パリテロから一週間、パリ在住者の思うこと

パリでの同時多発テロから今日で1週間となる。テロの脅威は去ったかとの質問に対し、バルス首相が「なお脅威はある」と言ったように、パリでは未だに街全体が緊張状態だ。

パリを歩けば、拳銃を持った警察や軍がそこらじゅうにいる。至るところで、警察パトカーのサイレン音が聞こえる。観光客はいつもより少なく、人もまばらで閑散としたもの寂しい雰囲気だ。街ゆくフランス人の会話からも、テロの話が聞こえてくる。地下鉄の電車に乗れば、セキュリティチェックという理由で電車が数分停車する。

仏テレビでは、フランスの政治家たちが声をそろえたように「On n’a pas peur!(怖くない)」と言うが、これだけ物々しい雰囲気で緊張状態にあるパリを見ていると、正直言って怖い。特に、筆者の住んでいるパリのビジネス街、ラデファンス地区での新たなテロを計画していたというニュースを知らされて以降は、いよいよ身の危険が迫ってきたようで、昨日もあまり眠れなかった。

怖がりすぎだと笑われてしまうかもしれないが、大きな物音にいちいち反応してしまったり、誰かが遠くで大きな声を出しただけで、何かあったのではないかとビクついてしまう。こんな自分を、哀れむ気持ちと「そんなに怖がるなんて情けない」と自嘲する感傷にひたる。

何か進展があるのではないか、何か自分の知らない情報が流れているのではないかと、一日中そわそわして、テレビをつける。24時間ニュースを報道しているBMFテレビにチャンネルを合わし、「よし、何もなかった」と一安心しては、「他のことを考えなくちゃ」と別のことを始めるが、気がつけばまたテロのことを考えている。

戦地から逃れてきたかのように、バタクラン広場から叫び出て来た人の映像がふと頭に浮かび、ぞっとする。

この1週間、テロの話ばかりで心底疲れた。もう、ニュースなんて見るのをやめようかとも思うが、それでもやっぱり気になってテレビをつけてしまう。そして、テロの遺族のインタビューを聞いては胸が締め付けられるように苦しくなり、悲しくなって涙する。

今週は旦那が出張で家にいなかったこともあって、不安感がピークに達したようだ。私はノイローゼになってしまったのだろうか。

パリのテロ以降、色んな人から「気をつけてね」と言われるが、正直何を気をつければいいのかわからない。気をつけても避けられないから、“テロ”なのではないのか。市民が気をつけて避けられるものは、“テロ”にはならないと思う。

だいたい、気をつけようとしたって、みんな働きに出ないわけにもいかないし、家に閉じこもってばかりではいられない。できるだけ「普通」を装うが、心の中は不安でいっぱいだ。

パリの「テロに屈しないぞ」という雰囲気のなかではとても言いにくいが、怖いものは怖い。怖がってばかりではいられないと、自分を奮い立たせようとするが、それでもやっぱり怖い。

そして、こんな自分を情けなくも思う。

1週間前までは、「楽しいクリスマスをどう過ごすか」を考えるような、平和な日常だったのに、どうして今はこんなに怖い思いをしなくちゃいけないんだろうと、どこにもぶつけられない怒りがわいてくることもある。

パリのテロが一日も早く、「過去」になってほしい。早く忘れて、早く元通りになってほしい。

今週末は、マルシェ・ド・ノエルにでも行ってみようか。できるだけ、いつも通りのことをしよう。できるだけ普通の毎日を送ろう。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

15 コメント

  1. いつも楽しく拝見してます。
    この度は身近で大変な事が起こってしまいましたね。
    天災とは違い、悪意のある人が起こした事件ですから敏感になるのも自然な事だと思います。
    早く旦那様が戻られるといいですね。

    テロが過去になって欲しいとおっしゃっていましたが、その通りだと思います。時間が解決することは意外とたくさんあるものです。屈しないということは怖がらないということではありませんから。
    早く事態が収束するのを心からお祈りいたします。どうか無理はなさらずに。

    • あたたかいお言葉、ありがとうございます。
      素直な気持ちを綴って記事を公開したものの、読者のみなさんに「頭のおかしい人だ」と思われやしないか、内心ちょっと心配していました。
      救われました。ありがとうございます。

  2. いつも拝見させていただいています。

    今回は本当に大変なことになり、私も心を痛めています。
    私自身もヨーロッパの国にいますが、フランスでないここでもピリピリしているのですから、パリでの状況はおそらく相当のものだと思います。
    心体ともにお疲れのことと思いますが、出来るだけ気を抜く時間を作ってくださいね。

    関東大震災時に、日本国内でも震災関係のニュースが連日延々と流され、同じく一週間もすればノイローゼ気味なる方が増え、は出来るだけテレビは見ないように、とネットなどで注意喚起がなされていました。
    こういったテレビによる影響でもPTSDになりうるそうですね。
    もちろん、今回は情報が大事なものなので、一切見ないということはいけないと思うのですが、出来るだけテキストなどで見られてみるのはいかがでしょうか?

    ご自身の身体をどうかお大事にしてください。

    • 優しいお言葉、ありがとうございます。
      震災のときもそうだったんですか。確かにメディアの影響力ってすごいですね。見れば見るほど不安になり、見ないわけにはいかなくなる…とでもいいましょうか。テレビによる影響でもPTSDになりうるというのも、今ならわかる気がします。
      やはり、できるだけ見ないようにしたほうがいいですね。情報収集は最小限にしてみます。
      ありがとうございます。

    • ありがとうございます。
      どこかに行きたい気持ちは山々ですか、そんなに身軽なわけでもなく、結局は普段通りの生活をしている感じです。
      イギリスやイタリアも安全と言えるのか、保証はないですし…。
      ある意味、フランス全土から警察官が送られて、最大の警戒しているパリは他の国や都市よりも安全ともとれます。
      だから結局のところ、怖がってもしょうがないんですよね。どこで何があるかわかりません。
      わかってるんです、頭では。

  3. マダム・リリーさん、初めまして。
    私はアナタの面白い記事に元気を貰っています。
    このサイトを知ったキッカケは『海外旅行に危険な国は?
    世界一治安の悪い都市ランキング』でした。
    その他の記事も面白いし!
    上手く表現出来ませんが、この辛い時、お手上げなので
    時間の解決を待ちましょう…。
    ただ、些細な事でも良いので楽しみを見つけて下さい。
    楽しみが活力を生み出してくれそうな??
    人生で2回パリに行きました、2回とも北駅近く。
    治安だの雰囲気だのはさておき、個人的に良い思い出が
    あります。ニュースで聞く情報が泊まったホテル近くの
    出来事って話はかなり辛いが、楽しかった!がグ~んと
    勝っています。
    生活がソチラにある方なので勝手な事をいろいろ書いて
    申し訳ないが、いろんな情報をこれからも待っていますので
    前を向いて下さいね~。

  4. 人生長い間生きている限り いろいろある中の、
    その一遍でしかない。人生の中でのほんの一瞬です。

    でも
    あなたたちは必ず大丈夫です。
    あなたたちは必ず無事に生きていける人達に決まっています。
    そう、心に確信をもっていただきたい。
    大丈夫です。
    あなたたちは
    このようなことで命を落とす運命ではありません。
    私にはそう見えます。確信しています。
    日本から、それを信じて
    大丈夫 ‼と 見守っています。

  5. マダム・リリーさん
    こんにちは!初めてコメントさせて頂きます。私はラ・デフォンス地区に住んでいて、パリで働いていて今回のパリテロにショックを受けています。パリの人は気丈で普通の生活をすることで、自由である事がテロと戦うことだと言ってます。もうテロとの戦争の匙は投げられてしまったのだから、後戻りはできない。パリテロで心を痛めてますが、ロシア・アメリカ・フランスがここぞとシリアに爆弾を打ち込んで、テロ組織ばかりでなくその何倍もの一般市民が犠牲になっている。
    それでも仕事もあるし毎日《普通に》生活してますが、メトロの中で、警官とパトカー救急車を見るだび心の中ではかなりびくついてます、きっと心拍数がかなり上がってるでしょう!まったくリリーさんと同じです。下記のような記事もありました、時間がかかってもいいんだですよね。いつか平和な世界が訪れますように、私はいろんな人種が共存しているパリが大好きです。リリーさんもお元気で。
    http://www.lemonde.fr/vie-etudiante/article/2015/11/20/apres-les-attentats-vous-n-etes-pas-oblige-d-aller-bien_4814544_4468406.html

    • まりりんさん
      メッセージありがとうございます。ご近所さんなんですね!
      同じ思いをしている日本人が近くにいると知って、少し安心しました。
      素晴らしいリンクもありがとうございます。とても参考になりました。

      今週に入って、テロの報道も少なくなりましたね。
      このまま、緊張状態も少ずつなくなっていきそうです。私もいろんな人種が共存しているパリが大好きです。
      ありがとうございました。

  6. お疲れ様です。本当に少しでもはやく日常生活がおくれるようになって欲しいですよね。
    自分が住んでいる場所はブルターニュ地方で、パリから離れているためほとんどいつも通りなのですが、やはりどこもテロの話で持ちきりです。
    はやく平和になって欲しいものですが、やはり自分たち一般市民にできることは何もなく、ただ普段通り生活をして嵐が過ぎ去るのを待つしかないのかと思うと何とも歯がゆい気持ちになります。

    500kmも離れたブルターニュですらこんな気持ちにさせられるのですから、パリで暮らしている方々はさぞ大変でしょうね。
    どうか身体を大事にしてください。

    • ありがとうございます。
      ブルターニュですか…。まだ行ったことはないですが、いいところだと聞いています。
      やはりこういうテロがあると、首都っていうのは危険だなと改めて思いますね。
      >やはりどこもテロの話で持ちきりです。
      今週はちょっと変わってくるかな…と願ってます。でも、これがもし日本だったらと想像すると、割と普段通りのフランス人ってやっぱり強いなぁと思います。

  7. いつも拝見してます。りりーさん、全くおかしくないです。実際身近でこんな怖いテロが起こったら?常に銃等携帯している人を見ていたら?セキュリティチェックがあったら?怖くて当たり前だと思います。
    私は遠くアメリカのネバダ州リノに住んでます。私の住んでるエリアはそんなに治安が良いわけでもなく私が知ってるだけでこの通りで殺人が2度ありましたし、発砲事件もまれにあります。12年程前にはこの家でも酷い殺人事件がありました。普段からそういう事があるのに、リストにリノの名前があっただけで!普段よりも軍の飛行機が飛んでいるだけで!不安になったりします。
    身近でテロがあって、常に緊張感を伴い、辛さ恐怖は計り知れないと思われます。一日も早くこういった状況から脱する事が出来ます様に遠くから祈ってます。

  8. 私は比較的安心と言われる日本にいても、ビビっております。
    毎日東京へ電車で通勤していますが、大きい荷物の人を見ると、
    爆弾じゃないだろうな…と思ってしまうのです。
    しかし、数分何事もないと、すっかり忘れてしまうので、あまり
    用心深い性格ではないのですが…。
    ですが、今やどこにいても安心ではないのかもしれません。
    日本はこれまで外国人による大きなテロがないため、ここでテロを起こせばインパクトがあると
    考えているテロリストもいるはずです。しかもセキュリティは激甘ですし。
    痛い思いや怖い思いは絶対嫌なのですが、だからといって逃げるわけにも
    行きませんし、とりあえず早く紛争やテロのない社会になるよう
    祈るしかないのかなと思ってます。
    日本からの無責任なコメントになってしまい、申し訳ありません。

  9. リリーさんにでも恐いものがあるんですね。発言がいつもシャルリーエブド並みに挑発的なのでちょっと驚きました。