海外の反応:移民受け入れで日本の少子化問題を解決できる?
写真:Tim Buckingham

この5年間で日本の人口は約95万人減った。安倍政権が「一億総活躍社会」の具体的目標に掲げる「希望出生率一・八」に向けて少子化対策の一環として、祖父母から孫までの「三世代同居」に対応する住宅の新築・改修費に国が補助金を出す新制度が検討されている。

内閣府は毎年移民20万人を受け入れるという人口穴埋め策も考えられたが、実際にデータ上の人数を増やしたところで長期的に見て本当に人口減少にストップがかかるとは言い切れないのではないだろうか。そこで今回は、「移民を受け入れることによって日本の少子化問題は解決できると思いますか?」という質問に寄せられた実際に日本で“移民”として生活している日本在住外国人のコメントを紹介する。

あなたは、少子化対策としての移民の受け入れに賛成ですか?

 

paulinusa 

JeffLee 

trouble 

Ken Gtwo 

NZ2011 僕は日本に教養のない人がたくさん入って来てほしくはないな。今の日本の不景気を考慮すると、日本に入ってくる移民は日本が求めているような移民のタイプではないだろうし。

日本には「外国人嫌悪」があるし、これは別の問題だけど、移民の受け入れが少子化対策につながるかどうかはわからないね。ただ、賃金を上げたり、休暇を増やして意味のないストレスを減らしてあげない限り、日本はそのうち本当に消えていくと思うよ。

海外の反応:移民受け入れで日本の少子化問題を解決できる?
写真:tomo tang

katsu78 

WilliB 

erlols 

良い政策があれば、出生率を改善できる。でも問題は、日本の官僚たちが少子化対策をして批判を浴びたり、対策をして失敗したくないからこの問題を避けていることにあるんだよ。

Reckless 

FightingViking 

海外の反応:移民受け入れで日本の少子化問題を解決できる?
写真:Dora Hon

fondofj 

goldorak 

いずれにせよ、日本は第三世界からの移民(出生率の高い国)を受け入れたいとは思っていないでしょう。受け入れたところでどこに住ませるの?何もない田舎?仕事はどうするわけ?人口が1億5千万の多文化国家になったからといって、幸福な良い国ニッポンになるとは限らない。

 

終わりに
日本に住む外国人は自ら移民でありながら、少子化対策を目的にした移民の受け入れには反対という人が多いようである。参考にしたJapanTodayは英語のサイトなので、ここで紹介している意見は英語圏からの外国人のものだから、ほとんどが先進国出身のものだが、彼ら曰く、発展途上国から移民を受け入れたところで長期的には出生率の上昇にはつながらない。

ちなみに、フランスに住む移民である筆者も少子化対策を目的にした移民の受け入れには反対だ。単純に他所から人を入れるという安易な方法に頼るのではなく、子どもを産みたくなる社会づくりをしていくことが先決だと思うからである。Recklessさんが言うように、いくら移民を受け入れたとしても、今の日本では先進国出身の外国人は日本で子どもを育てたいと思わないかもしれない。それならば、移民の受け入れなんて本末転倒どころか、マイナスでしかないと思う。

参照:japantoday.com

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

6 コメント

  1. 悪しき「外国人実習者制度」の例もありますし。日本がどういう国であるかは、過去に書かれた無数の英文記事が物語っています。優秀な移民希望者は、日本を選択肢に入れないでしょう。日本以外にも、彼らの価値観、生き方に相応しい国はいくらでもあるでしょうから。

    今まで、どんな失政を犯して、移民を欲しがる国になったかを思い返してみれば答えは見つかる気がします。自国民にさえ冷淡な社会システムが、新たな我々の仲間を快適にしてくれるのでしょうか。甚だ疑問です。

    • 追記
      ●「日本に適正な人口は1億人である」という首相の発言から既に間違っている。
      ●「少子高齢化」ならば、今後も減っていく子供を「いじめ」や「児童虐待」から守るべきだし、増加していく高齢者は積極的に雇用されるべきなのに、日本社会は相変わらず変化を嫌う。
      ●高齢者=寝たきりではないし、裕福なわけではない。
      ●仮に移民を受け入れたことで、人手不足やら少子高齢化などの社会問題を一気に解決出来るわけがない。
      ●議論されている移民論は、古代日本で起きた、弥生人と縄文人との共生どころの騒ぎではない。

  2. 移民だって年を取ったり、病気になる。今や介護の現場では、日本語のできない外国人高齢者が増加して、問題になっているし、外国人の多い自治体は外国人高齢者の増加で深刻な財政難になっている地域もある。本国から親をつれてきた例もある。馬鹿気た話だけど、外国人の年金や医療費を日本人が負担しているのだよ。ニュージーランドのように、中国人移民が本国から親を連れてきて、年金財源が危なくなった例もあるように、移民を入れたら付録として高齢者が引っ付いてきたという本末店頭なことになったら、一体誰が責任を取る?
    そもそもどこの馬の骨かもわからない外国人を輸入して、日本に帰属意識を持つ日本人にするなんて不可能な事は、欧州の移民問題を見ればわかる。コンピューターのプログラムを書き換えるように人間の頭の中身を変えることはできないのだから。
    それに移民を入れれば、確実に治安は悪化する。先日もトルコ人に日本女性が集団強姦されたし、同種の事件は随分起きている(誰が被害者になってもおかしくない)。欧州では流入する移民難民の犯罪(特に性犯罪)への不安から銃や催涙スプレーを購入する人が急増しているとの報道があったが、日本をそうした状態にしたいのだろうか?ゴミだらけの移民のスラム街や移民がテロの温床になった日本の姿を見たいのだろうか?
    日本の治安の良さ、社会の安定度の高さは日本が、日本人だけで構成された国家だということを理解していないものが多い(勿論この長所は、同時の短所でもある)。

  3. 英国がEU離脱なら、仏から移民流入させる─仏経済相=FT
    フランスのマクロン経済相は、英国が6月の国民投票の結果、欧州連合(EU)から離脱するならば、フランスから英国への移民流入を食い止めていた国境管理をやめると警告した。

    「経済移民は欧州に来るな」、EU大統領が警告
    欧州連合(EU)のドナルド・トゥスク(Donald Tusk)欧州理事会常任議長(EU大統領)は3日、より豊かな生活を求めて祖国を離れる「経済移民」に対し、欧州に来ないよう強く警告した。

    おやおや、移民は厄介者、お荷物だと自ら認めてしまいましたね(笑)。幾ら本音と建前の使い分けがセックスより好きな西洋白人といえど、限界が来たということでしょう(西洋白人の本音と建前の使い分けの傑作は、「本音と建前の使い分けは日本人特有であり、自分達はそうしたことはしない」というもの)。まあ、世の中には頭の中で思っていても、口にできないことは数多くあるわけで(例えば白人が一番優秀な人種だとか)、彼らが本音と建前を使い分けたからといって責められるべきことではありません。
    実際に移民は、治安を悪化させ、社会保障費の財源を食いつぶす厄介者、お荷物なのはまぎれもない事実ですから、事実を口にできないのは、ストレスが溜まります。
    結局、移民反対を唱えていた国民戦線のルペン前党首が一番正しかったということです。

  4. 日本における少子化問題は、大別すると以下の3点が大きな原因となっている。

    1)結婚しない男女の増加
    2)結婚しても子供を持たない家庭の増加(子供を持っても1人といった家庭の増加)
    3)子供を生める女性人口の大幅減少

    特に、上記3)は非常に深刻で、国立社会保障・人口問題研究所の中位推計によると、子どもを生む確率の高い25~39歳の女性の数が、2010~2060年の50年間で55.1%も減り、現在の半分以下となる44.95%まで低下すると予測されています。

    この結果として、日本は世界に類を見ない超少子化社会となり、19歳以下の子どもの数は、米国が21.9%増、英国が13.7%増、フランスが8.4%増と見込まれるのに対して日本は53%減となると推計されています。

    この一方で日本は超高齢化社会ともなっているため、65歳以上の人口の割合が今後10年、20年と進むに連れて、30%、40%と増加することも既に見えているのが現実です。

    これだけの「超少子化、超高齢化社会」となる日本においては、このままでは、今後ますます労働人口も大幅に減少して、日本経済自体が大きく衰退してしまうことは避けられません。(GDPは労働者数と労働生産性をかけたものになり、経済成長率は、労働者数の増減率と労働生産性の上昇率で決まるため)

    この事態を解決するための施策の一つとして移民の受け入れという方法もあるかとは思われますが、日本において求められる移民というのは、現況を勘案したとき、あくまでも「優秀な技能や頭脳を有した移民」となります。

    というのは、現在のように新興国の台頭が目覚ましい状況となり、これまでの量産効果を背景とした低価格高品質製品の大量供給という日本のビジネスモデル自体が既に通用しないものとなっており、他の欧米先進国型のビジネスモデル(自分たちで独自開発した製品を適量つくって高く売るというビジネスモデル)への転換が急務となっていて、このためには、欧米企業のように世界中から優秀な人材の獲得が必要不可欠となっているからです。

    しかし、優秀な外国人はまず日本に来ないとも見られています。
    昨今の日本は「開発水準の低い国」と見られており、日本に来ることは自身のビジネスキャリアにとってプラスにならないと見られているからです。
    かといって、特別高い技能や頭脳を持たない移民を超少子化超高齢化社会の日本に数多く受け入れてしまったら、社会保障費の増大や治安の悪化にしか繋がらなくなってしまうのも確かだと思います。

    それだけに、移民の受け入れに関しては、よりシビアな視点からの議論や検討あるいは、戦略が必要だと感じています。

    • そうですね。それに仮に日本が「開発水準の高い国」と評価されていたとしても、日本の会社で働きたいと思う欧米人は少ないと思います。
      ワークライフバランスがない、アルファベットの国ではない、文化が違いすぎる。この3点は大きいでしょう。