ツッコミどころ満載!ドナルド・トランプの最悪な発言ワースト20

世界中の人から批判されているのにも関わらず、快進撃を続けるドナルド・トランプ氏。

4月19日、ニューヨーク州で行われた民主、共和党の予備選で、共和党は不動産王ドナルド・トランプ氏が予想外の得票率60%超で圧勝し、民主党ではヒラリー・クリントン前国務長官がバーニー・サンダース上院議員を大差で破った。

各国メディアがこぞってトランプ氏を批判するのは、彼の言う不快な暴言や過激発言が原因だろう。しかし、トランプ氏はじょう舌がゆえの失言が多いことでも有名である。そこで今回は、海外の男性向け情報サイトmenstrait.comより、ツッコミどころ満載なドナルド・トランプの最悪な発言を10紹介する。

1“One of the key problems today is that politics is such a disgrace, good people don’t go into government.”

現在の重要課題のひとつ。それは、政治があまりにも不名誉なものであり、良い人が政府に参加しないということだ。

… つまり、トランプ氏は良い人ではないということですか?皮肉万歳。

2“All of the women on the apprentice flirted with me – consciously or unconsciously. That’s to be expected.”

リアリティ番組『アプレンティス』に出てきた女性はみんな、僕にお上手を言ってきたよ。意識的にも、無意識的にも。これは想定内のことだ。

… おめでとう!

3“When Mexico sends its people, they’re not sending their best. They’re sending people that have lots of problems. They’re bringing drugs. They’re bringing crime. They’re rapists.”

メキシコが国民を送るとき、奴らは優秀な国民は送ってこない。問題ばかりの国民をよこすんだ。彼らは麻薬を持ってくる。犯罪を持ってくる。彼らはレイピスト(強姦者)だ。

4“I will build a great wall – and nobody builds walls better than me, believe me – and I’ll build them very inexpensively. I will build a great, great wall on our southern border, and I will make Mexico pay for that wall. Mark my words.”

メキシコとの国境に万里の長城を建てる。俺よりも素晴らしく壁を築ける人はいないだろう、信じてくれ。とても安価に作り上げてみせるから。我が国の南の国境に、グレートなグレートな壁を作って、メキシコに支払わせるよ。俺のこの言葉を覚えとけ。

5“I watch the speeches of these people and they say the sun will rise, the moon will set, all sorts of wonderful things will happen, and people saying, ‘What is going on? I just want a job.’”

「日はまた昇り、月は沈み、いろんな良いことが起こる」という奴のスピーチを聞いてきたよ。でも、人は言うんだよ、「何があったんだ?俺はただ職がほしいんだ」と。

… これまでたくさんの人をクビにしてきたドナルド氏は言いましたとさ。

6“I do know what to do and I would know how to bring ISIS to the table or, beyond that, defeat ISIS very quickly. And I’m not gonna tell you what it is tonight.”

ISISを交渉の場に引き込むためにどうすればいいか、その方法を俺は知っている。それ以上に、どうすればISISをすぐに倒すことができるかもわかっているんだよ。ただ、今はその方法を教えないけどね。

…「150万円振り込めば人生が変わります!」の騙し文句と同様の手口ですね。

7“According to Bill O’Reilly, 80% of all the shootings in New York city are blacks – If you add Hispanics, that figure goes to 98%, 1% white.

ビル・オライリー(テレビ司会者)によれば、ニューヨーク市の発砲事件の80%は黒人によるものだそうだ。ヒスパニックを加えると、98%。白人は1%である。

… 俺のどこがレイシストだって?

8“That’s one of the nice things. I mean, part of the beauty of me is that I’m very rich. So I need $600 million, I can put $600 million myself. That’s a huge advantage. I must tell you, that’s a huge advantage over the other candidates.”

それは、素晴らしいことのひとつだ。つまり、俺の美しさの一部は、俺がすげえ金持ちだってこと。6億ドル必要だったら、6億ドル自分で用意できるんだ。これは大きなアドバンテージだぞ。教えてやる。これは他の候補者に比べて、大きなアドバンテージなんだよ。

…世の中は、お金です。選挙はお金で勝ち取ることができます!

9“Laziness is a trait in blacks.”

怠慢は、黒人の特徴だ。

… そうそう、人種が問題なのよね。って、おいっ!

10“It is better to live one day as a lion than one hundred years as a sheep.”

100年を羊として生きるよりも、一日をライオンとして生きるほうがいい。

…これ、ファシスト・ムッソリーニの言葉ですよ。知らずにツイートしてしまい、弁明をするトランプ氏。

 

参照:menstrait.com

シェア


返事を書く

 

※ コメントは承認制です
コメント反映までに時間がかかることがあります。予めご了承ください。

4 コメント

  1. トランプは実は気が弱いし頭も悪いので、粋がっているだけだと思います。
    8月に入って、トランプが史上最悪の発言をしたので載せておきます。

    “If she gets to pick her judges, nothing you can do, folks,” Mr. Trump said, as the crowd began to boo. He quickly added: “Although the Second Amendment people — maybe there is, I don’t know.”
    もし彼女(クリントン大統領になったと仮定)が(憲法第二条の廃止の)の選択をすれば(市民の手から武器を取り上げるならば)、あなたがた市民は何もできないんだよ。
    しかしだよ。銃規制反対派(アメリカでは歴史的に全米ライフル協会や銃を多数所持する危ない人たちの事を指す)なら、もしかしたら止められるかもね。たぶんね、よくわからない。

    つまり、クリントンが大統領になったときには、「クリントンを射殺しろ」と銃規制反対派の人に暗示しました。

    しかも大統領選挙の演説でです。これはトランプが大統領になればアメリカは民主主義国ではなくなる模様です。いや、クリントンが殺される予定ならば、既に民主主義でない可能性もあります。

  2. ちょっと勉強や知識が足りないし、高等教育を受ける前の子供のようだ。アメリカ国内での分裂状態や国民の不安が浮き彫りになる、そういう存在だね。

  3. でも、そのトランプが次期大統領に決まった。
    白人至上主義者、人種差別主義者が国のトップに選ばれたということで既にアメリカ各地では、アジア人、黒人などの有色人種やLGBT、イスラム教徒などへの人種差別的な暴力やKKKなどの白人至上主義団体の活動も活発になっている。
    白人至上主義や人種差別を扇動するかのような発言を度々繰り返してきた人がアメリカのトップになったということで、少なくともアメリカにおける人種問題はますます悪い方向に向かうだろうと思うよ。
    経済その他の面がどのように変わることになろうが。
    また、この流れに伴い欧米における排外主義が高まるのも確かでしょ。
    そして、排外主義、排斥運動の犠牲になるのは、いつの時代も有色人種やマイノリティと決まっているだけに、我々アジア人にとっても、決して他人事では済まなくなると思う。