このブログを通して、国際恋愛中の日本人女性からたくさんの相談メールを頂きます。メールのなかには、「こういった男性はあんまりおすすめしないな…」と思うような人もいます。逆に、こういった人なら結婚してもうまくいくだろうなという男性もいます。

 そこで今回は、国際恋愛したい日本人女性におすすめな外国人男性のタイプを7つご紹介します。こんな男性なら結婚してもうまくいく可能性が高いのではないでしょうか。

1日本好きな男性

当たり前ですが、日本が好きで日本の文化や習慣に対する理解が深い外国人とはうまくいく可能性が高いです。日本に住んでいたことがある人には、日本や日本人についての様々なことをいちいち説明する必要がないので楽ですし、衝突も少ないと思います。具体的には、日本食が好きな人、お風呂好き、家の中では靴を脱ぐ男性など…。日本人の生活習慣とのギャップが少ない分、毎日一緒に生活していても疲れません。

2家族が移民だった男性

祖父母や両親などが移民という男性や、ハーフ、クウォーター、帰国子女など、国際色が豊かな家庭で生まれ育った男性はおすすめです。結婚後に相手の国で暮らすことになった場合、相手の家族に「外国人としての苦労」を理解してもらいやすいからです。また、このような家庭の両親は「外国人と結婚する」ことに対する抵抗感や偏見もないので、いざ結婚となった場合でも受け入れられやすく、応援してもらえるでしょう。

3物腰が柔らかい男性

日本人女性と結婚してうまくいっている外国人男性というのは、どこか物腰が柔らかい温和な印象の人が多いです。第一印象で「優しそうな人」と言われるタイプの男性です。我を通すのではなく、相手に合わせることができそうな雰囲気を持っていて、素朴でありながら礼儀やマナーを重んじるタイプ。このような男性なら、日本人男性とのギャップが少ないのでうまくやっていけるようです。

4適応力が高い男性

写真:Carlos ZGZ

国際カップルで男女共に必要な能力の一つといえば、適応力。相手の家族や友人の集まりで、すぐに打ち解けられるような適応力が高い人はストレスが少なく、カップルとしてもうまくやっていける可能性が高いです。特に、子どものころに引越しを繰り返していた男性は新しい環境に入って人間関係をゼロから構築する能力を鍛えてきているので、適応力が高い人が多いです。

5ナショナリストではない男性

国際カップルで喧嘩になりがちなトピックと言えば、相手の国の悪口。「日本は僕の国に比べてこんなにダメだ」と言われてしまったら、たとえ正しいことを言われたとしても腹が立ってしまいますよね。特に、自分の国が世界で一番優れていると思っているナショナリストな男性とは、この手の喧嘩が耐えなくなってしまうのでおすすめできません。結婚前の段階で、相手の男性の「国や世界、世の中に対する考え方」などをある程度知っておくといいでしょう。

6外国語の学習をしている男性

日本語を学習している男性がベストですが、それ以外の言語でも「言語を真剣に学習した経験のある男性」は国際恋愛向きだと思います。外国語習得の難しさや苦労をわかちあえ、協力し合えるからです。学習者の立場に立って教えてくれたり、なかなか上達しない時期も辛抱強く応援してくれるでしょう。

7誠実な男性

国際恋愛の場合は特に、誠実さが大切だと思います。カップルのどちらか一方が外国語を話すという関係は相手をだましやすく、母国語で会話するよりも嘘をつきやすい関係だからです。

だからこそ、互いの人間性をいかに信用できるかが問われます。相手の男性が友人や家族とどのようにつきあっているかを観察し、彼の道徳観やモラルを探ってみましょう。信頼のおける誠実な男性なら、恋愛中の困難も誠実な話し合いで解決していけるでしょう。

 

おわりに

いかがでしょうか。国際恋愛向きな男性を紹介しましたが、これは日本人女性にも当てはまることです。外国語習得や外国人としての苦労を理解してあげられ、相手にも合わせることができる誠実な女性を目指しましょう。きっと素敵な人に出会えるはずです。

国際恋愛相談は info@madameriri.comまで。すぐにご返信できないこともあります。予めご了承ください。

写真:lil’_wiz

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

2 コメント

  1. ここでは書かれてませんが、もう少し現実的な話をしてしまえば
    相手の経済力、人種、国籍は離婚率に大きな影響を与えてる気がします。

    国際結婚した日本人女性の場合、途上国のアジア人との離婚率は高い傾向にあるのに対し
    欧米先進国出身者との離婚率は低めのようなので、前述の要素も含めた相手のステータス次第で
    我慢できる上限値が違ってきてるようにも思えます。
    普通に考えたら同じ人種で欧米よりも文化的にも近いアジア人の方が相性が良さそうなもんですが、
    女性の場合は自分よりもステータスの高い相手と結婚したがる傾向にあるのもアジア人との離婚率が
    高くなる要因になっていそうです。

    あと、男性よりも女性の方が相手に求める物が多い傾向にあるので、結局の所は
    女性側がどれだけ妥協できるかが鍵になってるのではないでしょうか?

    • >男性よりも女性の方が相手に求める物が多い傾向にある

      うーん、それはどうでしょうか。人によると思います。
      私のところに来る相談に限って言いますと、アジア圏の男性と結婚された方は、旦那様との夫婦関係よりも「姑との関係」に悩んでいる人が多いようです。
      日本よりも姑の権限があり、日常の様々なことに口出しをされて嫌気が差す…というような相談がよく届きます。
      ですので、経済力ももちろん関係あるでしょうが、アジア男性との結婚では欧米人男性との結婚に比べて、旦那の家族との関係が難しいと言えるようです。