ベッキーを叩きまくって公開処刑する「世間」のほうが異常

連日のベッキー叩きにイライラがたまってきたので一言。

どこの国でも、芸能人というやつは恋愛や結婚、不倫や離婚など、世間が放っておかない存在だ。あることないこと噂して、主婦たちのうっぷんの捌け口となっている図も同じだろう。

今回のベッキーの件だって、世間のかっこうのネタ話となるのはわかる。みんなであーだこーだ噂したくなる心理もわからなくはない。

しかし、私がどうしても腹が立つのは「謝罪会見」というやつだ。なぜ、不倫したことを世間に対して謝らなければならないのか、どうしてもよくわからない。

よく、「視聴者に対して謝れ」だとか、「世間を騒がせたのだから謝れ」というが、私は視聴者だけど、ベッキーがどうしようがどーでもいいし、世間を騒がせたと言うのも、マスコミがビジネスとして勝手に騒ぎ立てただけにすぎない。

不倫をして傷つけた相手の奥さんや、仕事で迷惑をかける人に対して謝罪するのはわかるが、この場合は何もテレビの前で謝罪する必要はない。ベッキーファンをがっかりさせてしまったことへの謝罪なら、ファンクラブや所属事務所を通して、ファンに対しての謝罪をすればいい。実際は、世の中の大半の人がベッキーのことなんてどうだっていいと思っているのに、その「世間様」に対して謝罪する意味なんて、一体どこにあるのだろうか?

ベッキーの件だけでなく、浮気や不倫などでの記者会見で、深々と頭を下げている芸能人を見るたびに、大勢でたった一人に「辱め」を与えているようで、不愉快極まりない。ベッキーや不倫を擁護しているわけでは決してないが、不倫そのものよりも、公共の電波を使って公開処刑をし、一人の人間を叩きまくる日本の風潮のほうがよっぽど病的だし、異常だと思う。

「村社会」と、それに「はじかれた者」という構図は、この時代になってもなんら変わってはいない。息が詰まるような日本の閉塞感には反吐が出る。

記者会見で、謝罪をする相手の「世間」とは村の住人のことで、日本社会においては神のような絶対に抗うことのできない存在。「世間にそむく」、「世間が許さない」、「世間を騒がす」など、“世間”を使った日本語の表現は山ほどあるが、この“世間”とやらも絶対ではなく、ちょっとした報道や風潮に流されてしまうようなふわふわした存在である。その神様でもなんでもない「世間様」とやらの前で、ざんげする必要なんてないのではないか。

そもそも、「こんなくだらないことで電波を使うな」とマスコミに抗議をする人はいないのか。もう、こんな芸能人の謝罪会見なんて心底ウンザリだと、本当は多くの人が思っているのではないか。

そういえば、私がフランスに来る前は、連日ノリピーの報道がされていたっけ…。

「あぁ、日本を出てよかった」と、くだらない芸能人の謝罪会見を見るたびに、心から思う。

写真:Hartwig HKD

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

26 コメント

  1. 同意します。
    このような芸能人のゴシップスだけでなく 企業などの会見も昔から疑問に思っていました。日本でよくある とりあえず謝っておく、悪くないのに謝る、形だけ謝って何も改善しない。本当か嘘かわからないですが、こういった謝罪会見にはマニュアルがあって 頭を下げる角度や秒数など決まっているのだとか。
    本来、謝罪というのは 被害を受けた人(団体)にたいして行い 原因の徹底究明や再発防止などとセットでなければ何も意味のないものだと思います。
    よく欧米ではけして謝らないなどといいますが、例えば道で すれ違いざまに体が少しぶつかった時など 欧米のほうが普通に謝るひとが多く、逆に謝らない日本人が多い気がします。
    こういったことは日本から出たことのない人には理解できない考えなのでしょうかね?

  2. 良くも悪くも、テレビに顔を晒した瞬間に、画面の向こうにいる視聴者は、スポンサーにとっての顧客候補者だから、たとえ応援してくれる相手ではなくとも、公開謝罪の義務が発生するのでしょうかね。
    こんなにご立腹のマダム・リリーを初めて見ました。(-.-)
    PS.ベッキーのお相手は謝罪してないようですね。

  3. 芸能人という職業を選んだ段階で何の関わりもない一般人、言わば世間体を相手にしているのですから不祥事があれば世間体に謝るのは別に不思議なことではないと思います。
    特に彼女はCM等でファンやそれ以外の人からの認知の割合も高い人でしたから、余計に騒ぎ立てられるのも仕方ないと思います。

  4. 同じ不祥事でもマスコミが騒ぐ時とそうでない時があるんですよねー
    不倫が世間を騒がせることになるのなら、不倫が暴露されてるのに報道されない芸能人がいるのはおかしいですよね?
    マスコミが正義のために騒ぎ立ててるのなら、そういう差があってはならない。
    つまりマスコミは世間様のために不倫を報道しているわけではなく、何かしらの思惑があって報道するしないを振り分けている。
    その違いはどこから来るのかと言うと、バックについている事務所の力なわけです。
    大きな事務所に所属している芸能人なら、情報を掴んでも報道しない。もしかしたら影で金銭のやり取りがあるのかもしれませんね。
    そして小さな事務所なら、ちょっとした不祥事でも出来る限り騒ぎ立てて視聴率を稼ぐわけです。視聴率=お金ですから、稼ぐ価値があると。
    たしかノリピーとベッキーは同じ事務所だったと思います。
    日本のマスコミは大きな組織の犬になって餌を貰いながら、自分より立場の低い人を見つけては利用しているわけです

    • 面白いご指摘ですね。
      確かに、大いに騒がれる芸能人と守られる芸能人がいますね。芸能人も所詮は組織の人間、ということでしょう。
      いずれにせよ、マスコミはビジネスのために報道しているわけで、視聴者の私たちとしてはそんなマスコミに踊らされないことが大切だなぁと思いました。

  5. 私も全く同意見です。SMAPの謝罪会見も同時期にありましたが、どちらも誰に向かっての謝罪なのか、公にさらしものになってまでする内容もないし、意味不明と感じました。
    ベッキーを(ネットで)叩いてる人達は、何か迷惑をかけられたわけでもあるまいし。犯罪者であるかのようにマスコミと一緒になって騒ぎ立てて、、恐ろしいです。LINEの内容が漏れていたらしいというのも、そっちの方が余程問題と感じます。

  6. 同意します。べつに一般人の私達に謝罪しなくてもいいことですね。
    こうやってメディアが作り上げた偽りの正義によって、ただの捌け口に差にしてるだけです。
    要はいじめと同じ、やってる側はやられる側が悪いって思ってる。
    情けないことです。

  7. まあ、大規模な組織の中に置かれた場合、芸能界であろうが、大会社であろうが、話題がこれ以上エスカレートするのを抑えるのと、それ以上に個人や会社に危険な被害が及ぶのを防ぐのに、大衆の怒りを抑えるために表向きは堂々と頭を下げて、誤っておくというのは日本では結構どこでもされてます。みえみえだけど。それがないと反対に限界なく叩かれ、最後には会社だけでなく、個人、会社責任者など、潰されてしまうという所までエスカレートしないとも限らないですしね。特に、日本人は直で批判するのは、怖くて出来ないけれど、Lineや間接的な接触で、集団で徹底的に叩くのは、世界レベルですからね。実際日本では、スキャンダル後の責任者や個人の自殺も多い。日本は特にメディアの影響がとても大きいし、メディアは何かあると言葉を巧みに操って、視聴者だけでなく、スキャンダルを起こした本人をも洗脳していく。だから責任をとって自殺とかよくあるけれど、結局はメディアとそれに踊らされた人たちがそこまで追い込んだと言っても過言ではない。実際、海外ではそういうことはほとんど有りません。そんな仕組みだから、そういう、よく考えたら無意味な(ここでは視聴者に謝るとか)言動が出ても、あまり日本人はおかしく思わないし、それが普通に見えてしまう。それと、日本人は集団部族ですから、個人の意見は尊重されず、みんなと同じ事をしていることがいいように教育される。なので実際悪質なことをしていても、皆がしていればそれも正しいことに思えて、安心して一緒になってさらにやってしまう。こういう所もそういった風習をエスカレートさせる一部の原因になっているのかも知れませんね。まあ、ベッキーの場合はそこまでとはいかないけど、結局は同じプロセスだと思います。

  8. すでにコメントしましだな、
    書き忘れてしまった事があります。
    それはLINEの流出です。
    集団の意思が正義だという今の流れのなか
    LINEの流出に関してもその流れで誤魔化されようとしてますが
    これって大変な問題だと思います。
    いくら芸能人だからって個人間のやり取りまで
    晒されていいとは思えないんです。
    これを容認してしまえば不正な手段で手に入れたものでも個人のプライバシーを晒しても構わないという悪しき前例になると思います。
    ただでさえタチが悪いと言われる週刊誌ですから
    このような流れなら部数さえ取れれば何でもやるでしょうね。
    LINE流出に関して警鐘を鳴らすコメントをされてる有識者のかたもいらっしゃいますが
    それに対しても不貞は悪だーとしか返さないコメントが多く、日本のこの集団の偽善に不安を覚えます。

  9. テレビって、娯楽の一部です。何万人の人がその一つの箱を観て楽しみ、時間を割くわけです。見る側がその見たいテレビを選択して見みる時に、演者の不道徳なプライベートがチラついたら、もうその楽しさや、嬉しさ、感動など様々な良い感情までマイナスな気持ちに変わってしまうと思うんです。娯楽を観てる訳だから、だから演者は、タレントの心得として、視聴者に不快な気持ちを与えたらいけないんです。その人を見たい訳じゃない人も、箱見てたら付いてくる訳だから。公開処刑なんかじゃないです。視聴者の道徳心を湧き上がらせる様な、愚劣な行動した人が悪いんですよ!不倫経験者は必ず庇護しますし、された人はその報道を見て、自分と照らし合わせてしまうのが人間なんですから、また悪夢がそこで蘇る訳ですよ。子供たちもテレビは観ますし、教育上良くないです。表現者として家庭を壊す様な事したのが表沙汰になったなら、もうその仕事はしない方が良いですよ。一夫多妻制じゃないし、結婚という契りをちゃんと交わす国です だから善悪がハッキリしてるのかもしれません。だから日本は平和な国なんですよ♪
    海外にはとても素敵な国が沢山ありますが、空港着いた途端に窃盗に合ったり、結婚せずカップルでいるという、恋愛至上主義な国もありますでしょう♪先が見えないのが美徳なのかな?

  10. ベッキーの世間でのイメージが悪くなれば、ベッキーを起用しているスポンサー各社がダメージを受けます。
    ベッキーとしてはスポンサーへの謝罪だけでなく、イメージ悪化を避けるためにも世間への謝罪は必要だったのでしょう。
    それよりも気になるのが、日本を出て良かったなどと言いつつもわざわざ遠い海の向こうから日本のゴシップネタに噛み付いているあなたの心理です。
    せっかくお嫌いな日本を出たのですから、わざわざ日本のつまらないニュースを見てイライラせずとも良いと思うのですが。
    フランスのすばらしさを伝える記事でも書いたほうがよほど建設的ではないですか?

  11. 応援する人もいれば、批判する人もいる。しかし、異常なバッシングは、論外である。その人をどうしたいのかと、疑問である。
    しかし、イライラするからとの感情的な理由で投稿され、最後には『日本を出られ良かった』とのコメント。
    そんなに毛嫌いする国民がいる日本を離れ、遠いパリに行ったにも関わらず、日本の出来事にとらわれているのは哀れとしかいいようがない。
    日本で暮らしていても、どうでもいい事と流せる人の方が大勢いる。
    どうぞ、日本の出来事は放っておき、ご自身の生活を豊かなものにしてくださいね。

  12. ん?そもそもの論点がずれてません?

    記者会見は見てる側の誰かが要求したものではなく、往々にして事務所側や本人がやってるもの。
    やりたくないならやらないという選択肢があります。それで損をするのか得をするのかは本人の判断でいいわけなので。

    誰かが要求した体で日本の社会のあり方を非難するのはまた違う話になりますよね?そういう社会であろうとなかろうと、そこは事務所と本人が拒絶すれば記者会見をする必要は全くありません。

    しかも、今回のベッキーの記者会見は視聴者を対象にしたものではなく、CM関係やスポンサー関係への釈明という色が強かったものではないでしょうか?

    「異常なまでに叩く」という部分に関しては同意できますが、あたかも誰かから強制させられて記者会見をしているかのような書き方では話が変わってきます。
    どこの国でも企業や名のある個人などは「リスクマネジメント」として、不祥事(ベッキーの場合は不倫ですが)を起こせば記者会見という釈明はするものです。しないならしないで構いませんが、しなければ企業なり個人なりの信用は失墜し、企業では特に、その後に多大な影響を及ぼすからです。そこを天秤に掛け最終的には本人、又は事務所の判断で行っているわけです。

    例え、事務所に強制された可能性があるとは言え、本人が頑なに拒絶すれば記者会見など開く必要はありません。ただその後、事務所なり視聴者なりに見放されてもよければという前提になりますが。それはどこの国でも同じではないでしょうか?

    それと、「世間に背く」と書いていますが、この場合、既婚者と知っていて関係を持っているわけですから、少なからず「民法という法に背く行為であり、人道に背く行為」です。

    世間様云々の前に民法があり、それに背いている事にも触れるべきなのでは?

    • 七誌さんの意見とほぼ一緒です。
      P・コトラーの本にも書いてありますが、
      CMに商品の顔として有名人を起用した際、
      この様なゴシップが出ますと
      商品や起用した会社のイメージに大きなダメージを与えることになります。
      会社や商品のイメージが悪くなりますと、消費者による不買運動が起こり
      売上が落ち株価が下落します。
      企業の社員だけでなく、株主、有名人によっては日本経済にも影響が出る場合があります。
      中国経済がヘマをこいている今、これによるCM企業の株価の下落は誤差範囲内でしょうが
      世間からの個人叩きはともかく「社会に多大なご迷惑をおかけしました」は洒落ではございません。
      以下余計ですが・・・・
      アメリカの研究施設での未来予測では、
      未来のCMにはゴシップがなく、他社とのイメージの重複もないバーチャルキャラクター(ex.初音ミク)
      が使用されるのではないかとのレポートがでていました。

  13. 辱めが嫌ならひっそり消えればいいんじゃない?どうでもいいから
    それでマスコミが追いかけるならそりゃゴミだよ
    まあ追いかけるだろうけどさ
    まずは不倫問題解決してからまた仕事探せば?当事者間でどう解決するのかは知らないけどさ
    誰がかは知らないけど世間的には大勢の人が解決したいと思ったから会見もうけたんでしょ?
    職を失いたくないから謝罪を選択したんじゃないの?その後ぼろがぼろぼろでるけどそれ本人のせいもあるでしょうが
    おおっぴらに不倫してまかり通るのが異常なのはどこだって一緒でしょ
    公の場なんだからなおさら
    ウッズの弁解思い出したわ
    本業ゴルフ、アメリカだけどね

  14. 日本在住米国女性です。

    ベッキーは確かに叩かれすぎと思います。表舞台やに出る仕事だから、不祥事など何もない時でも多少叩かれても仕方がないものですが、この「悪いことしたのはそっちだから!何をされても文句なんて言う権利もなし!」という、正義のために何をやってもいいネット上の雰囲気がもう怖いほどです。

    そして、やっぱり自分の生活に何らかの不満を抱いている人たちにとって、ベッキーみたいな女性の転落を見るのがとても愉快なんでしょうね。マスコミもそれがきっと分かっている。SMAPの時にも思いましたが、謝罪会見というのは、世間などへの謝罪の場じゃなくて、晒し台みたいな罰なんじゃないのかな。

    「正義」を盾に相手をとことん苦しめるリンチ、アメリカのネットでももちろんよくあることです、ゲーマーゲートもその一つ。だから日本がどうのこうのとは特に思っていませんが、やっぱりこっ自分の個人的な意見をいうの、こっちの方が勇気のいる行動だとは確かに感じます。職場で「相手も悪いのになんでベッキーばかり?」と何気なく聞いてみたら、無視されましたね笑そっち触れるんじゃなかったな〜って

  15. 芸能人だけでなく、政治家とかも、結構そういった不祥事が公に出て、あれやこれやとつるし上げられるのは、毎度の事。なので、そういう職について、さらに人前に姿を出すことが多くなったと思ったら、そういうことになるかも、という自覚を持って行動すること、それが嫌なら、自制する。週刊誌や朝のワイドショーなどで、それも何日か何週間かにわたって、つっつきまわして、もう謝ったのに、なんだかんだと騒ぐのも、本当に悪質っと思うけど、そういったメディアのやり方を変えるのはまず、無理でしょうし、洗脳云々言ったところで(私の前のコメント)、何も始まらないし、変わらない。結局は、自身がその罠にはまらないように、出来るだけ、賢く、慎重に行動するしかないのでは。ベッキー自身は、今は嵐が過ぎるのをじっと待つしかないかな。アホなメディアに負けず、またひとまわり大きくなって、頑張って欲しいですね。

  16. 後、追加ですが、日本はこういった情報過剰なカテゴリーもありますが、それ以外は、とても情報量が多く、いいなと思います。他の国はどうなのか分かりませんが、ここスイスでは国内の情報量と情報の質、詳細も物足りない。え、それだけっということが多い。それにフォローアップのニュースが少なすぎて、不便です。ま、とっても小さい国なので、無理もないのかも知れませんが。

  17. 全く同感です。
    加えて、芸能人意外では
    いい大人の大学生が何か悪い事をやらかして
    その代表として大学の校長等が
    メディアを通して頭を下げているのも意味不明です。
    海外に住んでいるとこういう光景がすごく奇妙にうつります。
    こういうのは日本独自のものなんでしょうね・・・。

  18. 私はベッキ-はもともと好きでも嫌いでもないですが、それにしてもマスコミの報道ぶりにはあきれてました。だからマダム・リリ-さんよくぞ言ってくれた! と思いましたよ。欧米ではあっちもこっちも離婚夫婦に子供連れの再婚夫婦が多いので不倫とかも実は多いのでは? と思います。それがいいとは思いませんが、でもたかが不倫で、犯罪を犯したわけではないでしょう。
    芸能人だからってここまで徹底的にへこませてやろうって島国根性丸出しで恥ずかしくなります。集団での弱いものいじめをニュ-スのトップ記事にしている日本、他に大事なニュ-スはないんですか?
    こんな大人たちしかいない社会で子供達に「人をいじめるな」とよく言えるもんだと思います。

  19. 自分の今いる場所から一度出てみないと何も想像がつかないから、このベッキー騒動は面白くてみんなのためとおもって?わからないけど。いつまでもそのようなテレビ情報が流れるんだと私は思います。きっとマダムリリーさんは日本国外にいるからこそ日本を外から見れるからこのような記事が書けるんでしょう。わたしはBBCかYou’ve been framedをみてまったりしてますけどね!!(笑)

  20. 匿名で一個人を攻撃すること自体、フェアじゃないですよね。
    攻撃するなら、実名を出すべき。

  21. ゴシップというより、日本人の幼稚な恋愛観に呆れます。恋愛は、個人の問題です。フランスでも近年騒がれるけど、やはり個人主義ですから大統領にベッキーと同じようなスキャンダルがあっても辞任しませんよね。
    同じ日本人として、もう少しいろいろな面で大人になってほしいです。日本人の反応を幼稚だと思う人は海外にはたくさんいるのではないですか?

  22. また勝手なコメントさせていただきますが、同意します、一連の騒動をみるとリガールハイ、~一斉に袋叩きする善良な市民たちだよ、というセリフがあったがこのとおり。なんだかな、いじめですな。

  23. 高畑淳子しかり、被害者でもない対象に頭をさげるという欺瞞は彼ら自身の利益(保身・イメージ挽回)のために行われるパフォーマンスです。「公共の電波を使って公開処刑」などと強制的なことのように表現することは少し違う。

    また、仮に芸能界を引退して他の業界で暮らすのにおかしなことを言われるなら「村八分」という表現も理解できますが、芸能界は赤の他人にイメージを売る人気商売です。ちょっとした言動や容姿の変化で、批評をされたり人気が上下する商売。今までは「良い人」というイメージを販売していたが、それが実際は他者を虐げる人間であるで露呈すれば、その商品は需要が消える。執拗に市場でイメージを売ろうとしても、視聴者はNGを出し続けるでしょう。市場原理です。