嫌われる海外在住者、日本人に好かれる在住者になるのは難しい
image:Daisuke tashiro - Flicker

日本人に好かれる海外在住者になるのは難しい。

以前、日本人は海外生活で「日本人っぽさ」をなくしていくのに苦労するという記事を書いた。海外で、現地人や外国人とコミュニケーションとる場合、「周りとの協調」を重要視する日本人らしさは邪魔になる。“空気を乱してはいけない”というすり込みを消していくことが大切で、「他人にどう思われても気にしない人になれるか」が海外適応できるかの分岐点であると書いた。

しかし、これは外国人とのコミュニケーション方法であって、海外在住の日本人に対しては、日本人らしさを抜きすぎるのも考え物である。完全に現地人化してしまった日本人は、嫌われやすいからだ。

海外在住者は、日本に対して意見するときも注意が必要だ。例えば、日本在住の日本人が「今の日本は人間関係が希薄になった」、「日本の労働環境は異常」、「男尊女卑の不平等社会だ」などと発言しても問題にならない。しかし、海外在住者が同じことを言えば、「上から目線の日本批判」だと思われてしまう。

ちょっと海外で生活したぐらいで、世界を知った気になって、日本を見下す海外かぶれ。

こんなレッテルを貼られてしまう。日本にいる日本人にも、海外にいる日本人にも嫌われてしまう要素だ。

しかし、それでは海外にいる日本人はとにかく“日本人らしく”していればいいかというと、そう単純なものではない。日本人とばかりつきあい、日本食ばかりを食べて、日本の話ばかりをする人は、海外生活に適応している人には敬遠される。何かといえば滞在国の悪口を言い、日本の素晴らしさを褒めたたえ、現地語を全く習得しない人は、現地人ばかりか日本人にも嫌がられる。

海外生活をしている人というと、外国語を話し、外国人に囲まれて自立した生活を送っているというイメージを持たれるが、実際は周りの日本人の助けなしには生きていけない海外在住者がたくさんいる。筆者はパリで、在仏30年以上であるにもかかわらず、あいさつ程度のフランス語しか話せない日本人を何人も見てきた。この人たちが決まって口にするのは、

俺はいくら在仏経験が長くても、心は日本人だから…

である。海外に適応しようと努力をしない言い訳に、“日本人らしさ”を持ち出す人がいるのも事実だ。

結局のところ、海外にいる日本人は、人によって滞在期間も、その理由も、海外適応度も様々である。だから、海外で日本人に好かれる在住者になるのは難しいのだ。

自立した生活を送っている人は、同じように自立して、現地人と同じように渡り歩いている人を好む。それが、第三者から見れば、「日本人らしくない」と思われ、嫌われる原因になってしまうのかもしれない。自立した人は、自分の身は自分で守る責任を果たしてきたから、日本人同士助け合うべきだという精神を嫌う。そのため、ますます日本人と距離を置き、現地人化していく。

反対に、海外にいながら「いつかは日本に帰りたい(帰るつもり)」と思っていて、何となく現地に馴染めないでいる人は、同じように“日本人らしさ”を持ち合わせた人を求める。弱い立場にいる日本人同士助け合い、協力していこうという精神のもと、他人に頼る。海外にいながら、日本人のコミュニティから出ることができず、付き合う人も外国人ではなく、日本人ばかりだ。

海外でも、日本でも、結局は「類は友を呼ぶ」で、同じようなところに同じような人間が集まるのだ。そのなかで、自分とは違うタイプの日本人を批判する。それが、海外在住の日本人における「人間関係の縮図」ではないかと思う。こうなると、むしろ日本在住の頃の人間関係のほうが、単純だったのではないかという気さえする。

日本人らしさをある程度は残しつつ、現地にもしっかり適応する。海外在住の日本人は、こんなバランス感覚が求められるのだ。

その点、現地の外国人との人間関係は楽だ。日本に住む外国人を当てはめてみるとわかるはずだ。現地に適応している人ほど好まれるという単純な方程式に加え、“言わなくてもわかる”という変な期待はないし、都合の悪いことは互いに「外国人だから…」で許される。

日本人同士だからわかりあえるわけではないし、相手が外国人だからわかりあえないわけではない。

現実は往々にしてその逆で、「違う者同士だからこそ素直に受け入れられる」ことも多いのだ。

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

1コメント

  1. 現地人化している風な人たちって、現地語がいまいちだったりしません?
    「もう私たちは外人なのよ。」と言う人たちもいますが、発想が偏屈だなと感じます、常に日本と比較をする訳ですから。
    現地人となる事はあり得ないと思います。それが可能であればむしろそれは不幸な事です。
    現地で何をするかは人によって違い、その為の語学スキルは本人次第。
    日本と比較をしつつも両国の理解を深めるいい環境だと思います、海外在住者として思うのは。。。