新年の抱負を英語で言ってみよう!そのまま使える英語の例文50

 新年明けましておめでとうございます。

「一年の計は元旦にあり」と昔からよく言われていますが、みなさんは今年の抱負はもう決めましたか?会社や学校など様々な場で新年の抱負を聞かれることがありますが、今年はかっこよく英語で言ってみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、英語で言う新年の抱負50選を紹介します。あなたの新年の目標にぴったりな例文が見つかるかもしれません。

※ 「私の新年の抱負は~」という言い方で、”My New Year’s resolution is(are) to ~(動詞)“と言い、to~(動詞)の部分に以下の例文をあてはめるようにしましょう。

他にも、「私の目標は~」という言い方では”My goal is to ~(動詞)”、「今年は~します!」という宣言のような言い方では、”I’m going to ~(動詞) this year ”などの言い回しができます。

 

1. Get in shape: 体を鍛える
アメリカ人の3分の1が新年の抱負にこの目標を掲げるそうです。他にも、“exercise more”(もっと運動をする)や、“lose weight”(痩せる)、“stay fit and healthy”(体を鍛えて健康になる)という言い方もあります。

2. Start eating healthier food, and less food overall: より健康的な食事をし、食べ過ぎない
今年はジャンクフードをやめ、バランスのとれた健康的な食事を心がけましょう。“stop eating cheap junk food”(安いジャンクフードを食べるのをやめる)、“eat better”(いい食事をする)、“develop healthier eating habits(より健康的な食習慣を身につける)”といってもいいでしょう。

3. Stop procrastinating: ぐずぐずしない
“procrastinate”とは、「ぐずぐずして先延ばしにする」という意味。目標を達成できない大きな要因は、努力を怠って好きなこと、楽しいことをしてしまうから。すべきことを先延ばしにする癖は今年で断ち切りましょう!

4. Improve my concentration and mental skills: 集中力を高めて、メンタルを強くする
他にも、“improve my focus”(集中力を増す)、“boost concentration”(集中力を高める)、“hone my mental skills”(精神力を磨く)、“control my mood”(気分をコントロールする)、“learn faster”(覚えを早くする)などの言い方もできます。

5. Meet new people: 新しい人に出会う
“overcome your shyness”(人見知りを克服する)、“ get to know new and interesting people”(新しく出会った面白い人を知るようにする)なども使えます。

6. Become more active: もっと活動的になる
今年はもっと外に出て、活動的になってみては?“get moving”(すぐ行動する)とも言えます。

7. Become more confident and take some chances: もっと自分に自信を持ってチャンスを逃さない
あなたが自信をもって行動すれば、あなたの話を聞いてくれる人が増えるはず。“grow my confidence”(自信を育てる)、“build self-confidence”(自信をつくる)など。

8. Earn more money: もっとお金を稼ぐ
今年はもっと給料をあげるぞ!具体的には、“have sidejobs”(副業する)、“work as afreelancer ”(フリーランサーとして働く)などの方法がありますね。

9. Become more polite: 礼儀正しくなる
“learn etiquette”(エチケットを学ぶ)、“deal with rude people in the right way”(無礼な人にも正しく対処する)、“learn how to say no”(断り方を学ぶ)など。

10. Reduce stress: ストレスを減らす
“try to have more relaxing time”(リラックスできる時間を増やす)

11. Learn to be happier with your life: 人生で幸せを感じることを学ぶ
“make a good living”(良い暮らしをする)、“have stress under control”(ストレスをコントロールする)、“learn how to find joy in the little things”(小さなことに喜びを感じられるようになる)。

12. Get more quality sleep: 睡眠の質を良くする
“have at least 8 hours of sleep a night”(最低8時間の睡眠時間をとる)ができればいいですよね。寝る前にスマホを見てダラダラしてしまう人は、今年からこの悪い習慣を絶ちましょう。

新年の抱負を英語で言ってみよう!そのまま使える英語の例文50
写真:Miguelángel Guédez

13. Give up cigarettes: たばこをやめる
新年の抱負の定番。“quit smoking”(たばこをやめる、禁煙)のではなく、”become a non smoker”(ノンスモーカーになる)を目標にしてみてはどうでしょう?

14. Watch less TV: テレビを見る回数を減らす
テレビの前に座って無駄な時間を過ごすより、今年は時間を有意義に使いましょう。“Instead of watching TV, I’m going to~(動詞)”で、「テレビを見る代わりに~するつもりです」という文章になります。going to以下の部分には、例えば“develop new skills”(新しいスキルを身につける)や、“spend more time with family”(家族と過ごす時間をつくる)などを入れることができます。

15. Read more: もっと本を読む
去年は何冊ぐらいの本を読みましたか?読書は心の栄養、知識の宝庫です。本を読む習慣さえ身につけられれば、年間20冊以上読むのは簡単なこと。例文:My new year’s resolution is to read at least 3 books a month.(私の新年の抱負は、毎月最低3冊の本を読むことです)

新年の抱負を英語で言ってみよう!そのまま使える英語の例文50
写真:Paul Falardeau

16. Find a significant other: 大切な人を見つける
今年こそ、かけがえのない恋人がほしいと思っている人も少なくないのでは?significant otherとは、アメリカで使われる口語表現で、「かけがえのない大切な人、恋人、配偶者」の意味。人生のパートナーを見つけられるように、出会いの場へ出かけましょう。

17. Have better sex: もっといいセックスをする
なんとも欧米らしい表現ですね。

18. Become tidier: きれい好きになる
これを目標にする人も多いです。こまめに掃除をして、煩雑した毎日とおさらば!”have a more organized life”(よりきちんとした生活を送る)、“keep my house clean”(おうちのきれいを保つ)などと言い換えることもできます。

19. Learn how to dress with style: もっとおしゃれを学ぶ
来ている服によって、その日一日がより気持ちよく、より自信を持って過ごせることもあります。人は中身が大切と言いますが、やっぱり見た目も重要です。今年はあなたらしいおしゃれを追及しましょう。

20. Spend more time with the people that matter: 大切な人と過ごす時間をもっとつくる
嫌な人と渋々過ごす時間よりも、自分にとって本当に大切な人との関係にフォーカスする1年にしてみては?“spend time with the people who I care about deeply and who care about me”(私が大切に思っていて、また相手もそう思ってくれている人と時間を過ごす)のは、幸せのキーですよ!

21. Start drinking in moderation or quit drinking altogether: お酒はほどほどに節度を持って、もしくは完全にお酒をやめる
“moderate drinking”(節度を持ってお酒を飲む)、”keep my drinking under control”(飲酒をコントロールする)など。

22. Get out of debt: 借金返済
借金がある状態ではなかなか次のステップにも踏み出せませんよね。financial freedom(経済的自由)を手に入れて、今年は身も心も軽い1年にしたいものです。”Pay off _____(◯◯を完済する)”という言い方もできます。

23. Start saving money: 貯金を始める
借金が返せれば、今度は貯金をはじめましょう。“It’s time to start putting some money aside.”(そろそろお金を蓄え始めるときです)。そして、“With some extra money, I’m going to~”(溜まったお金で~します)というように続けてもいいです。

24. Learn a new language: 新しい言語を学ぶ
外国語を学んで、履歴書をもっとかっこよくしましょう!“Score 800 on the TOEIC test”(トーイックテストで800点取る)などの具体的な数値目標があると、目標を見失わないのでいいでしょう。

25. Volunteer and give more to charity: ボランティアをしてチャリティーに寄付する
“helping those in need”(ボランティアが必要な人を助ける)というのも、立派な新年の抱負ですよね。ボランティアを通じて、新しい人に出会い、ついでにコミュニケーションスキルも磨ければ、一石二鳥です。

26. Pick up useful skills or fun hobbies: ためになるスキルや楽しい趣味を見つける 一人家でテレビをみながらダラダラするのではなく、夢中になれる面白い趣味を見つけましょう。

27. Learn to let go of grudges and avoid moping: 恨みをすて、ふさぎ込まない
grudgeとは、「恨みや遺恨」のこと。グラッジを持っているせいで、ふさぎ込んでくよくよしていては人生がもったいない!そんな恨みはとっとと手放しちゃいましょう。

28. Adopt a cute pet: かわいいペットを飼う
“I’m going to find a pet that fits your living conditions and lifestyle”(生活基準やライフスタイルに合ったペットを見つけるつもりだ)、“adopt a dog and take great care”(犬を飼ってきちんと世話をする)

29. Become more organized: もっときちんとする
organizedとは、「頭の中が整理された」という意味。ただただ、やらなくてはいけないことに追われる毎日を過ごすのではなく、今年はきちんとタイムマネージメントをしてきちんとした生活をしましょう。“I’ll become more organized this year and have more time to spare.”(今年は頭の中を整理して仕事し、時間に余裕ができるようにする)

30. Travel more and see the world: もっと旅行して、世界を見る
今年こそ、“go on a trip”(旅行に行く)という人も多いでしょう。“take a trip”も同じ意味です。”I’ll go on a trip to France this summer”(今年の夏は、フランスに旅行に行きます。

新年の抱負を英語で言ってみよう!そのまま使える英語の例文50
写真:Jaskirat Singh Bawa

31. Learn to cook: 料理を学ぶ
Cooking is one of the essential skill.料理ができるって、それだけで魅力的な人に思えますよね。今年は、料理ができる人になって、“ impress dates with lovely meals shared under candlelight”(キャンドルライトのもとで、手作り料理を恋人にふるまって驚かせる)というのもいいアイデアです。

32. Go see my doctor more often: もっと定期的に病院に行く
健康第一。”Staying healthy is top priority in everyone’s life.”(健康であることは誰にとっても第一優先事項です)。でも、病院に行きたくない医者嫌いな人も多いはず。今年はそんなわがまま言わず、毛嫌いしないで病院に行く1年にしましょう。

33. Reinvent yourself: 自己革新する
何をやってもうまくいかないと感じているなら、何かを変えるべきときなのかもしれません。“make some serious changes in my life”(真剣に人生を変える)ことができる1年になりますように。

34. Stop being late all the time: 遅刻魔、卒業
仕事でも遊びでも常に遅れてやってくる時間にルーズな遅刻魔になっていませんか?今年は遅刻魔卒業を目標にするのもいいでしょう。”become punctual”(時間を守る人になる)、”be always on time” (時間を正確に守る)

35. Learn how to be more self-reliant: 自力で何でもできるノウハウを学ぶ
self‐reliantとは、「自己を頼む,独立独行の」という意味。今年は、人に頼ってばかりではなく、自分で何でもできる自立した人になりたいですね。

36. Turn my hobby into a career: 趣味を仕事にする
好きなことを仕事にする。こんなに幸せなことはないでしょう。

37. Get over an ex: 元カレ・元カノを忘れる
英語でexとは、元カレ、元カノのこと。終わった恋をいつまでも引きずってしまっている人は、「失恋」に終止符を打つことを今年の目標にするのもいいです。

38. Learn to control  my emotions: 感情のコントロールをうまくなる
“Gaining control over my feelings ”(気分のコントロールをできるようになる)というのも、素晴らしい目標です。怒りや嫉妬、プライドなどのマイナスな感情ともうまくつきあえる1年にしたいものです。

39. Start being more responsible: もっと責任感のある人になる
成長して“大人”になるとは、“the ability to think before making a decision”(決断する前によく考える能力)を持つことであるとか。“avoid blaming everything on someone else”(全て人のせいにする)のではなく、自分で責任の持てる大人になりましょう。

40. Learn more about art, music, culture etc.: 芸術、音楽、文化をもっと学ぶ
バッググラウンドの違う様々な人と会話ができるようになるには、豊かな知識を身につけることが重要。芸術や音楽、歴史などを学び、会話の上手な面白い人になりましょう。

41. Spend less time on social media: ソーシャルメディアに時間を費やしすぎない
ソーシャルメディア依存症になっている人はいませんか?“stay in touch with friends and family”(友人や家族と繋がっている)ことは悪いことではありませんが、そればかりという人は“stop checking on social media constantly”(ソーシャルメディアをいつもチェックするのをやめる)というのを今年の目標にするといいでしょう。

新年の抱負を英語で言ってみよう!そのまま使える英語の例文50
写真:David Guyler

42. Learn how to defend yourself: 自分で自分を守る術を学ぶ
護身術だけではなく、様々な場面でかしこくかわすスキルが身についているといいですよね。

43. Become more romantic: もっとロマンチックになる
これも欧米っぽいですね。元々ロマンチックな人ではなくても、パートナーとおしゃれなレストランに食事へ行ったり、記念日や誕生日をちょっとロマンチックに演出するなどの努力をしていきましょう。

44. Start remembering important dates: 大切な日を記憶するようにする
家族や恋人の誕生日、結婚記念日を忘れてしまう人は、今年からは手帳やスマホに記録して覚えているようにするというのを目標にしてもいいでしょう。そうすれば、プレゼントやレストランの予約なども直前にバタバタせず、余裕を持つことができます。

45. Become more social: もっと社交的になる
“My goal this year is to become more social”(私の今年の目標はもっと社交的になることです。)“ learn to work in a team”(チームで働くことを学ぶ)のも良し、“ develop leadership skills”(リーダーシップのスキルを身につける)も良し。社交的になって学べることは山ほどあります。

46. Start being more creative: もっとクリエイティブになる
“I’ll become more creative this year”(今年はもっとクリエイティブになってやる)という目標を立てる人も毎年多いです。でも、なかなか“think outside the box”(既存の考えに囚われずに考える)というのは難しいもの…。クリエイティブも楽じゃありません。

47. Start expressing yourself artistically: 芸術的自己表現をはじめる
アーティスティックに自分の考えや感じたことを表現できるようになれるといいですね。絵を描く、小説を書く、DIYしてみる…などなど。今年はアートに力を入れてみては?

48. Face your fears and insecurities: 恐れや不安と向き合う
自分の中にある恐れや不安を受け止め、うまく付き合えるようになりましょう。

49. Start writing a that book/journal: 本を執筆/日記を書き始める
“keep a diary”(日記を書く)も同じような意味です。”publish a book on amazon”(アマゾンで本を出版する)人も最近は増えてきましたね。自己表現の手段はたくさんあります。チャレンジしてみましょう。

50. Stick to the good healthy habits you’ve developed: これまでの健康的な生活を続ける
最後に、最も大切なこと。それはこれらの新年の抱負を継続していくことです。

“You will need to work on sticking with the good habits you have adopted, until they just become a natural part of who you are. ”
新年の抱負を決めていい習慣を心がけたなら、その習慣が自分のものとなるまで続ける必要があります。

 

皆さんの今年の抱負は何ですか?今年もいい1年になるといいですね。
2016年もマダムリリーをよろしくお願いします。

写真:lee

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. 色々と勉強になりますが、大人の場合、睡眠時間は8時間とるとむしろ体に悪いと聞いた事があります。
    平日は寝る1時間くらい前から寝る準備態勢に入りますが、8時間眠ろうとした場合、想定よりもかなり早い段階で
    目が覚めてくるので、8時間寝るのがキツイ場合もあります。

    本当に眠い時に爆睡すると、短い時間でもたっぷり寝たぐらいの睡眠量になりますし、質の高い睡眠を
    した場合はむしろ8時間は長すぎる気がします。

    個人的には7時間半くらい眠るのが丁度いいように感じていますが、こういうのは個人差があるので
    何時間眠るのがベストかは何とも言いにくい所です。

    ただ、8時間くらいの睡眠は取れるようなライフスタイルを心がけるのは大切だと思います。