隠しだなんて、ヨーロッパの人たちのボンボンボンな体と隠そうともしない大胆さを見慣れてくると、あなたの体型で何で隠すの?!と突っ込みたくなってきます。これはずっと日本にいたら思い至らない意見だとは思いますが。
    それから、日本人観光客がオシャレでないという意見があったようですが、普段の服装と旅先の服装が違う人って結構いませんか?旅先は動きやすさ重視でスニーカーにラフな格好、スリや引ったくりに遭わないために斜めがけできる頑丈なストラップ+軽さを追求したバッグなど、遠足に行くような服を選んでいる気がします。
    これは観光客全般に当てはまると思いますが、ここでも日本人の場合は細かいところが小綺麗な傾向はある気がします。使い古されたリュックじゃなく、この旅行のために新調したレスポートサックだったり、折り畳めるけど形が崩れないキレイめな帽子だったり。
    話を戻しますが、とりあえず外国にいると、日本で流行っているものを客観的な目で見るようになり、追いかけても共感してくれる人が周りにいない状況なので、自分の好きなもの、似合うものをより強く意識するようになるんじゃないでしょうか。道行く人がめいめい好きな格好をしてるのを目にして、なぁんだ、このままでいいじゃん、と、流行を追いかけてた時よりも個性的になってきた気がします。

  9. ちなみに言いますが流行りを追い回してる きた人間はどこに行こうが流行りに流されます(^o^)
    私の本当の似合うを見つけた‼︎とかわけわからん。
    まず似合わない物を流行りに合わせて着てた自分を10代でもててない事が異常なんを知って下さいね。
    田舎育ちでも都会に憧れて〜
    はい、典型的です。
    雑誌しか自分を格好よく見せる要素はないからですね。
    今は自分を好きになれる。
    はい、自分を好きなのは素敵です。
    ダサい服装意外は。
    日本人とは語らないでくださいねヽ(;▽;)ノ